CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 映画「容疑者Xの献身」 | main | 「僕らのミライへ逆回転」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「宮廷画家ゴヤは見た」

 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」のフォアマン監督の新作。
予告編を観た印象は、芸術性と深い愛の本質に迫る…といったものでしたが
実際は違っていました。

18世紀末から19世紀初頭にかけての動乱のスペインで
王制といった権力構造や宗教が支配する価値観までもが
戦争や革命で一夜にしてひっくり返る混乱の中で
翻弄される一人の修道士(ハビエル・バルデム)と裕福な商人の娘(ナタリー・ポートマン)

二人に降りかかる過酷な運命を
決して望んだわけでもないまま目撃者となってしまう宮廷画家ゴヤの目を通して描いた歴史ドラマです。
そういった意味で、この邦題は的確な気がしましたが
原題は“Goya's Ghosts”
ハビエル・バルデムもナタリー・ポートマンも
彼らの人生はこれで「生きていた」と言えるのだろうか?という疑問がわくほど不条理なことばかり…。
残酷な映画でした。

とはいえ、面白くなかったわけではなく、見応えがありました。
芸術と狂気、時代に翻弄される人生の不条理、
フォアマン監督らしい切り口の作品だったと思います。
このラストシーンを“救い”と取るか“絶望”と取るか
難しいところですが…。


| 映画 カ行 | 08:51 | comments(0) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
| - | 08:51 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/375
トラックバック
映画「宮廷画家ゴヤは見た」
原題:GOYA'S GHOSTS この邦題は思わず、"家政婦は見た"みたいな連想をしてしまうけど、ゴヤ自身は聴力を失うことになるからピッタリかもしれない〜時代の変転と醜聞な物語〜 フランシスコ・デ・ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)が宮廷画家の時代
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2008/10/12 12:21 PM |
★「宮廷画家ゴヤは見た」
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。
| ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ | 2008/10/13 3:07 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:ミロス・フォアマン キャスト:ハビエル・バルデム       ナタリー・ポートマン       ステラン・スカルスガルド       ランディ・クエイド       ミシェル・ロ
| ★試写会中毒★ | 2008/10/13 12:16 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
 『それは、立ち入り禁止の、愛。』  コチラの「宮廷画家ゴヤは見た」は、10/4公開となった「カッコーの巣の上で」、「アマデウス」、「マン・オン・ザ・ムーン」の名匠ミロス・フォアマン監督が、”スペインの天才画家ゴヤの目を通して、愛の真実に迫る問題作”な
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2008/10/13 5:04 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
ゴヤの見たものっていったい? 興味津々で映画館へと足を運びました。 ゴヤの生きた時代、 スペインという国は、とても複雑で、 特殊な様相の歴史を呈しています。 ゴヤは王室の画家としての視線で、 波乱に富んだ時代を見届けます。 カトリックの権威を 高めるため
| 花ごよみ | 2008/10/19 9:52 PM |
異端審問「宮廷画家ゴヤは見た」を鑑賞
GOYA'S GHOSTS 評価 8  監督は「カッコーの巣の上で」「アマデウス」「マン・オン・ザ・ムーン」などの監督で数々の映画賞受賞やノミネートを成し得てるミロス・フォアマン監督。そうとは知らずの鑑賞だったけど、とても好みな、とても見応えある映画でした。  良か
| 映画感想 瞼のスクリーン 第二章 | 2008/10/25 1:34 AM |
『宮廷画家ゴヤは見た』@新宿ミラノ座
18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教
| 映画な日々。読書な日々。 | 2008/10/26 6:45 PM |
『宮廷画家ゴヤは見た』
金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。 6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。 ********************
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2008/10/26 10:20 PM |
宮廷画家ゴヤは見た▼△
 天才画家ゴヤが描いた2枚の肖像画、少女と神父の数奇な運命とは? 10月18日、新京極シネラリーベにて鑑賞。「ノーカントリー」で、アカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムがロレンソ神父という役で登場。この役もなかなか彼のキャラに合っている。そ
| 銅版画制作の日々 | 2008/10/27 10:22 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
私の住む地域では上映予定がなかったはずなのに・・・急に上映が決まったみたいということで、チラシも予告も見ず、何の前知識もなく観に行ってみた【story】18世紀末スペイン。ゴヤ(ステラン・スカルスガルド)は、国王カルロス4世(ランディ・クエイド)の宮廷画家に
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2008/11/21 8:41 PM |
「宮廷画家ゴヤは見た」
見応えのある作品でした
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/04/30 3:46 PM |
「宮廷画家ゴヤは見た」(GOYA'S GHOSTS)
米国の反体制活動を作品に象徴させた「カッコーの巣の上で」(1975年)や、反戦ミュージカル「ヘアー」(79年)、モーツアルトの半生を描いた「アマデウス」(84年)などの作品で知られる旧チェコスロバキア出身のオスカー受賞米映画監督、ミロス・フォアマン(
| シネマ・ワンダーランド | 2009/05/09 8:58 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
2006 アメリカ スペイン 洋画 ドラマ 文芸・史劇 作品のイメージ:切ない、ためになる 出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド ストーリー展開はそれほど複雑ではなく、時代に翻弄された二人の男女の運命
| あず沙の映画レビュー・ノート | 2009/05/28 10:34 AM |
宮廷画家ゴヤは見た
宮廷画家ゴヤは見た GOYA'S GHOSTS 監督 ミロス・フォアマン 出演 ハビエル・バルデム ナタリー・ポートマン ステラン・スカルスガルド ...
| Blossom | 2009/08/24 9:20 PM |
mini review 09382「宮廷画家ゴヤは見た」★★★★★★★☆☆☆
アカデミー賞監督賞などを受賞したミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤの目を通して人間の真実、愛の本質を見つめた感動作。ゴヤが描いた2枚の肖像画のモデルたちがたどる数奇な運命を、18世紀末から19世紀前半の動乱のスペイン史を背景に描く。『ノーカ
| サーカスな日々 | 2009/08/29 6:12 AM |
【映画】宮廷画家ゴヤは見た…ナタリーは微妙。スペインは怖い。
今朝{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/}は朝一番から投票に行ってまいりました。 投票開始時間に行ったのは初めてで、投票箱チェックも初めて見ましたよ(残念ながらチェックしたのは私じゃなかったんですけどね{/face_acha/}) で、その後「仮面ライダーディケイド」の最
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/09/11 3:57 PM |
宮廷画家ゴヤは見た
Goya's Ghosts(2006/スペイン・アメリカ)【DVD】 監督:ミロス・フォアマン 出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン/ステラン・スカルスガルド/ランディ・クエイド/ホセ・ルイス・ゴメス/ミシェル・ロンズデール それは、立ち入り禁止の、愛 ゴヤとい
| 小部屋日記 | 2010/08/27 4:37 PM |
映画『宮廷画家ゴヤは見た』を観て
83.宮廷画家ゴヤは見た■原題:Goya'sGhosts■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:114分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月4日、渋谷東急(渋谷)□監督・脚本:ミロス・フ...
| KINTYRE’SDIARY | 2010/12/23 5:11 PM |