CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< ラブコメの王道 「ラヴソングができるまで」 | main | 「たいせつなこと 」 内田也哉子:訳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
静かな感動 「東京タワー」


原作の印象を大事にしたい気持ちもあり、
TVでは見なかったこの作品ですが、
今回の劇場版はキャスティングが興味深く、思い切って観てみました。

オダギリジョーさんの語りも良かった。
そして樹木希林さんはさすがです。
若い頃のオカンに内田也哉子さんを起用したのも素晴らしい。
小林薫さんもいい味出してました。

あれだけの長さの小説を上手くまとめた脚本にも感心しました。
俳優の力量だけでなく、映画のトーンを一貫したリズムで仕上げた監督さんの演出にも静かに感動。

でも、本にはかなわなかったかな…。

| 映画 タ行 | 22:47 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 22:47 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
東京タワー オカンとボクと、時々オトン
 『オカン、ありがとうね。』  コチラの「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」は、リリー・フランキーさんの大ヒットベストセラー同名自伝小説をオダギリジョー&樹木希林共演で映画化した4/14公開のハートフルな感動作なのですが、試写会で観て来ちゃいまし
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2007/12/06 8:59 PM |
『東京タワー オカンとボクと、時々オトン』'07・日
あらすじ1960年代。3歳のボク(オダギリジョー)は真夜中に玄関の戸を蹴破って帰ってきた酔っぱらいのオトン(小林薫)にいきなり焼き鳥の串を食べさせられてしまう。オトンに手を焼いたオカン(樹木希林)はボクを筑豊の実家に連れ帰り妹の“ブーブおばさん”の小
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/05/17 8:55 AM |
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
オカン、ありがとうね。
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/07/30 11:33 PM |