CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「スルース」 | main | 「NEXT -ネクスト-」 ニコラス・ケイジって… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「モンテーニュ通りのカフェ」 パリのカフェが舞台の群像劇
JUGEMテーマ:映画



パリに実在するカフェが舞台のハートフルコメディ。
観終わったとき、ほのぼのと、幸せな気分になれる群像劇でした。

先月見た「地上5センチの恋心」といい、ハッピーなフランス映画が続きます。
「地上5センチ…」の作家役、アルベール・デュポンテルが、こちらではピアニストとして登場。
スターピアニストとしてクラシック界で人気を博すも、堅苦しい業界の空気に嫌気がさして、苦悩するアーティスト。妻との関係もギクシャクしており…。あれ?なんだか「地上5センチ…」の設定とかぶっています(笑)

人気女優カトリーヌは“TV昼メロのスター”というカテゴリから抜け出したくてたまらない。
古典の舞台に出演してみる事になったけれど、演出家から命じられるつまらない指導の数々に嫌気がさして、ついに本番の舞台で…(これ以上はネタバレなので省略)!

カトリーヌのエピソードに関わってくるアメリカ人大物映画監督ブライアンにシドニー・ポラック。
渋くて素敵でした。


生涯かけて集めた美術品を全てオークションに出す収集家。
彼のエピソードは深くて、愛情たっぷりで、クライマックスにはちょっぴり涙がこぼれました。


いろんな人々の人生が交差する小さなカフェ。
主人公ジェシカの天真爛漫さ、
一見脇役に見えるけれど、実はとっても素敵な人々、
人間って愚かだけと愛おしい…
そんな小さなきらめきがたくさん詰まったプチフールのような作品でした。

渋谷、ユーロスペースにて。
オススメの1本です!


| 映画 マ行 | 13:22 | comments(2) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | 13:22 | - | - |
コメント
こんにちは。

映画館で予告編を観てから、ずっと気になっていて
ようやく行ってきました。

心がほぐれて、ほんわかするような映画でした。

シドニー・ポラック、「フィクサー」に続いて
渋かったです。他の俳優さんも皆味わい深く
無理なく物語の中に入っていくことができました。

嬉しい時や哀しい時に、ちょっと立ち寄れる
あんなカフェがあったら、いいですね(笑)

こじんまりしていますが、素敵なものを見つけた♪と
思わせてくれる作品でしたね。

| yukom | 2008/05/18 10:55 AM |
yukomさん、こんにちは。
コメントありがとうございました。

いろんな人々が交差する小宇宙のようなカフェ。
ステキでしたね。

シドニー・ポラック、良かったですよね〜。
「いかにも!」って感じでハマリ役だったと思います。

こういう、人物の描写に愛情が感じられる作品は、心がほんわかと温まります♪
| Yukiko T. | 2008/05/18 11:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
真・映画日記(1)『モンテーニュ通りのカフェ』
JUGEMテーマ:映画 4月29日(火・祝)◆790日目◆ 前の晩は池袋「LIVE INN ROSA」でオール。 明けて朝6時前、打ち上げには出ずまっすぐ帰る。 午前9時半前に帰宅。 2時間ちょいほど寝る。 12時すぎに家を出て渋谷へ。 早く着いたので漫画喫茶で時間を
|            | 2008/05/08 6:29 PM |
シドニー・ポラック 死去 
シドニー・ポラックが5月26日、がんのためカリフォルニア州の自宅で死去した。シドニー・ポラックは、『トッツィー』、『愛と哀しみの果て』などの映画監督で、プロデューサーや俳優としても活躍した。シドニー・ポラックは家族にみとられてその73歳の生涯を閉じた。
| キーワード宅急便 | 2008/05/27 6:28 PM |
『モンテーニュ通りのカフェ』
4月に観たい観たいと騒いでいた『モンテーニュ通りのカフェ』をやっとのことで観てこれました。 こんなに長い期間上映していてくれたユーロスペースさんに感謝。 劇場や高級ホテル、有名メゾンなどが並ぶ由緒正しき街、パリ8区のモンテーニュ通り。マコンから憧れ
| cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/06/11 7:12 PM |
モンテーニュ通りのカフェ
 『人生に恋をした パリ、8区。 夢が座る時間に、 カフェも開く』  コチラの「モンテーニュ通りのカフェ」は、エッフェル塔を望み、シャンゼリゼとジョジュ・サンクを結び、劇場やオークション会場といったセレブが行き交う一角に実在する”カフェ・ド・テアト
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/12/10 8:30 PM |
「モンテーニュ通りのカフェ」
こんなカフェで働けるっていいなぁ〜って思っちゃった^^
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/02/11 11:23 AM |
『モンテーニュ通りのカフェ』
コンサートホールのオーケストラな厳粛、 喜劇舞台の笑いと癒し、オークション会場の緊迫と思惑。 隣接するカフェを介して交差する、それぞれの人生劇場へようこそ。 『モンテーニュ通りのカフェ』 FAUTEUILS D'ORCHESTRE 2006年/フランス/106min 監督:ダ
| シネマな時間に考察を。 | 2010/04/04 3:38 PM |