CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「Disney's クリスマス・キャロル」 | main | 「賢く生きる恋のレシピ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「脳内ニューヨーク」
JUGEMテーマ:映画
   
チャーリー・カウフマン初監督作品。
主演はフィリップ・シーモア・ホフマン。
なかなか難しい…。
人は死ぬとき、脳内に自分の一生が走馬灯のように流れる、という話を聞いたことがあります。
この映画はそんな作品かな…と思います。

思い出すのは、あくまでも自分ですから主観の世界です。
他人は“自分が解釈したところのその人”ですから、ある意味自分自身の投影でもある…と、そんなことを考えました。

ニューヨーク(あるいはトウキョウでも良いのですが)
これだけ多くの人がひしめきあって生きている場所で、
そこに繰り広げられる世界は一つではなく、生きている人の数だけ世界がある、とも言えるような…。

原題の「Synecdoche New York」
シネクドキは“比喩”の一種で、部分が全体を、または全体がその一部を表しているというような意味合いだそうです。

「人はだいたい同じ」
「人は一人ひとり違う」
この二つは前後の文脈が違えば、両方とも「そうかもね」と思える言葉です。
「人は孤独なものだ」
「人は独りでは生きていけない」…これも同様。

個性的で平凡、
寂しがりやで人付き合いの苦手な舞台演出家ケイデンを
フィリップ・シーモア・ホフマンは見事に演じていました。

脇をかためる女優さんが、また素晴らしかった…。
妻アデルにキャスリーン・キーナー。
劇場スタッフ、ヘイゼルにサマンサ・モートン。
出演女優クレアにミシェル・ウィリアムズ。
セラピストにホープ・デイビス。
その他、エミリー・ワトソン、ダイアン・ウィーストなどなど。

一筋縄ではいかない奇抜なストーリー。
娯楽性…という意味では厳しいですが、ちょっといつもと違う脳内体験をしてみたいという方には良いかも。



| 映画 ナ行 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:41 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック