CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「いとしい人」 ヘレン・ハント初監督作品 | main | 「チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ザ・バンク 堕ちた巨像」
JUGEMテーマ:映画
 
一級品の香りが漂うC級サスペンスでした。
(B級とも言えない…)
見どころは多かったのですが、ストーリーが何とも中途半端…。

グローバルに展開するプライベート・バンクの陰謀というテーマなので
あまりリアルには描けない…という事情があるにしても
あまりにもあらゆる設定がマンガ的。
予告編や、紹介記事から受ける印象は「社会派サスペンス」だったのですが
まったく現実味の無いアクション映画でした。
金融界の裏側を描く…といったリアリティはありません。

主人公のサリンジャーはインターポールの捜査官(クライブ・オーウェン)
ルクセンブルクに拠点を置くインターナショナルバンクIBBCの不審な取引を捜査している設定ですが、このサリンジャーの前職と転職の経緯に、とても無理があります。

パートナーのニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)の存在も、彼女の捜査の進め方も疑問だらけです…。

途中から「この映画にリアリティを求めてはいけない」ということに気付き
美しいロケ地で撮影された、スタイリッシュなアクションムービーとして鑑賞しようと頭を切り替えました。

そういう視点で観ると、グッゲンハイムでの銃撃戦やイスタンブールでのクライマックスは、なかなかの映像です。

全体的に、演出や撮影は素晴らしかったです。
冒頭の緊迫感など「上手い!」と思わせる構成に、一級品の香りを感じたのは確かです。

グッゲンハイム後、コンサルタントの最後のシーンは背景が美しいだけに
「なぜ、そこまで連れ出す…しかも引きずって…。
すぐに処置をすれば助かったかもしれないのに!」と思わずツッコミを…。
しかしすぐに「あ、そうだった。リアリティを求める映画じゃなかったんだ…」と我に返り引き続き鑑賞しました。
(鑑賞した方にしか通じないつぶやきですね。あしからず…)

クライブ・オーウェンは来月「ディプリシティー 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜」が公開予定で、こちらはジュリア・ロバーツとの共演で話題です。
予告編を見る限り、かなり面白そうなのですが、今度こそ期待と違う…ということが無いよう祈ります。
| 映画 サ行 | 22:43 | comments(3) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | 22:43 | - | - |
コメント
こんにちは。
私も、週末に観ました。

勝手に社会派サスペンス的なもの(”大統領の陰謀”みたいなもの)を
想像していたので、オープニングでは「お!いいんじゃない?」
と思ったのですが… だんだん「あれ?」っとなって、最後は、
単純な締めくくりに「イタリアンマフィアの敵討ちか!?」と(笑)

>「なぜ、そこまで連れ出す…しかも引きずって…。
>すぐに処置をすれば助かったかもしれないのに!」

あはは、私も同じこと思いました(笑)
つまるところ、アクション娯楽作だったんでしょうか?

でも、カメラワークについては、度々感心しました。
| | 2009/04/07 2:38 PM |
ごめんなさい! 
上のコメントを書かせていただきましたSoffyです。
また、ハンドルネームが抜けていました…(涙)
| Soffy | 2009/04/07 2:48 PM |
Soffyさん、こんにちは。
TBとコメントありがとうございました。

そう思いますよね〜(笑)

今、思い返すと別の意味で印象深い映画になりそうです。
期待が高かっただけに、ちょっと辛口の書き方になってしまったかな…と思っています。

アクションとしても見応えありましたが、このタイプのロケ地でのアクションものだと「ボーン・アルティメイタム」の印象が強くて、どうしてもくらべてしまいます…。

演出で面白かったと思ったのは、クライブ・オーウェンが氷水に顔をつけて記憶を呼び覚ますシーンです。
「何をやるんだろう?」と思ってみていたのですが、フラッシュバックで蘇る記憶に、何だか説得力がを感じました。
| Yukiko T. | 2009/04/08 11:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ザ・バンク 堕ちた巨像 (2008)
ヨーロッパを拠点とする国際的なメガバンク・IBBCの違法行為を追ううちに、闇のスパイラルに巻き込まれていくインターポール捜査官とNY検事が奔走するサスペンス アクション。1991年に巨額負債を抱えて破綻した国際的メガバンク・CBBIをモデルとして脚本が書かれたとい
| Chocolat Noir 76 | 2009/04/07 2:25 PM |
ザ・バンク 堕ちた巨像
インターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、かねてより不審な資金の流れの極秘情報を得ていたルクセンブルクに拠...
| 心のままに映画の風景 | 2009/04/12 3:17 PM |
ザ・バンク 堕ちた巨像
 『真実さえ、 取引されるのか。』  コチラの「ザ・バンク 堕ちた巨像」は、世界中の巨富が流れ込む、巨大銀行<メガバンク>の莫大な資金の行方を追うインターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)を描いた4/4公開のPG-12指定のスパイラル・
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/04/12 3:58 PM |
ザ・バンク 堕ちた巨像
“いま”ならではのリアリティと恐怖がある__グローバル時代の“巨悪”に挑む社会派サスペンス。世界が金融不安に襲われているいま、タイムリーな作品が上陸! 巨大銀行の驚くべき実態がスリリングに暴かれていくさまに、興味をひかれるはず。 物語:インターポ
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2009/04/14 1:28 AM |
世界を支配するシステム〜『ザ・バンク 堕ちた巨像』
 THE INTERNATIONAL  巨額の不正資金が集まるルクセンブルクの国際銀行IBBCを、インターポール の捜査官サリンジャー(クライヴ・オーウェ...
| 真紅のthinkingdays | 2009/04/16 8:29 PM |
ザ・バンク 堕ちた巨像
真実さえ、取引されるのか。 発売予定日は2009年10月7日
| Addict allcinema おすすめ映画レビュー | 2009/09/21 9:01 AM |
「ザ・バンク 墜ちた虚像」
巨悪はなくならないんでしょうかねぇ〜・・
| 心の栄養♪映画と英語のジョーク | 2009/10/14 10:11 AM |
「ザ・バンク 堕ちた巨像」
「ザ・バンク 堕ちた巨像」、DVDで観ました。 インターポールのサリンジャーは国際銀行IBBCが国を股に掛け、犯罪を行なっていることを命...
| クマの巣 | 2009/11/02 10:44 AM |