CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「お買い物中毒な私!」 | main | 「幸せのセラピー」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「路上のソリスト」
JUGEMテーマ:映画
 
最近、ロバート・ダウニー・Jr.の出演作にはハズレがない気がします。

実話を基にした作品でした。
LAタイムズのコラムニスト、スティーブ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr.)が路上でバイオリンを奏でるホームレス、ナサニエル・エアーズ(ジェイミー・フォックス)と出会い、関心を寄せるところから物語が始まります。

精神状態が普通ではない(作品中では“統合失調症”と表現されていました)ナサニエルとコミュニケーションをとることは困難でしたが、彼がジュリアード音楽院に在籍していたこと、本当の専攻はチェロだったことを何とか聞き出し、彼のことを題材としたコラムを執筆。

その記事が反響を呼び、二人の人生が少しづつ動いていく様が描かれていました。

ともすると、お涙頂戴的な演出で美談として飾られがちなテーマを
現実的かつ冷静な描写で見せてくれたのは、
「つぐない」のジョー・ライト監督。
イギリス人監督が描く、LAの光と影…。
生粋のハリウッド監督だと、逆に、こうはいかなかったんじゃないかと思います。

そして主演の二人の俳優の実力も、もちろん、そのリアルさの要因です。
ジェイミー・フォックスも、この難しい役どころを見事にこなしていましたが、
やはりロバート・ダウニー・Jr.の魅力がこの作品の中心点だったと感じます。

有名紙の人気コラムニストであるロペスが
統合失調症で路上生活者であるナサニエルと関わっていくことは、実際には単なる美談ではすまない、多くの困難が伴うものだったと思います。
また、コラムの題材として取り上げるということは、ある種、ナサニエルを利用していることでもあり、どこまでコミットするべきか…というロペスの葛藤も物語のポイントでした。

その葛藤を乗り越えるきっかけを与えてくれたメアリーを演じたキャスリーン・キーナーも素晴らしかったです。
(作品中ではメアリーはスティーブの仕事仲間であり、元妻、という設定でしたが、実際のロペス夫婦は幸せな家庭生活を送っているそうです。この辺りは映画化にあたっての創作だったんですね)

素材の良さ、バランスのとれた俳優陣、素晴らしい音楽…
丁寧に作られた、良質なヒューマンドラマを堪能しました。

余談ですが、先日観た「消されたヘッドライン」といい本作といい、
今、どこの国でも“新聞”というメディアが危機的状況にある…ということを、まざまざと見せつけられたような気がします。

| 映画 ラ行 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
路上のソリスト
 『奏で続ければ、いつかきっと誰かに届く。』  コチラの「路上のソリスト」は、かつて天才と呼ばれたチェリストだった路上で暮らす男ナサニエル(ジェイミー・フォックス)をLAタイムズのコラムニストのスティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)が追った、実
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/06/04 1:19 AM |
路上のソリスト
ロサンゼルス・タイムズの記者ロペスは、公園で2弦しかないヴァイオリンを巧みに奏でる、みすぼらしい身なりの男を目にした。 ナサニエルというその男は名門ジュリアード音楽院でチェロを学んでいたという。 意外な経歴に興味をもったロペスは、路上生活者の地区へ足
| 象のロケット | 2009/06/04 8:39 AM |
*路上のソリスト*
{{{   ***STORY***         2009年  アメリカ ロペスはある日、べートーヴェンの銅像のある公園で2本しか弦のないヴァイオリンを弾くホームレス、ナサニエル・エアーズに出会う。彼の演奏する音楽の美しい響きにひかれコラムのネタに取材をは
| Cartouche | 2009/06/05 10:40 PM |
友情なのか偽善なのか・・・。『路上のソリスト』
新聞でコラムを書く記者と音楽の才能を持つ路上生活者の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2009/06/06 9:29 AM |
THE SOLOIST♪路上のソリスト
 これは「ユニークな友情の物語」400万人が住む街で誰かと会ったことがふたつの人生を変えた 6月1日、ファーストディに東宝シネマズ二条で鑑賞しました。 アメリカ、ロサンゼルス・タイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペスが紙上でナサニエル・エアーズにつ
| 銅版画制作の日々 | 2009/06/06 7:06 PM |
路上のソリスト
●ストーリー●バイオリンを演奏する路上生活者のナサニエル(ジェイミー・フォックス)に出会ったロサンゼルス・タイムズの記者ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)。かつてジュリアード音楽院に在籍し、チェロを演奏していたというナサニエルに興味を抱いたロペスは、ナ
| 映画君の毎日 | 2009/06/07 3:04 AM |
【映画】路上のソリスト…アライグマと尿は何を象徴してんですか?
え〜っと、今日{/kaeru_fine/} は昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}の行動記録詳細をば… ということで、映画観に行ったのでそちらと合わせての報告って事になります。 レンタルDVDでは先に観た映画も沢山報告せずに残っているのですが{/ase/}、とりあえずこちらを忘
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2009/06/10 11:21 PM |
路上のソリスト
人生に行き詰まっていたLAタイムズのコラムニスト、スティーヴ・ロペス(ロバート・ダウニー・Jr)は、 美しい音を奏でる路上生活者のナサニ...
| 心のままに映画の風景 | 2009/06/10 11:54 PM |
「路上のソリスト」コンクリートの街に豊かな音楽が流れる
「路上のソリスト」★★★☆ ジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニー・Jr 主演 ジョー・ライト 監督、2009年、117分                               ★映画のブログ★                         
| soramove | 2009/06/21 12:07 AM |
mini review 09413「路上のソリスト」★★★★★★★☆☆☆
ロサンゼルス・タイムズの記者スティーヴ・ロペスのコラムを基に、路上に暮らす天才音楽家ナサニエル・エアーズとロペス自身の心揺さぶる魂の交流を描いた人間ドラマ。監督は『つぐない』のジョー・ライト。ナサニエルを『Ray/レイ』のジェイミー・フォックス、ロペスを
| サーカスな日々 | 2009/10/25 11:37 PM |
「路上のソリスト」(THE SOLOIST)
「プライドと偏見」(05年)や、「つぐない」(07年)で知られる新進気鋭の英国若手監督ジョー・ライトの長編3作目にあたるヒューマン・ドラマ「路上のソリスト」(09年、米、117分、スザンナ・グラント脚本、ユニヴァーサル映画配給)。この映画は、LAタイ
| シネマ・ワンダーランド | 2009/11/01 9:53 AM |