CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「歓喜の歌」 ハートフルな人情劇 | main | 「潜水服は蝶の夢を見る」 20万回のまばたきで綴られた物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 爆笑ロードムービー!
JUGEMテーマ:映画


劇場予告を見て、実はためらっておりました。
TVシリーズと比べると、劇場版はイマイチ…という印象があったため。
ところが、いつも拝見しているブログ「富久亭日乗」で、
富久亭さんが「最後のラ メールの大合唱。感動した。」と
書いていらしたので急に興味がわいたのです。

私よりもっと「気乗りしない」と言っていた良人も
「なに?ラ メールとな?観る 観る!」と急に乗り気になり
近所のシネコンのレイトショーにいそいそと出掛けてきました。


爆笑!

途中、プッチーニの名曲「私のお父さん」のシーン、
最後の「ラ メール」、共に腹筋が痛くなるくらい笑いました。
(シアターにいた他のお客様3名様、うるさくてごめんなさい)
これだけ書いても何のことやら分からないと思いますが、
とにかくMr.ビーンのパフォーマンス、最高です!
少年もキュートでした。
二人の呼吸もピッタリ!


Mr.ビーンの芸達者ぶりに、大満足で劇場を後にしました。
「ウィ」「ノン」「グラシアス」(何故?!)だけでこんなに笑わせてくれるとは!
「ラ メール」聴くたびに思い出しそうです。



| 映画 マ行 | 00:12 | comments(3) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | - |
コメント
 TBおよび、ブログでの言及ありがとうございました。

そうそう、「私のお父さん」のシーンも爆笑でしたね。
南フランスの景色が素晴らしく、
旅行にいった気分も満喫しました。
| 富久亭 | 2008/02/07 7:18 AM |
こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですよね、ビーンがなぜ「メルシー」と言わずに「グラシアス」と言ったのが面白かったですよね。あげくの果てには、ビーンの相方の女性が「この人、スペイン人なんです」と言ったのには思わず大笑いしてしまいました。

それでは、またよろしくです。
| David Gilmour | 2008/10/02 12:56 AM |
TBありがとうございます!

おおお、ハピネス道にこの映画の記事があったのを見おとしてました!
私もミスタービーンは結構好きなんですよ。

映画版はあまりダークなところがないですけど、コメディ映画としてかなりよくできた脚本でしたよね。

でもビーンは基本的にあんないい奴じゃないw。悪い奴でもないけど・・・おじいさんや身障者にえらいことやってますからねw。
映画版のジャイアンのように、ビーンは映画版では子どもに優しくなるんですよね!

欲を言えばあと一回イギリスを舞台にした映画が見たいです!
| ゴーダイ | 2010/07/28 6:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
映画「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007年、英)
  ★★★★☆ 「Bean」(1997年、英)から10年ぶりのRowan Atkinson主演のコメディ。 原題は「Mr. Bean's Holiday 」。   教会のくじで、カンヌ旅行と200ユーロ、それにSONY製ハンディカム (これが全編にわたって重要な役割を果たす)が当たったBean
| 富久亭日乗 | 2008/02/07 7:13 AM |
カラヤンの「蝶々夫人」
単なる感傷や慟哭の誇張としてではなく、プッチーニがここで意図した精妙な音色の効果とドラマの結合を十全に描き出している。
| クラシック音楽ぶった斬り | 2008/02/20 4:22 PM |
「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」
英国の人気テレビ・シリーズのキャラクター、ミスター・ビーンのロンドンからカンヌ映画祭までの珍道中を描いたスラプスティック・コメディ「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」(2007年、英、89分、スティーヴ・ベンデラック監督)。劇場版としては前作「ビーン
| シネマ・ワンダーランド | 2008/09/30 4:16 AM |
Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!
 「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  ビーンはまったく成長してなかった。  ついに前作の映画版から12年ぶりにミスタービーンが帰ってきた!  いや〜中学生の頃クラスで
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/07/28 6:06 PM |