CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」
JUGEMテーマ:映画
 
ジョン・レノンが、まだ“ビートルズのジョン・レノン”になる前のティーンネイジャーだったころの物語。
…と言っても“ビートルズ誕生秘話”という様相ではなく、ジョンの複雑な生い立ちと、それに向き合うことになる多感な成長期を中心に描いたドラマです。
ビートルズということを抜きにしても、とても見応えある映画でした。
二人の母に愛され、その愛に引き裂かれる少年が、真実と向き合ったときに出した答え…。
家族の分裂と再生に、そして思いがけずふりかかる運命の厳しさにホロリとさせられました。
そのドラマに深くからんでくるのが、他でもない“音楽”です。

ジョン・レノンを演じたアーロン・ジョンソンは1990年生まれということで、撮影当時は実際にティーンネイジャーということもあり、瑞々しい演技を見せてくれました。
実母であるジュリアと出会い、陽気な彼女のとりこになって、彼女の好きなロックンロールに次第にハマっていく…。
学校でのふるまいは不良少年っぽく、音楽やジュリアと向き合っているときにはピュアに、後のジョン・レノンを予感させる多面性を伺わせつつ、主役にふさわしい存在感で見事に演じきっていました。
このアーロン・ジョンソン、どこかで見たことある…と思ったら「ジョージアの日記」に出ていたイケメン君だったんですね〜。そう言えば「ジョージア…」でもバンド少年でした。

そしてポール・マッカートニーを演じたのがトーマス・サングスター。
「ラブアクチュアリー」でリーアム・ニーソンの息子役だったあの男の子です。
彼はアーロン・ジョンソンと同じ1990年生まれなのですが、童顔のまま背だけが伸びた感じで何だかアンバランスな気がしなくもないような…。(でも某ラジオ番組でおすぎさんは二人の出会いのシーンを絶賛してたなぁ…。)
二人とも歌が上手いので音楽シーンはどの場面も見ていても楽しかったです。

過酷な運命に打ちのめされたジョンを支えたのは音楽とバンド仲間と母親の愛情でした。
このメンバーが後のビートルズになっていく…ということはすっかり忘れて、ただ感動してこの「ノーウェアボーイ」のクライマックスとしてのファーストレコーディングシーンを眺めていました。

主演のアーロン・ジョンソンが、この作品の監督サム・テイラー=ウッドと結婚、1児の父となったことでも話題ですが(年齢差23歳!ジョンとヨーコどころではないですね)
ドラマとして、音楽映画として、また、これからが期待できる若手俳優たちの活躍…と、たくさんの見どころがある青春映画でした。
ビートルズに興味がある・ないに関わらず、ぜひ多くの人に観てほしい作品です。







| 映画 ナ行 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(1) |
「ナイト&デイ」 スター映画の醍醐味!
 
トム・クルーズとキャメロン・ディアス。
二人のスター、それぞれの魅力が遺憾なく発揮されたアクション&ロマンス&コメディ。
こういうスターをスターらしく撮った豪華なエンターテイメントって、やっぱり楽しい!
先行上映とロードショウ、2回観てしまいました。

トム・クルーズは「ミッション・インポッシブル」シリーズで、
キャメロン・ディアスは「チャーリーズ・エンジェル」シリーズで、
それぞれにアクションを磨いているので、見せ方が分かっているし、
キャメロン・ディアスのコメディセンスも上手く活かされていて、とにかく痛快。
思わぬ事件に巻き込まれてパニクる様子が面白くて、予告編を観た段階からとても楽しみにしていたのですが、本編は期待を上回る面白さでした。

ロケもアメリカからヨーロッパまでいろんな場所で撮られていて、観光気分も楽しめますが、特にスペインのシーンは見応えあり。
闘牛やお祭りを巻き込んでのアクションシーンは「そりゃないよ〜(笑)」の連続ですが、ここまでやってくれれば大満足!と言えるエンターテイメントに仕上がっていました。

キャスティングも良かったです。
トム・クルーズと敵対するエージェント役にピーター・サースガード。
その上司役にヴィオラ・デービス。
事件の鍵を握る天才少年にポール・ダノ。
(ポール・ダノは、やや添え物的存在でちょっともったいなかったなぁ。
もっと活躍してほしかった気がします…)

主演の二人がもうちょっと若い頃に撮られていたら…という気もしますが、まぁ、それぞれにこれまでの経験が活かされた熱演で、両者にとって“代表作”となった映画だと思います。
トム・クルーズは「MI:4」の撮影も頑張っているようですし、
キャメロン・ディアスの次回作「グリーン・ホーネット」(ミシェル・ゴンドリー監督)も楽しみ!
二人とも、これからまだまだ活躍してほしいスターです。




| 映画 ナ行 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(15) |
「ナイン」
JUGEMテーマ:映画
 
圧巻…。
完成度の高いミュージカルシーンに圧倒された120分。

ダーティな明るさがあった「シカゴ」とは違って
スランプに陥った巨匠監督というテーマが鬱陶しく
アメリカではあまり好まれなかったのか、
評判も今ひとつでした。
アカデミー賞でも4部門のノミネートにとどまり、受賞は無し。
13部門ノミネート、作品賞を含む6部門で受賞した「シカゴ」から比べると地味な結果でした。
しかし作品のクオリティでは決して「シカゴ」に劣っておらず、むしろロブ・マーシャル監督の手腕に磨きがかかった分、上回っているほどだったと思います。
単に好みの問題とも言えますが、日本人はこの“鬱屈した果ての開き直り”ストーリーは嫌いじゃないと思うのですが、どうでしょう?

ダニエル・デイ=ルイスの演技は完璧と言ってよいでしょう。
当初ハビエル・バルデムがキャスティングされる予定だったそうですが
デイ=ルイスのハマリ役だったと思います。彼で正解です。
ミュージカルシーンもキマってました。
特にクライマックス!一緒になって震えてしまうほどの熱演!

女優陣も負けていません。
次々に繰り広げられるミュージカルシーンに魅了され続けました。
特にびっくりしたのはペネロペ・クルス。
美しく才能ある女優さんだとは思っていましたが、
歌とダンスの表現力に思わず息を呑みました…!
ケイト・ハドソンの“シネマ・イタリアーノ”のシーンも良かったです。
DVDを買ったら繰り返し観てしまいそう…。
ジュディ・デンチも意外や意外(失礼!)華やかなシーンで楽しかった!

豪華なキャスティングと素晴らしいミュージカルナンバーの割に、前評判が今ひとつだったので、「どうなんだろう…?」と思っていましたが、杞憂でした。
DVDももちろん入手すると思いますが、劇場サイズでも、もう一回観たいと思っています。
光と影、ダンスの見せ場を余すところなく表現するカメラワーク、どのシーンも絵になる場面の連続で、何度でも観たいと思わせる魅力にあふれていました。

サウンドトラックももちろん購入済み。
これからはミュージカルシーンとイメージをシンクロさせながら聴けるので、ますます楽しめそうです。






サントラ,マリオン・コティヤール,ダニエル・デイ・ルイス,ファーギー,ノイゼッツ,ケイト・ハドソン,グリフィス・フランク,ペネロペ・クルス,ジュディ・デンチ
ユニバーサルインターナショナル
¥ 2,200
(2010-03-03)

| 映画 ナ行 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(32) |
「ニューヨーク、アイ・ラヴ・ユー」
JUGEMテーマ:映画


11人の監督による“オムニバス”とはちょっと違った
ニューヨークを舞台に紡がれる“愛”にまつわる小さな物語集。

ニューヨークという街の多面性(多民族、多文化性)を感じた107分。
この街のユニークさは別格。
ニューヨークという場所はアメリカにあってアメリカでない。

年齢、性別、人種、宗教、職業、いろんな人が登場します。
いろんな人がいろんなところで、つながっていたりします。
また、すれ違っていたりします。
この作品の味わいは、群像劇としての面白さ…と言うよりも、
それぞれの“背景”や、それぞれの“その後”を想像する面白さにある気がしました。

俳優陣も豪華絢爛。
名前を挙げたらキリがないのですが、印象に残っているのは久々にスクリーンで観たオーランド・ブルーム、妖艶なマギー・Q、貫禄のクリス・クーパー、美しいロビン・ライト・ペン…などなど…。
そしてNew YorkはJew Yorkと呼ばれるほどユダヤ人の多い街なわけでナタリー・ポートマン、アントン・イェルチン、シャイア・ラブーフ、イーライ・ウォラック…といった顔ぶれにニューヨークらしさを感じました。
ナタリー・ポートマンは出演者としてだけでなく監督としても活躍していて驚きました。

都市という舞台装置の面白さ…、
たまたま電車で近くに座って(または立って)いる人、
たまたまカフェで隣のテーブルに座ったカップル(または友人たち)
交差点で行き違った、何故か印象に残る人、
子供たちの笑い声、
ゆっくりとした老人の歩み、
東京の街角にも、想像の余白がたくさんあることに気づかされました。








| 映画 ナ行 | 06:36 | comments(0) | trackbacks(4) |
「2012」
JUGEMテーマ:映画
 
迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、
案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。
ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…という感じかもしれません。

とはいえ、やはり画面の迫力はすごかった…!!
細に入って作り込まれたCGはどこを見ても驚くばかり。
関わったスタッフの方々の仕事の細かさに感動を覚えました。

また、主演がジョン・キューザックというのも私にとっては注目のポイントでした。
「セイ・エニシング」から20年。
このような超大作に主演するとは、何だか感慨深いものがあります。
「さよなら、いつかわかること」以来すっかり“父親役”が板についてきました。
アクションスターというカテゴリーからはほど遠い彼ですが、今回の車の運転はなかなかのもの(笑)劇場ロビーで観終わった男性客が「あれは上手過ぎだろ〜」と突っ込んでました。
まぁ、エメリッヒ作品ですから…。

ちょうど去年の今頃観た「地球が静止する日」より見応えがありました。
「地球が静止する日」で“金返せ〜!”モードだった方も、「2012」だったらOKなんじゃないかと思います。
¥1000だったら尚更。
これはDVDで観ると返って損した気分になるかもしれません。



| 映画 ナ行 | 23:29 | comments(3) | trackbacks(25) |
| 1/4PAGES | >>