CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
S・ソダーバーグ 「バブル」
JUGEMテーマ:映画
 
ソダーバーグ監督がミニマムな素材で取り上げた原点回帰の1作。
脚本、撮影、編集、すべて自分。
俳優も無名の方々。撮影場所もその俳優さんたちの自宅で行うという、
ある種、実験的な作りの映画でした。

アメリカ郊外の小さなどこにでもありそうな無個性な街。
その街の小さな人形工場で働くマーサという女性が主人公です。
歳のころは40歳くらいでしょうか…。
彼女の暮らしぶりはこんな感じです。
一日の始まりは年老いた父親を起こし、朝食を用意して出勤。
車で職場に向かう途中、同僚のカイル(20代男性)をピックアップ(カイルは車を持っていない)、
ドーナツ屋でコーヒーとドーナツを買って工場へ。
昼もカイルと一緒にファーストフード。
仕事が終われば、かけもちで別のバイトもやっているカイルを車で送ってから帰宅。
父親とTVを見ながら夕食。
日曜日には教会に通う。

カイルは高校を中退し二つの工場でバイトをしています。
母親と二人暮らし。母親は職探しをしている最中。
物語途中で、高校を中退したのは「人が大勢いる場所が苦手」という理由だったことが分かってきます。(パニック障害?)
不良でもなく、頭が悪い感じでもない、ごく普通の青年です。

変化のない日々を送るこの二人が作品の中心人物です。

この人形工場にあるとき大量の注文が入り、新人が一人雇われたことをきっかけに、二人のバランスが微妙に変化します。

やってきた新人はローズという20代女性。
2歳の女の子をもつシングルマザーです。
車を持っていないローズは、カイル同様に親切なマーサを頼って別のバイト先に送ってもらったり、娘のベビーシッターを頼んだりするようになります。

マーサ、カイル、ローズ…本当にどこにでも居そうな人物造形で、その内面を推測させるソダーバーグ監督の演出力もあり、段々とくずれていく三人のバランスに観ている側も居心地の悪さを感じ始めます。
そして物語は徐々に恐れていた方へと進んでいきます。

才能さえあれば、限られた環境で、限られた予算でも、ここまでのものが撮れる、という教材的な1本に今後はなっていくのでは?
映画作りを学びたい若手への、一つの参考作品ともとれるようなストイックさを感じました。(素人の私が観ても「これはスタッフが大勢いないと無理!」と思えるようなシーンがなかった…)
ポスターからも伝わるかと思いますが、人形工場という舞台装置自体も居心地の悪さを醸し出すことにとても効果をあげています。このアイデアもさすがソダーバーグ。

1週間限りの限定上映、しかもレイトショーのみという公開でしたが、
劇場で観ることができて良かったなぁ…と思っています。




| 映画 ハ行 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
「プレデターズ」
JUGEMテーマ:映画

普段ぜったい観ないタイプの映画です。
1987年のシュワルツネッガー版も未見。
キャステォングを聞いて驚きました。
「主演、エイドリアン・ブロディ?」

それでもまだ迷っていました。
ここ最近、エイドリアン・ブロディの出演作は必ず観ていましたが
「人間を食べる宇宙人のお話はちょっとなぁ…」
ところが、試写をご覧になった方のとあるレビューが目に入り、心が動いたのです。

“エイドリアン・ブロディの無駄にうまい演技”

セリフ棒読みが持ち味のシュワルツネッガーとオスカー俳優。
なるほど、うまい表現だな…と感心してしまったのです。

そうして観に行ってみたら思いのほかいろんな収穫がありました。

ふと気づいたら空から落下中。
うわぁ、パラシュート、パラシュート…!!!
というスリルあふれるオープニングから、ぐったり疲れるエンディングまで。
エイドリアン・ブロディは緊張感の高い演技で演じ抜いていました。

地球上の各地から呼び寄せられた傭兵や犯罪者たちが
(つまりは第一級の殺傷能力を持った集団)
謎のジャングルをさまよい、プレデター(捕食者)と戦う、
なぜ彼らが呼び寄せられたのか、プレデターは何者なのか、
物語の中盤で答えを示してくれるのがローレンス・フィッシュバーン。
このあたりのリアルな極悪さ加減に、シンプルながらも“起承転結”がハッキリ組まれたストーリー展開が見えてきて、クライマックスまで一気に引っ張ってもらった感があります。
(観る前にはシューティングゲームやアクションゲームのような、ただバトルが繰り広げられるだけのつまらない物語を想像していました)

作品中、エイドリアン・ブロディ演じる傭兵の背景はほとんど語られません。
しかし、彼の愁いを帯びた表情や、鋭い眼の光で
「きっとこれまで、ものすごい修羅場をくぐり抜けて来たのね…」と思わせるオーラを見事にまとってしまうのです。
さらには「なんだかわからないけど、きっと悲しい人なんだわ…」と同情させてしまうのです。
(男性客は違うかも…?)
そんなこと思わなくても、ストーリー上は全く関係ないんですけど思ってしまうところが“無駄にうまい演技”の所以…。
とにかくあんなヒョロっとした俳優にシュワルツネッガー系アクション大作の主演がつとまるのか?という心配は、まったくの杞憂だったことを見事に証明しました。
そこは見事なモデル体型。「脱いだら実はすごいんです」ということも判明しました。

いろんな収穫があった本作ですが、もう一つ、ルイ・オザワという俳優の存在にも目を見張るものがありました!
ハンゾーというキャラクターです。
“He is Yakuza, Japanese Mafia.”と紹介されていました(笑)
各国のメンバーが次々とあっけなく殺されていく中で、ハンゾー vs プレデターの対決シーンだけは、かなり手のこんだ演出で見事な一騎打ちを見せてくれました。
ルイ・オザワは日本と台湾のハーフだそうです。
日本で暮らしたことはないとのことですが、作品中ひとことだけ日本語のセリフがあり、英語なまりではない日本語で話していました。
けっこう濃い存在感のある俳優だったので、今後の活躍に期待したいです。

主演がエイドリアン・ブロディじゃなければ決して観なかったであろう映画でしたが、
予想外に見応えある107分でした。





| 映画 ハ行 | 19:36 | comments(2) | trackbacks(6) |
「バウンティ・ハンター」

バウンティ・ハンターは直訳すると“賞金稼ぎ”
アメリカでは保釈金の立て替え業者がいて、被疑者がちゃんと指定された日時に出廷して裁判を受けないと保釈金が返還されず損をしてしまうので、バウンティ・ハンターに被疑者がちゃんと出廷するように捕まえて連れてきてもらう…という仕組みがあるそうです。
州によって差はありますが、ライセンスの必要な“職業”の一種で(州法務省から認定された民間業者という扱いらしい)その職業柄、元警察官や私立探偵の人たちが就いていることが多いそうです。
小説や映画で初めて知った職業。いかにもドラマチックな仕事ですね。

さて、この映画では、そのバウンティ・ハンターにジェラルド・バトラー、
追われる被疑者がジェニファー・アニストン、
しかも元夫婦という設定です。
ジェニファー・アニストンは活躍中のジャーナリスト。仕事命。
ジェラルド・バトラーは離婚の傷心から生活が荒れて辞職した(クビになった?)警察官。
仕事で急いでいた最中の些細な交通事故で出頭を迫られるジェニファー・アニストン。
追っている事件が山場をむかえ「それどころじゃない!」と裁判をすっぽかしてしまい、元夫に追われる身となってしまいます。

この面白そうな状況設定と、二人のバランスの良さ、
インターネットで予告編を観たとき、ラブコメファンとしては、かなり期待がふくらみました。
ところが…
アメリカで封切られたとたんに、聞こえてくるのは酷評ばかり。
去年の「噂のモーガン夫妻」と同じパターンだなぁ…と思いながら、期待値を思いっきり下げて劇場へ足を運びました。(しかも、貯まったポイントで鑑賞)

期待値を下げた事が功を奏して、それなりに楽しめましたが、本国で酷評の嵐だったのはよく分かりました。
面白いラブコメというのは、配役、脚本、演出、脇役の魅力…と、さまざまな要素がかなりうまい具合に重なり合わないと出来上がらないんだなぁ…という思いがますます深まりました。
この作品でうまくいっていたのは“配役”のところだけで、“脇役の魅力”などは努力の跡は見られましたが今一歩…!

主演の二人は頑張っていて、息も合っていたと思います。
特にジェラルド・バトラーファンにとってはハマリ役のノリのよい演技を楽しめるはずです。
ちょっと粗野で惚れた女に弱いダメ男を、本人も楽しんで演じているように見えました。
去年の「男と女の不都合な真実」もハマリ役でしたが、こちらもなかなか。
ドタバタコメディの要素もふんだんにあって、笑いどころもたくさん。
ロマンティック&軽くハードボイルド。
デートムービーまたは女の子同士で、両方OKかと。(ただし¥1800は、ちょっとキツいか?)





| 映画 ハ行 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(4) |
祝!劇場公開「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」
JUGEMテーマ:映画
 
去年のサマーシーズン一番のヒットコメディ。
日本では危うくDVDスルーになりかけていたのですが、署名運動(もちろん参加しました!)などの甲斐もあってようやく劇場公開。
スクリーンで観ることができて本当に嬉しかった〜〜!!
爆笑の連続。ユニークな脚本。大満足コメディでしたww

結婚式を二日後にひかえたダグ(ジャスティン・バーサ)
悪友二人(ポスター右&中央)がラスベガスでバチェラー・パーティを開いてくれることになり、義理の弟アランも加わって(ポスターの左端、ヒゲ面)男4人の珍道中…
ラスベガスの豪華ホテルの屋上で乾杯!
…というところから物語は一気に翌日へ。
目覚めた彼らをむかえるは、史上最悪の二日酔いと、バスルームにいるトラ、クローゼットには見知らぬ赤ん坊…そして昨日の夜の記憶は全くない!おまけにダグは行方不明!!

無くした記憶をたどりながら、ダグを探すミステリーっぽい展開ですが、
とにかく脚本がよくできてるし(爆笑)3人のキャラクターがそれぞれ面白くて、驚きと笑いの連続、これは劇場で観たいタイプの作品です。

ビックスターは出ていないと言われていますが、
ダグ役のジャスティン・バーサはキャサリン・ゼダ・ジョーンズ共演の「理想の彼氏」の記憶が新しく、
親友フィル役のブラッドリー・クーパーは「そんな彼なら捨てちゃえば」や「バレンタイン・デー」またこの夏公開の「特攻野郎Aチーム」など大活躍中だし、
ステュ役のエド・ヘルムズは芸達者で
アラン役のザック・ガリフィナーキスの独特の存在感は目をみはるものがありました。
おまけにヘザー・グラハムのキュートなこと!!
ストーリーだけではなく、キャスティングもなかなか良かったと思います。
男同士、女同士、またはデートムービーとしてもOKなのでは?(ただし、笑いのカンどころが同じ組み合わせじゃないとツラいか?)

このタイプのコメディ、アメリカでは“Bromance”(Brother+Romance)というジャンルとして確立してきているそうです。
男同士の友情や絆がベースにあるコメディ…という感じですね。
2008年の「スモーキング・ハイ」(PINEAPPLE EXPRESS)
2009年の「40男のバージンロード」(I love you, man)など、すご〜〜く面白い作品がことごとくDVDスルーになって本当にがっかりしていたので、この「ハングオーバー」の劇場公開はとても嬉しかったです。
願わくばこの作品が日本でも興行的に上手くいって、今後もこのジャンルがどんどん劇場公開されることを祈ります。
次あたり、大好きなジョン・キューザック主演の「ホット・タブ・タイムマシーン(原題)」を持って来てほしいなぁ…!!


| 映画 ハ行 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(12) |
「ブライト・スター 〜いちばん美しい恋の詩(うた)〜」
JUGEMテーマ:映画
 
25歳の若さで夭折した詩人ジョン・キーツと
婚約者ファニー・ブローンの恋を描いた映画。
ほぼ実話のようです。

キーツの作品は生前よりも、その死後に評価が上がっていったようで
ファニーと出会った頃のキーツは、まだ売れない駆け出しの新鋭。
貧しさのため一度はあきらめかけた恋が成就するか…と思いきや
結核という病に引き裂かれてしまう恋人同士を描いた純愛映画でした。

一通の手紙に一喜一憂し、相手の存在が人生のすべてだと感じるような恋を、ここまで感情移入させるカンピオン監督の手腕に脱帽です。
キーツ役にはベン・ウィショー。
「パフューム ある人殺しの物語」でも思いましたが、独特の存在感がある俳優さんです。何かしらの才能を持った人物に見えてしまうんです。
ファニーにはアビー・コーニッシュ。
主役級の役どころは今は亡きヒース・レジャーとの共演作「キャンディ」以来じゃないでしょうか?
運命の恋にすべてをかける情熱的な女性を演じていました。

タイトルの「ブライト・スター」という詩は
ローマに渡る船の中で書き上げてファニーにあてたもの。
音楽と朗読が美しく、切なく胸に響きました…。

また、衣装とインテリア、そして木や花々がとても美しかったのがこの作品の見どころのひとつでした。
今年のアカデミー賞では衣装デザイン部門でノミネートされていたとのこと。
全体的に色使いがきれいで、絵画のように心に残っているシーンがいくつかあります。







| 映画 ハ行 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(3) |
<< | 2/21PAGES | >>