CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ゲットスマート」 | main | 「その土曜日、7時58分」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ドキュメンタリー「アメリカン・ティーン」
JUGEMテーマ:映画
 
サンダンス映画祭、ドキュメンタリー部門で最優秀監督賞を受賞している本作。
ドキュメンタリー、しかもアメリカの高校生の日常を追った作品だというのに、前評判がやたらと高い。
観に行って良かったです。確かに面白かった!

アメリカ中西部、典型的な地方都市。
白人、クリスチャン、共和党支持層が多数を占め、富裕層から経済的にはやや厳しい家庭まで、様々な人々が暮らす街の、とある高校を舞台に
数人の生徒達の卒業までの最終学年の一年間を描いた映画でした。
スポットが当てられるのは、全く違ったタイプの子達…
“女王様”“スポーツマン”“変わり者”“イケメン君”“オタク”
それぞれの17歳という1年を丁寧に追いかけていました。

監督や撮影スタッフとティーン達の間に信頼関係が生まれるまでに
多分数ヶ月を要したのでしょう。
後半になればなるほど、それぞれの表情や言葉に真剣さや感情の深さを感じました。
脚本がないのに、いや、ないからこそドラマティックでした。

とあるアンケートで3分の2のティーンが
「自分たちの親がティーンネイジャーだったころより、今の自分たちの方がつらいと思う」
と答えたそうです。
(これはアメリカにも日本にも共通していることだと思いますが…)
様々なプレッシャー(上からだけでなく横からのピアプレッシャーも含め)
経済事情…とはるかに複雑な時代なのだと感じました。

その反面、変わらない青春、喜びや悩みのみずみずしさも
しっかりと捉えられていて、幅広い年齢層が楽しめるドキュメンタリーに仕上がっていたと思います。

それぞれの生徒達の悩みを、ところどころアニメーションで表現するシーンがありましたが、そのアートが面白かったです。

首都圏では、新宿のバルト9のみの上映ですが、拡大されると良いですね。




| 映画 ア行 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:03 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/379
トラックバック
American Teen アメリカン・ティーン
インディアナ州ワルシャワは典型的なアメリカ中西部の地方都市。そこにある高校に通う生徒もまた、どこにでもいるようなティーンたち。体...
| Cinematheque | 2009/01/04 2:53 PM |