CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「バレンタインデー」 | main | 「新しい人生のはじめかた」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「50歳の恋愛白書」
JUGEMテーマ:映画
 
原題は“THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE
いろいろなところで言われていますが、この邦題はちょっと…。
「恋愛白書」を期待して観に来た観客は戸惑うでしょう。

とても奇妙な物語でしたが、なかなか面白かったです。
主人公ピッパ・リーの尋常とは言い難い半生を描いています。
演じているロビン・ライト・ペンは美しかったなぁ…。

50歳にして、やっと母親(の亡霊)から解放されて自分の人生を歩み始める女性のお話だと解釈しました。

情緒不安定なジャンキーの母親と、そんな妻の様子を見て見ぬふりをする父親、外から見るぶんには全く普通にしか見えないけれど破綻しきった家庭に育ったピッパが、母親の機嫌に振り回される毎日から逃れようと、マンハッタンに住む叔母の家に移り住み、さまざまな出会いを経て(という一言で片付けるには波乱に満ちていますが…)30歳年上の有名編集者と結婚し“理想的な妻”という座に落ち着き、さらにその30年後、いくつかのきっかけが絡んで、その“理想的な妻”の座を降りて、生まれて初めて自分の意志で歩み始める…
平たく説明すると、こんな感じだと思います。

この作品のみどころの一つは豪華なキャスティング。
ピッパの若いころを演じているブレイク・ライヴリーは“トラベリング・パンツ”シリーズのビー(ブリジッド)を演じていた女優さん。(邦題は「旅するジーンズと16歳の夏」「旅するジーンズと19歳の旅立ち」でした)
ロビン・ライト・ペン同様の美しさと伸び伸びとした演技で輝いていました。

夫ハーブ・リーを演じていたのはアラン・アーキン。
いつも一風変わった人物を演じることが多い俳優さんですが、今回はストレートな感じで、それが返って新鮮でした。

ピッパの人生を変えるきっかけのひとつとなるクリスという青年との出会い。
このクリスを演じたのがキアヌ・リーヴス。
余談ですが、以前「恋愛適齢期」というナンシー・マイヤーズ監督作品で、年上の女性(ダイアン・キートン)と恋に落ちる青年医師をキアヌが演じていて、この“恋愛白書”という邦題から、ナンシー・マイヤーズのテイストを期待して劇場に足を運んだ人がいたんじゃないかと思うと何とも気の毒な気分になります…。
この作品のキアヌは“かなり変わった人”でした。

もう一人、ピッパの人生を変えるきっかけをつくるトラブルメーカーな女性サンドラ。
演じていたのはウィノナ・ライダー。
スクリーンで観たのは久しぶりですが、何だかこういった狡猾で滑稽なトラブルメーカーが板についてきたように感じました。

ティーンエイジャー・ピッパの人生を変えるきっかけをつくる女性カットにジュリアン・ムーア。
ピッパが母親から逃れるために叔母を頼ってマンハッタンに移り住みますが、その叔母のルームメイトであり恋人なんですね〜このカットは…。
こんなジュリアン・ムーアは初めて見ました…。

母親役のマリア・ベロ。ハーブの元妻役のモニカ・ベルッチ。
共にものすごいインパクトでした。

こんな豪華俳優陣が集まったのも脚本・監督がレベッカ・ミラーだから…ということでしょうか。
劇作家アーサー・ミラーの娘でありダニエル・デイ=ルイスの妻。
エンターテインメント業界ではかなり独特なポジションなのではないでしょうか。

また、エンドロールで初めて知ったのですがエグゼクティブ・プロデューサーにブラッド・ピットの名が…。

かなり変わった物語なだけに賛否両論、きっぱりと分かれるタイプの作品だと思いますが、キャラクター設定がしっかりした人間ドラマなので見応えがあって満足度は高かったです。



| 映画 カ行 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 22:35 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/528
トラックバック
50歳の恋愛白書 (試写会)
今の私 無理しすぎてない?公式サイト http://50love.gaga.ne.jp2月5日公開監督・脚本は、原作の著者でもあるレベッカ・ミラーエグゼクティブ・プロデューサー: ブラッド・ピットピッ
| 風に吹かれて | 2010/02/17 1:51 PM |
50歳の恋愛白書
人生半分過ぎたら、やりたいことだけやろう。 原題 THE PRIVATE LIVES OF PIPPA LEE 製作年度 2009年 上映時間 98分 原作:脚本;監督 レベッカ・ミラー 音楽 マイケル・ロハティン 出演 ロビン・ライト・ペン/アラン・アーキン/マリア・ベロ/モニカ・ベルッチ/ブレイク
| to Heart | 2010/02/20 1:45 PM |
『50歳の恋愛白書』
  □作品オフィシャルサイト 「50歳の恋愛白書」□監督・脚本・原作 レベッカ・ミラー □キャスト ロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーヴス、ジュリアン・ムーア、ウィノナ・ライダー、モニカ・ベルッチ、ブレイク・ライヴリー、アラン・アーキン■鑑賞日
| 京の昼寝〜♪ | 2010/02/23 12:07 PM |
50歳の恋愛白書
 『50歳の恋愛白書』を日比谷のみゆき座で見てきました。  時間が空いたので、アラフィフの恋愛模様を描いたお気楽な映画でも見ようか、ということで足を運んだところ、邦題から思い描いていたストーリー(キアヌ・リーヴスを中心とする甘いラブストーリー)とは大違
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2010/02/28 5:56 AM |
50歳の恋愛白書  (2009)
今頃ですが、数週間前に観た作品を。最近これくらいの年代を主人公にした恋愛もの、増えましたね。原題は『The Private Lives of Pippa Lee』。"Pippa Lee"の"Lee"は、主人公の結婚後の名字。"Life"ではなく"Lives"と言うとこ
| Chocolat Noir 76 | 2010/02/28 10:36 AM |
50歳の恋愛白書
50歳の恋愛白書 (2009)今回の映画は、「50歳の恋愛白書」です。本作「50歳の恋愛白書」は、良き妻で良き母でもある50歳の女性が、人生の転機を迎える姿を描く人間ドラマです。監督は、アーサー・ミラーの娘でダニエル・デイ=ルイス夫人のレベッカ・ミラー。5...
| 映画ガイド「やわらか映画」 | 2010/03/16 11:37 PM |
『50歳の恋愛白書』'09・米
あらすじピッパ・リー、50歳、2人の子供を育て完璧な妻を30年近く演じてきたが・・・。感想年齢に偽りあり!『美しい人』のロビン・ライト・ペンは50歳の役ですが、映画公開...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2011/02/25 7:15 AM |