CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「リリィ、はちみつ色の秘密」 | main | 「ザ・バンク 堕ちた巨像」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「いとしい人」 ヘレン・ハント初監督作品
JUGEMテーマ:映画
 
オスカー女優ヘレン・ハント初監督にして製作、脚本、主演という
力の入れよう。

舞台はNY、
主人公はアラフォーの女教師エイプリル(ヘレン・ハント)
年下の同僚ベンと結婚し、妊娠を待ち望んでいる女性です。
彼女自身は養女で、実の母親を知らずに育っていたことも、
その理由のひとつでした。

ところが、大人になりきれないベンは突然
「もう、この生活を続けられない…」と実家に帰ってしまいます。
その翌日、養母が他界してしまい失意のどん底にいる中、
実母を名乗る女性が表れて、大混乱のエイプリル…

教え子の父親で、妻に家出されたシングル・ファーザーで作家のフランクと急接近。
互いの境遇を打ち明け合う中で、心が通じ合っていくのですが
エイプリルがベンの子供を妊娠していることが分かり…

というのが物語の導入部分。

家出する夫ベンにマシュー・ブロデリック。
新たに出会うフランクにコリン・ファース。
実母と名乗り出る女性バニースにベット・ミドラー。
この作品の見どころの一つはこのキャスティングです。
全員絶妙!

この作品、邦題は「いとしい人」で、ポスターもこのように
コリン・ファースとのロマンスがメインかと思わせるデザインですが、
実は原題“Then she found me”が表すように
ベット・ミドラーとの母子関係がメインです。

登場人物は、それぞれにユニークなキャラクターですが、
一番強烈なのはこのベット・ミドラー演じるバニースです。
発言や行動がいちいち可笑しいのですが、
要所々々でエイプリルにとって一番必要なことをしてくれたり
言ってくれたりします。
こういう母子の関係もありかな…と思えるつながりでした。

エンディングの受け止め方は人それぞれかと思いますが
(決して予定調和的ではないので…)
それぞれの“しあわせの形”を考えさせられる、
良い結末だったと、私は思っています。

| 映画 ア行 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 21:38 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
La Vie en Rose〜フランス女優たち
ヌーヴェルヴァーグから、最近まで・・・可愛く美しくコケティッシュなフランスの女優さん達。アンナ・カリーナ・・・ロマーヌ、ブリジット、ジュリエット・ビノシュ・・・
| La Vie en Rose〜フランス女優たち | 2009/04/02 3:58 PM |
いとしい人
『恋愛小説家』でオスカー女優となったヘレン・ハントの監督デビュー作。と同時に主演・脚本と一人3役を務めた。ヘレン演じるエイプリルの子持ちの恋人役は『マンマ・ミーア!』での父親役が記憶に新しいコリン・ファースが演じています。相変わらずこの手の作品はミニ
| LOVE Cinemas 調布 | 2009/04/03 2:38 AM |
映画「いとしい人」
then she found me アメリカ 2007 2009年3月公開 DVD鑑賞 ヘレン・ハントはかなり好きな女優さんなのですが、そんな彼女の初監督作品&キャスティングが結構自分好みなこともありちょっと気になってた1本です。 主人公は39歳の小学校教師エイプリル(ヘレン
| Andre's Review | 2009/10/15 12:28 AM |