CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「包帯クラブ」 柳楽優弥の新たな一面 | main | 「ヘアスプレー」 ニッキー・ブロンスキー ブラボー! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「題名のない子守唄」 トルナトーレ監督6年振りに…


劇場予告以外の前情報は、あまり見ていませんでした。
なので、冒頭に
“この作品の結末を、まだ観ていない人に話さないで下さい”
というトルナトーレ監督のメッセージが出てくるのも知りませんでした。

「王様のブランチ」の映画コーナーでLiLiCoさんが
“このコーナーでこの言葉はあまり言わないのですが、
『傑作』です…。”とおっしゃっていました。
LiLiCoさんの意見に7割賛成、3割疑問です。

この作品の結末に関して話すのはとても難しいです。
結末を話すならば、映画のすべてを話さなければならないのです。
6年の歳月をかけているだけあって、とても練られた物語です。
ラスト1分(…いやもっと短かったかも…)
流れる音楽と(byエンリオ・モリコーネ)
役者の表情に思わず涙があふれ、
エンドロールの間は放心状態だった、とだけ記しておきます。

だからといって、広くお勧めする気持ちになれないのは
途中の暴力的な描写とグロテスクな表現の数々が
おそらく苦手な人もいらっしゃると思うからです。
(この辺は予告編ではあまり感じられませんでしたから
私自身とても驚きました)

それを除けば、前半の不可解なフラッシュバックの回想シーンの謎が徐々に解けていくストーリー運びや、グロテスクではあるけれど、映画史にも残るとさえ思える印象的なシーン…、いろいろな理由で観て損はない作品だと思いました。
| 映画 タ行 | 21:26 | comments(2) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 21:26 | - | - |
コメント
こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、この映画のラストの再会シーンがほんとによかったですよね。「海の上のピアニスト」も大好きな作品ですが、本作でまたトルナトーレ監督を見直してしまいました。
| David Gilmour | 2009/04/19 1:38 AM |
David Gilmourさん、こんばんは。こちらこそいつもありがとうございます。
TBだけで失礼しています…。この度はコメントをいただき嬉しく思います。

ラストはただただ放心状態でした。こういうインパクトの強い作品にはそう巡り会えるものではありません…。

鑑賞してから1年半経っているわけですが、あのゴミ捨て場のシーン(真上からとらえた映像)が今も目に焼き付いています。
| Yukiko T. | 2009/04/19 11:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/224
トラックバック
怖かった・・「題名のない子守唄」
いやーー、映画館で久々に恐怖を感じました。 ホーラーでもなんでもない、 しかも、「ニュー・シネマ・パラダイス」に 「海の上のピアニスト」の、あの監督。 ジュゼッペ・トルナトーレの作品でですよ。
| 茅kaya日記 | 2007/09/17 11:05 PM |
「題名のない子守唄」(イタリア 2006年)
彼女が捨てたかったのは地獄の日々の記憶。 彼女が求めたのは幻に消えた愛。 彼女が求めたのはささやかな希望・・・題名のない子守唄。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2007/10/21 8:09 PM |
『題名のない子守唄』'06・伊
あらすじ北イタリアのトリエステにやって来た異国の女イレーナが金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に策を講じて、手に入れた念願の職場だった・・・。感想ヨーロッパ映画賞、観客賞受賞。監督賞、主演女優賞、撮影賞ノミネート。『ニュー・シ
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2008/10/19 11:17 PM |
題名のない子守唄
2006 イタリア 洋画 ドラマ ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:感動、泣ける、切ない、ドキドキ・ハラハラ 出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジュリーニ、ピエラ・デッリ・エスポスティ 心に突き刺さってくるような作品。衝撃
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/02/02 10:58 AM |
「題名のない子守唄」(La Sconosciuta)
「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」などの作品で知られるイタリアの映画監督、ジュゼッペ・トルナトーレが2006年にメガホンを執ったミステリアスなヒューマン・ドラマ「題名のない子守唄」(原題=見知らぬ女、伊、121分、R15‐指定)。こ
| シネマ・ワンダーランド | 2009/04/18 6:37 AM |
『題名のない子守唄』を観たぞ〜!
『題名のない子守唄』を観ました『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督が、北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロインの愛と謎に満ちた物語を描くミステリー・ドラマです>>『題名のない子守唄』関連原題: LASCON
| おきらく楽天 映画生活 | 2009/05/31 9:47 PM |
題名のない子守唄
 『女は 哀しみを食べて 生きている』  コチラの「題名のない子守唄」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督のR-15指定のミステリーです。  ウクライナ出身のイレーナ(クセニア・ラパポルト)、北イタリ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/12/15 9:35 PM |
題名のない子守唄
北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた物語を描く。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、キャストはクセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジェリーニ他。 <あらすじ> 北イタリアのトリエステ
| Yuhiの読書日記+α | 2011/02/07 11:23 PM |