CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「スパイダーウィックの謎」 双子のハイモア君 | main | 「モンテーニュ通りのカフェ」 パリのカフェが舞台の群像劇 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「スルース」
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 1,100
(2006-09-08)

JUGEMテーマ:映画



英国を代表する2大スターの競演と言っても過言ではないでしょう。
火花散る対決でした。
もともとは舞台の二人芝居脚本ですから、台詞も凝っているし見応えあるサスペンスでした。

数多くのベストセラーを持つ犯罪小説作家アンドリュー・ワイクにマイケル・ケイン


ワイクの妻の浮気相手。無名の若手作家マイロ・ティンドルにジュード・ロウ


演技の上手さでは二人とも良い勝負だし、存在感、眼力、ともに互角。
そういう意味ではバランスの取れたキャスティングと言えるでしょう。
そういえば、この二人は同じ役を演じた経歴を持つんですね。
「アルフィー」というプレイボーイ。

マイケル・ケインは1966年に。
ジュード・ロウは2004年に。
2004年の時点ではジュード・ロウにタイトルロールは力不足かと言われていましたが、この数年で随分たくさんの作品に出まくり、存在感が増しています。
ここで大御所マイケル・ケインと互角に張り合ったことで実力派アクターとしてのゆるぎない地位を築いた、という感じでしょうか。

| 映画 サ行 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
スルース
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  オリジナルは未見なのですが
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/05/02 5:51 AM |
映画「スルース」(2007年、米)
     ★★★☆☆  三角関係をめぐる2人の男の心理劇、 「探偵スル−ス(1972年、英国)のリメイク。 原題は「Sleuth」。  老年の推理小説作家Andrew Wyke (Michael Caine )の邸宅へ、 若い美容師のMilo Tindle (Jude Law)が訪れる。 Wykeの妻と不倫している
| 富久亭日乗 | 2008/05/03 7:23 AM |
「スルース(SLEUTH )」映画感想
我想一個人映画美的女人blog のmigさんが2回も見たというお薦めの映画が公開になっていたので見てきました。 紹介文「
| Wilderlandwandar | 2008/05/06 5:03 AM |
「スルース」
ベストセラー推理作家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)が暮らすロンドン郊外の豪邸。 ここに、若い俳優マイロ・ティンドル(シュード・ロウ)が訪ねてくる。彼こそは、ワイクの妻マギーの 浮気相手。この日の来訪は、ワイクにマギーとの離婚を迫るためだった。
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2008/10/09 9:05 PM |
息詰る密室劇 「SLEUTH スルース」
大きなネタバレあり。ご注意ください! 「SLEUTH」公式サイト 今頃、四月に観た映画の感想を。 トリッキーな物語が好きだ。 小説であれ映画であれ、最後の最後に「あっ!」と驚かせてくれる話が。 この映画の粗筋を聞いて、漠然と「デス・トラップ 死の罠」を連
| キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜 | 2008/10/12 10:11 AM |
『スルース』'07・米
あらすじロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合意してほしい」と言うティンドルに、ワイクはあることを提案する・・・。感想スルーするには勿
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ | 2009/04/01 7:04 AM |
スルース
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。
| Addict allcinema 映画レビュー | 2009/06/17 12:44 AM |