CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ラースと、その彼女」 | main | 「永遠のこどもたち」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「パリ」
JUGEMテーマ:映画
 
「スパニッシュ・アパートメント」のセドリック・クラピッシュ監督作品。
今度はパリを舞台とした群像劇でした。

「スパニッシュ・アパートメント」の希望に満ちたラストシーンは
数ある映画の中でも、かなり好きなシーンです。

この「パリ」は、重い心臓病を煩い、助かるには心臓移植しか方法が無い、元ダンサー、ピエールの目を通して見える、パリに生きる様々な人々の日常を描いた物語で、
始まったばかりの人生のこれからを描いた「スパニッシュ・アパートメント」とは対照的なものでした。

主人公ピエールを演じるロマン・デュリスは「スパニッシュ・アパートメント」のグザヴィエと同一人物とは思えない雰囲気で驚きました。
ピエールの姉エリーズにジュリエット・ビノシュ。
ジュード・ロウと共演した「こわれゆく世界の中で」以来に
久しぶりにスクリーンで観た気がしましたが、
相変わらず、少しあやしい存在感のある女優さんです。

市場で果物屋を営むジャンにアルベール・デュポンテル。
彼は今年「地上5センチの恋心」の作家、
「モンテーニュ通りのカフェ」の指揮者といろんな役で観ました。
売れっ子俳優なんですね…。確かに素敵です。

余命いくばくもない青年の目を通しての群像劇ということで
人生のきらめきや悲しみが、様々なエピソードを通して描き出されていきます。
これが「ニューヨーク」とか「ロンドン」とか「東京」というタイトルで、同じ状況設定でそれぞれ別のキャスティングで(その地域の俳優で)制作しても、きっとそれぞれに面白い作品になるだろうと思えました。

世界有数の大都会で懸命に生きる人々の多種多様な人生の光と陰。
きっと街の数だけ物語があるのだと思います。


| 映画 ハ行 | 23:13 | comments(1) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - |
コメント
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
| 日本インターネット映画大賞スタッフ | 2008/12/22 12:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
*PARIS (パリ)*
{{{   ***STORY*** ある日、ダンサーのピエールは心臓病で余命わずかと告げられる。シングルマザーのエリーズは弟のピエールの身を案じ、子どもたちを連れて彼のアパートに同居し始めた。やがてピエールは向かいに住む大学生のレティシアが気になってい
| Cartouche | 2009/01/26 12:45 AM |
『PARIS』
俯瞰するPARISは飾られた風景ではなく、街ゆく人々のストーリーを追ってみれば、そこには必ず哀しみや不満や憂鬱が。 でもみんな気付いていない。自分たちはとても幸運だということを。 『PARIS』 2008年/フランス/129min 監督:セドリック・クラピッシュ
| シネマな時間に考察を。 | 2010/04/04 3:04 PM |
PARIS
 『この街が 教えてくれる、 一番大切なこと。』  コチラの「PARIS」は、「スパニッシュ・アパートメント」、「ロシアン・ドールズ」のセドリック・クラピッシュ監督が、「PARIS」を描いた群像ドラマです。  エリーズ(ジュリエット・ビノシュ)とピエール(ロマ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/08/08 5:17 PM |