CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「きみがぼくを見つけた日」 | main | 「それぞれの空に」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」
JUGEMテーマ:映画
 
ジェイン・オースティン作品の映画化されたものは何本か観ています。
去年観た「ジェイン・オースティンの読書会」も面白かった…。
でも、ジェイン・オースティン自身については、生涯独身だったこと、6本の長編小説を残して比較的早くになくなったこと…ということくらいしか知りませんでした。
小説はどれも恋愛や結婚がテーマなので、もちろんそういったことと全く無縁だったとは思いませんでしたが、こういう秘話があったとは…。
とは言っても、残っているわずかな資料から想像し創られたフィクションという捉え方が適切なのかもしれませんが…。

実際のジェイン・オースティンは地味な容貌だったそうなので、美しいアン・ハサウェイが演じること自体ロマンティックなフィクションです。しかも恋の相手トーマス・ルフロイにジェームス・マカヴォイとくれば、嫌でも期待が高まります。
公開は2007年でしたから2年待たされたわけです。
でも待った甲斐がありました。
とてもステキなラブストーリーでした。

もちろん、ジェーンは生涯独身だったという事実がありますから、ルフロイ氏とは結ばれませんが、
その出会いから別れまで、一連の出来事をとおして、ジェイン・オースティンという小説家がどのように誕生し、なぜあのようなテーマの作品を書き続けたのかという理由、またいくつかの登場人物やエピソードの生まれた原風景を見たように思います。
原題は「Becoming Jane」若い娘ジェインが小説家ジェイン・オースティンになる過程をロマンティックに描いていました。

ジェインの生み出すキャラクターたちは、なぜ紆余曲折あっても最後は愛する人と結婚できるのか…。
なんだかちょっと切ないけれど、その理由もわかりました。

「いつか晴れた日に」「プライドと偏見」「ジェイン・オースティンの読書会」など一連のジェイン・オースティンがらみの作品が面白かったと感じた方なら、この作品もおすすめです。
ジェイン・オースティン作品が現代にも読み継がれているのは、女性にとって恋愛や結婚という問題に直面したときに抱く思いが今も昔もさほど変わらないからだと思います。
この「Becoming Jane」にも共感できる部分はきっとたくさんあるのではないでしょうか。


| 映画 サ行 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
| - | 20:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/498
トラックバック
ジェイン・オースティン 秘められた恋
こんな恋もあったかも公式サイト http://jane-austen-movie.jp2003年に伝
| 風に吹かれて | 2009/11/05 3:07 PM |
ジェイン・オースティン 秘められた恋
 『それは、彼女を作家へと駆り立てた 生涯ただ一度の、激しくも切ない恋だった。』  コチラの「ジェイン・オースティン 秘められた恋」は、伝記作家ジョン・スペンスの「ビカミング・ジェイン・オースティン」をベースに、「キンキーブーツ」のジュリアン・ジャ
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2009/11/08 6:06 PM |
ジェイン・オースティン 秘められた恋
1795年、イギリス。 オースティン家の次女ジェイン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄の良い地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス...
| 心のままに映画の風景 | 2009/11/20 7:12 PM |
ジェイン・オースティン 秘められた恋 (2007・イギリス/アメリカ)
2007年製作のこの作品。 ようやく日本公開デス☆ まちかねてました、ホントに{%がっかりwebry%}
| 白ブタさん | 2009/11/23 11:32 PM |
ジェイン・オースティン/秘められた恋★★★☆劇場146本目:...
11/27のレイトショーで観た映画の感想です。イギリス女性を、アン・ハサウェイが演じることに少し違和感を感じていたのですが、映画を観ていたら、そんな心配は無用で、ジェームス・マカヴォイとの2ショットがしっくりときてました。イギリスの18,19世紀は、日
| kaoritalyたる所以 | 2009/12/06 9:32 AM |
ジェイン・オ―スティン 秘められた恋(2007)
 原題:Becoming Jane原題を直訳すると、ジェイン・オースティンになるという意味です。つまり若き日のジェインの秘めた恋にだけ焦点を当てているだけでなく、聡明な女性ジェインが後にイギリス文学史上最高の小説家と評価されるまでの間のジェインについて描かれてい
| 銅版画制作の日々 | 2009/12/28 5:43 PM |
ジェーン・オースティン 秘められた恋
「ジェーン・オースティン」の小説はどうしてこんなに愛されているのでしょう? 彼女の作品の多くがドラマ化・映画化、再映画化されているのは勿論のこと、 「高慢(プライド)と偏見」を基に「ブリジット・ジョーンズの日記」が作られ、 映画「ジェーン・オースティンの
| 映画の話でコーヒーブレイク | 2010/04/20 4:22 PM |
ジェイン・オースティン 秘められた恋
レンタルで鑑賞―【story】1795年、イギリス。オースティン家の次女ジェイン・オースティン(アン・ハサウェイ)は、裕福で家柄のいい相手との結婚を望む両親に迫られ、地元の名士レディ・グリシャム(マギー・スミス)の甥との結婚をしぶしぶ検討。しかしそんな中、ジ
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/06/02 9:46 AM |
「ジェイン・オースティン 秘められた恋」(BECOMING JANE)
「きみの心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くても、その実は甘い」(ジェイン・オースティン)−。「高慢と偏見」などの作品で知られ、夏目漱石も絶賛したという英国の女流作家、J.オースティン(1775−1817年)の若き日を綴(つづ)ったラブ・ロマンス「ジェ
| シネマ・ワンダーランド | 2010/06/06 3:24 AM |
mini review 10457「ジェイン・オースティン 秘められた恋」★★★★★★☆☆☆☆
「高慢と偏見」などで知られるイギリスの女流作家ジェイン・オースティンに迫る伝記ラブストーリー。監督は『キンキーブーツ』のジュリアン・ジャロルド。ジェインを『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、その一世一代の恋の相手となる青年トムを『つぐない』のジェ
| サーカスな日々 | 2010/06/08 8:55 AM |
ジェイン・オースティン 秘められた恋
マカヴォイに恋をする・・・
| 悠雅的生活 | 2010/08/30 10:24 PM |
『ジェイン・オースティン 秘められた恋』'...
あらすじ裕福な名家へ嫁ぐことが女の幸せとされた18世紀のイギリス。ジェインは愛のための結婚を望み、小説執筆に情熱を注いでいた。そんな彼女がついに恋に落ちるが・・・。感想...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/09/18 3:59 PM |