CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ココ・アヴァン・シャネル」と「ココ・シャネル」 | main | 「私の中のあなた」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「パイレーツロック」
JUGEMテーマ:映画


音楽を愛するすべての人へ!!!

今年一番楽しみにしていた映画です。
「ノッティングヒルの恋人」「ラヴ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督作品。
本国UK版の予告編をネットで観たのが今年の初め。
春に発売になった輸入版サウンドトラックを早々に購入して聞きながら日本公開を楽しみに待っていました。(日本版は今週発売!60'sファン必聴の名盤です!!)
ラッキーなことに試写会で早々に観ることができました。

素晴らしい脚本、素晴らしいキャスティング、オープニングからエンディング、最後の最後までまばたきするのももったいないくらい魅力溢れる映画でした。

舞台は1966年のイギリス。
ビートルズやローリング・ストーンズを生んだこの国には、当時民間の放送局がなく、国営放送BBCではロックのオンエアが1日にたった45分に制限されていたんだそうです。
法律の隙をついて、海の上から放送をする海賊ラジオ局。
枕の下にトランジスタラジオを隠して放送を聞く若者たち。
ロックを愛して止まない人たちの思いがぎゅ〜っとつまった映画です。

絶妙な選曲とエピソードが巧みに絡みあった群像劇。
両方がリチャード・カーティス監督の得意とするところで、
流れるナンバー、一曲いっきょくのかっこよさと、場面とのシンクロ具合、
一つひとつのエピソード、一人ひとりのキャラクターのユニークさと面白さ、
どれもが素晴らしく、終わってほしくないと思うくらい、その世界に浸っていました。

物語の軸は、高校を退学になり船にやってきた若者、18歳のカールの成長を描くストーリーですが、とにかく魅力的なのはその船に乗っているDJの面々です。

24時間の放送枠、それぞれの担当時間帯によって個性があって、
中でももちろんゴールデンタイムを担当するスターDJ、フィリップ・シーモア・ホフマン演じる“ザ・カウント”(伯爵)は光っていました。
本当にカッコいい!!
やっぱり彼はすごい役者さんだと改めて感動…。

そんな“カウント”とトップを争うもう一人のカリスマDJ“ギャヴィン”を演じるリス・エバンスも素晴らしかった…!(ノッティングヒルではヒュー・グラントのおかしな同居人スパイクを演じていたあの俳優さんです)
この2トップの大人げない意地の張り合いには大いに笑わせてもらいました。

明け方の番組担当、孤高のDJボブも良かったなぁ…。
クライマックス、このボブのエピソードにはホロリとさせられました〜

ポスターを見たとき“Mark I love you♡”がいっぱいで
「マークって誰?」と思っていましたが、深夜担当のこのDJも可笑しかった。
女とは想像力の生き物だということがよ〜く分かりました(笑)

海賊ラジオ局のオーナー“クエンティン”を演じるビル・ナイ。
登場するすべてのシーンが見どころと言っても過言ではない存在感。
さすがです。

他にもたくさんの魅力的なキャラクターが登場します。
これはもう何度観ても楽しめる作品です。
多分劇場にあと3回は観に行くと思います(いや、もっとかも…)
DVDも速攻買いで繰り返しくりかえし観る作品になると思います。
(「ノッティングヒル」「ラヴ・アクチュアリー」がそうだったように…)

今年のナンバー1作品が決まってしまったかな…と思います。
今年に限らず、オールタイムベストにも入るほどですから。

何だかものすごいいきおいで褒めまくった感がありますが、
もちろんこれは好みの問題で、万人受けするか…というところは疑問です。
でも少なくとも、「ノッティングヒル」や「ラヴ・アクチュアリー」が好き、という人、
音楽(特に60年代サウンド)が好きな人、
ラジオが好きな(あるいは好きだった)人、には絶対ぜったい観てほしい映画です。
できれば事前にサウンドトラックをチェックして、
または公式ホームページにも詳しい解説が出ていますし一部の音楽もチェックできますので、少し予習するとより楽しめるかも。

『信じてくれ!
それでも名曲は書き継がれ、歌い継がれていく
それらの曲が世界に奇跡を起こすと!』 ー“ザ・カウント”ー



サントラ,ジェフ・ベック,ザ・フー,ザ・トロッグス,ザ・ボックス・トップス,ザ・ホリーズ,クリス・アンドリュース,ポール・ジョーンズ,ザ・トレメローズ,スキーター・デイヴィス,ダフィー
USMジャパン
¥ 3,066
(2009-10-07)

| 映画 ハ行 | 23:22 | comments(0) | trackbacks(18) |
スポンサーサイト
| - | 23:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
パイレーツ・ロック
 『スウィッチを入れたら 君はもうひとりじゃない。』  コチラの「パイレーツ・ロック」は、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、実在した海賊ラジオ局と監督自身の幼少の頃の思い出からインスパイアされた10/24公開のPG12指定の音楽コメデ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/10/25 5:05 PM |
パイレーツ・ロック   (2009)
&nbsp;1966年、『BBCラジオ』は、ロックの放送を一日45分に制限していた。  &nbsp;&nbsp; 1966年といえば、The Beatlesが来日した年。   イギリスでは、ブリティッシュ・ロックがどんどんスパークしていった頃。。  &nbsp;  ロックを渇望する人
| Chocolat Noir 76 | 2009/10/25 8:37 PM |
パイレーツ・ロック
 イギリス&ドイツ  ドラマ&青春&音楽  監督:リチャード・カーティス  出演:フィリップ・シーモア・ホフマン      トム・スターリッジ      ビル・ナイ      リス・エヴァンス 【物語】  素行不良で高校を退学になったカールは、更正を望
| 小泉寝具 ☆ Cosmic Thing | 2009/10/28 3:58 PM |
『パイレーツ・ロック』 試写会鑑賞
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 素行不良で高校を退学になったカールは、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティンのいる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウントら、クールなDJたちがロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時
| 映画な日々。読書な日々。 | 2009/10/28 10:46 PM |
レッツダンス、ロックンローーール!!〜『パイレーツ・ロック』
 THE BOAT THAT ROCKED  1966年、イングランド。世はブリティッシュ・ロック全盛期、しかしBBCラジ オはロック&ポップを一日45分間のオンエ...
| 真紅のthinkingdays | 2009/10/29 10:44 AM |
パイレーツ・ロック
[E:music]おバカで熱い不良オッサンたちに乾杯[E:wine]公式サイト http://www
| 風に吹かれて | 2009/10/29 3:06 PM |
「パイレーツ・ロック」
「パイレーツ・ロック」、観ました。 風紀の取り締まりに厳しい1960年代のイギリスで、船の上から過激なラジオ放送を行なう、違法海賊放...
| クマの巣 | 2009/10/31 9:28 PM |
パイレーツ・ロック
パイレーツ・ロック 286本目 2009-46 上映時間 2時間15分 監督 リチャード・カーティス『ラブ・アクチュアリー』 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック リス・ダービー ニック・フロスト
| メルブロ | 2009/11/08 5:18 PM |
『パイレーツ・ロック』
昨日は新宿武蔵野館に『パイレーツ・ロック』を観に行ってきました。 この映画、135分もあったんですね。それに何よりも驚いた自分w。 ******************** 『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督が、60年代に実在した海賊ラジオ局をモデルに
| cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー | 2009/11/10 11:02 PM |
パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THAT ROCKED
11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作品です。今週でお終いなので、滑り込みました。 べたべたのイギリス映画ですね。舞台は1966年、イギリスのポ
| 銅版画制作の日々 | 2009/11/19 12:35 AM |
パイレーツ・ロック (2009・イギリス)
これはすごく楽しみにしていた作品(*^_^*) カラフルな映像と、ひとくせもふたくせもありそうなオジサマたちに期待が高まります★
| 白ブタさん | 2009/11/23 12:50 AM |
映画「パイレーツ・ロック」
the boat that rocked イギリス 2009 2009年10月公開 劇場鑑賞 イギリス映画が大好きな自分ですが、その中でもとりわけ好きな『ラブ・アクチュアリー』と同じリチャード・カーティス監督・脚本作品(この人は、これまた大好きな『Mr.ビーン』も手がけてるんで
| Andre's Review | 2009/11/28 1:16 AM |
パイレーツ・ロック
最近、外出が続いても仕事帰りの【寄り道映画館】はご無沙汰だった。 お財布の中にスタンバッていた前売券も出番待ちでくたびれ始め、 気付けば上映期間も終了間近!! ってことて、かな〜〜〜り久々に新宿武蔵野館まで遠征してきた。 そこまでしても、絶対観たかった
| ここにあるもの | 2009/12/10 11:55 AM |
「パイレーツ・ロック」 THE BOAT THAT ROCKED
・ 舞台はブリティッシュポップが世界を席巻していた1966年のイギリス。 音楽的な隆盛と裏腹に唯一の放送局だったBBCでは当時1日45分のみといった具合にポピュラーミュージックの放送が制限されていたため「海賊ラジオ局」がイギリスの法律が及ばない領海外の北海か
| 俺の明日はどっちだ | 2010/01/21 5:50 PM |
mini review 10450「パイレーツ・ロック」★★★★★★★★☆☆
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『ハンニバル・ライジン
| サーカスな日々 | 2010/04/08 11:29 AM |
パイレーツ・ロック
パイレーツ・ロック THE BOAT THAT ROCKED 監督 リチャード・カーティス 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ     ...
| Blossom | 2010/09/17 11:39 AM |
『パイレーツ・ロック』'09・英
あらすじ1966年、イギリス。ラジオが流すポピュラー・ミュージックは1日45分。そんな中、海の上から24時間ロックをかけるゴキゲンな海賊ラジオ局が現れた・・・。感想下ネ...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/10/19 11:48 PM |
海賊オケ
「オーケストラ!」 「パイレーツ・ロック」 
| Akira's VOICE | 2010/11/14 10:56 AM |