CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 | main | 「アメリカを売った男」 クリス・クーパーの演技に唸る >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)
JUGEMテーマ:読書


発売後すぐ購入して読んだのですが、とても面白かったので周りにもおススメしていたら、いつの間にかベストセラーランク入りしていました。
共感を呼ぶ本です。

今日は丸善の丸の内本店で開催された著者チーム(4名)の講演会に行って来ました。
大変面白いお話で、あっという間の1時間半でした。
もっともっといろいろな事をお聞きしたかったです。

皆さんとても優秀な方々だと思いますが
そういう方々が本気で「ありがとうを言おう」「お互いを認め合おう」ということを世に訴え、ムーブメントを起こそうとしているのはとても心強いと思います。
日本の社会も(この場合は会社かな?)このまま荒んで行くばかり…とあきらめるには早い!と感じました。

4人それぞれのお人柄が感じられるお話し振りで、とても好印象を持ちました。
質問にもとても真摯にお答え下さって、参加して本当に良かったと思える講演会でした。

「認め合う」ことも大切だと思いますが、今、会社では「許し合う」ことができなくてギスギスしている気がして、それについてお尋ねしました。
それぞれお答え下さったことが、とても心に響く内容でありがたかったです。
中でも印象に残ったのが、河合さんが例にあげて下さった本田宗一郎さんの言葉です。

『人はいつもいつもそんなに立派ではいられない。
ミスしたり、失敗することもある。でもそんなときそのミスや失敗を心の消しゴムでそれを消してもらえるような人間でありたい』
(メモと記憶なので正確ではありませんが、この様な言葉でした)

では、どんな人がミスや失敗を心の消しゴムで消してもらえるのか?
それは“バカをやれる人”だそうです。
今、職場では自分のバカな面を見せられる(見てもらえる)機会が本当に減っている気がします。
例えば社内のイベントだったり、飲み会だったり、そういうインフォーマルな場が減っていて、なかなか相手の人間性まで知る機会が無い…知ろうともしない、そんな状況だと思います。

じゃあイベントをやればいいのか?飲み会をやればいいのか?というと、問題はそれほど単純ではないと思いますが、
皆が構えずに、できるだけ正直に向き合えるような環境を作っていけたらな…と思いました。

信頼の輪を広げるために、個人でできることは何か?それを考えて実行すること。
(自分から一歩を踏み出すこと)
動き出した個々人を支援し、それが上手くいくような仕組みを会社が(マネジメント層が)整えること。
この両輪がバランス良く動き出すことで、きっと「不機嫌な職場」が減り、「上機嫌な職場」が増えていくことでしょう。

私は「上機嫌でいること」は人と接する上で大切な作法だと思っています。
(実はこのブログのタイトルもそんな思いでつけたものです。)
今日のお話からも、たくさんのハピネスの種をいただきました。
感謝です!
| 読書 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:15 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック