CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ヘアスプレー」 ニッキー・ブロンスキー ブラボー! | main | 「めがね」 何が自由か、知っている。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
ちょっと時間潰しに…という感覚で読んだのですが、
教訓になるエピソードが思ったよりたくさん詰まっていました。

眼からウロコ…というタイプではなく、
「そうだよね〜」という一見当たり前なことですが、
じゃあ、それが出来ているかというと、案外抜けていたりするんです。

例えば
「生活のリズムが一定であることが、脳のために良い。特に朝は大事」
とか
「タイムリミットを意識した活動で、脳の基本回転率を上げる訓練をしないと、かえって注意力散漫で効率のわるい仕事しかできなくなる」
等々…。

「面倒くさいことを、毎日すこしづつでもこなしていくと、
脳の体力(耐性)が上がる」
逆に言えば、ちょっとしたことを「面倒くさいから…」と避けていけば、
脳の耐性はどんどん弱って、「何をするのも面倒」という状況に陥っていく…
というお話は、ちょっぴり怖いな、と思いました。
「何をやるのも億劫…」という気分って、思い当たります。
これは“脳の耐性”が落ちていることの現れですね。きっと。

ブログ、もっとまめに更新しなきゃ…
何て思いつつ読んでいたら、やはり書いてありました。
「出力の機会を増やすために、“報告書”や“ブログ”を活用しよう」

全体的にとても易しい(&優しい)トーンで書かれており
サラリと読めました。
築山先生の患者さんへの(そして読者への)優しい眼差しを感じる本でした。
| 読書 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:33 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/226
トラックバック