CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「潜水服は蝶の夢を見る」 20万回のまばたきで綴られた物語 | main | 「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ぜんぶ、フィデルのせい」 仏頂面の小さなヒロイン
JUGEMテーマ:映画


1970年代のフランス。
隣国スペインはフランコ独裁政権に揺れ、
世界の政治情勢も何かと騒がしい時代の
とある裕福な一家に起こる変化を9歳のヒロイン、アンナの視点で描いたドラマです。

面白かったのは、アンナがちゃんと自分なりに考え、質問し、行動し、決して大人の言いなりになるのではなく、自分で納得できるまで答えを探し続ける、しっかり者の女の子だったことです。

この考え込んでいる時の膨れっ面が、とってもキュートでした。

タイトルの“フィデル”はフィデル・カストロです。
物語の始め、裕福な一家にはお手伝いさんがいました。
その女性がキューバ人で、次第にコミュニストっぽくなっていくアンナの両親の様子に不快感を露にし、アンナに向かって
「これもぜんぶフィデルのせい!」言い放つ場面がありました。

父親は弁護士。
母親はライター。
豪華なパーティ。
バカンスはボルドーで。
学校はお嬢様系ミッションスクール。
そんな毎日が両親がコミュニストになってしまったことで一変します。
狭いアパートに引っ越し、そのアパートにはヒゲ面の活動家達がひっきりなしに出入りし、父親はチリで誕生した社会主義政権の支援に忙しく、母親はウーマンリブ活動の旗手として取材と執筆に没頭。
まるで天と地がひっくり返ったかのような変化なのに、能天気な弟はお腹がすいてさえいなければいつも満足な様子。
(この弟くんとアンナのコントラストが絶妙でした!)

また、狭いところに引っ越したとは言っても、常にお手伝いさんを雇っているのですが、これが情勢によってギリシャ人だったり、ベトナム人だったり、当時の世相が現れていて面白かったです。
それぞれのお手伝いさんが語る物語を聞く事によって、アンナは物事を様々な角度から見る事を学んで行きます。

理解を超えた出来事にぶつかっても、
思考停止し、ただ受け身になるだけじゃなく、
分からない事は、はっきり「分からない!」と言って、ちゃんと質問する。
受取った答えを自分なりにきちんと考えて、行動してみる。
行動の結果、また壁にぶつかってもめげずに考え続ける。
小さなヒロインに拍手を送りたくなる映画でした。

「グッバイ!レーニン」を面白いと思った方にはぜひお勧めしたい1本です。
趣きは少し違いますが、観終わった時に感じる爽やかさに共通点を感じました。
| 映画 サ行 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 00:20 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ぜんぶ、フィデルのせい
 『やっぱり大人は判ってくれない』  コチラの「ぜんぶ、フィデルのせい」は、1/19公開となった"フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9才のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告?"しちゃう社会派コメディなのですが、観て来ちゃいまし
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/02/12 5:11 PM |
映画『ぜんぶ、フィデルのせい』を観て
15.ぜんぶ、フィデルのせい■原題:LaFauteaFidel■製作年・国:2006年、フランス■上映時間:99分■日本語字幕:高部義之■鑑賞日:2月2日、エビス・ガーデンシネマ(恵比寿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジュリー・ガヴラス□脚本協力
| KINTYRE’SDIARY | 2008/03/13 12:34 AM |
【2008-66】ぜんぶ、フィデルのせい(La Faute a Fidel!)
人気ブログランキングの順位は? フランスからやってきた、仏頂面の小さなヒロイン 9歳のアンナが理不尽な大人とフィデル・カストロに宣戦布告? やっぱり大人は判ってくれない
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2008/03/22 7:50 PM |
【ぜんぶ、フィデルのせい】
監督:ジュリー・ガヴラス 出演:ニナ・ケルヴェル、ジュリー・ドパルデュー 「1970年代パリ、9歳のアンナはカトリックの学校に通い親友と仲良し、やんちゃで可愛い弟、弁護士の父、雑誌記者の母との暮らしは何一つ不自由なく満足していた。 ところが、ある日を境
| 日々のつぶやき | 2008/03/27 10:22 AM |
「ぜんぶ、フィデルのせい」(イタリア/フランス 2006年)
庭付きの広い家に可愛いワンピース。 上品な食事にバカンスはボルドーで。 花嫁のベールを被ってみたりシャンペンを飲むマネをする女の子。 そんな9才のアンナの日常は一変する。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2008/04/05 12:29 PM |
「ぜんぶ、フィデルのせい」
1970年のパリ。9歳の少女アンナ(ニナ・ケルヴェル)は、名門カトリック女子小学校に通う 成績優秀なお嬢様。スペインの貴族階級出身で弁護士の父フェルナンド(ステファノ・アコルシ)と 雑誌記者の母マリー(ジュリー・ドヴァルデュー)の下、弟のフランソワ(バンジ
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/10/08 7:58 PM |
mini review 09361「ぜんぶ、フィデルのせい」★★★★★★★☆☆☆
9歳の少女アンナの目線から、激動の70年代を見つめた心温まるヒューマンドラマ。共産主義に目覚めた両親のせいで、上流階級の暮らしに別れを告げなくてはならなくなった少女の心の機微がユーモラスに描かれる。監督は『戒厳令』などで知られる、名匠コンスタンタン・コ
| サーカスな日々 | 2009/04/05 3:37 PM |
『ぜんぶ、フィデルのせい』'06・伊・仏
あらすじ1970代のパリ。弁護士の父(ステファノ・アコルシ)と雑誌記者の母(ジュリー・ドパルデュー)を持つアンナ(ニナ・ケルヴェル)は名門のカトリックスクールに通うお嬢様。しかし、スペインで反政府活動を行っていた伯父の死をきっかけに父と母は社会的良心
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/05/12 8:28 AM |
【DVD】ぜんぶ、フィデルのせい
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 TSUTAYAオンラインのジャケット借り ▼感想 「教育」の恐ろしさ ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1970年代のパリ。弁護士の父(ステファノ・アコルシ)と雑誌記者の母(ジュリー・ドパルデュー)を持つアンナ(
| 新!やさぐれ日記 | 2009/07/07 7:46 AM |