CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ウディ・アレンの夢と犯罪」 | main | 「フィリップ、きみを愛してる!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「マイレージ、マイライフ」
JUGEMテーマ:映画
 
「サンキュー・スモーキング」ではタバコ産業界のロビイスト。
「ジュノ」ではティーンネイジャーの妊娠と出産。
アメリカの“今”を描く若手監督ジェイソン・ライトマンの新作ということで楽しみにしていました。
今回もその手腕に感銘を受けました。
前2作が面白かったという方ならきっと楽しめる作品だと思います。
これからご覧になるという場合は「エンドロールに流れる曲をお聴き逃しの無いよう」とお伝えしたいです。

今年のオスカーでも主演男優にノミネートされていたジョージ・クルーニーをはじめ、助演女優賞にノミネートされていたヴェラ・ファミーガ、アナ・ケンドリックス両名、その他のキャスティングも素晴らしく、一人ひとりのキャラクターがしっかりと描かれていて、あらゆる場面に人として共感できる(たとえ考え方は正反対だとしても)ポイントがちりばめられていました。

ただ、残念だったのは公開初日ということもありお客さんは多かったのですが、劇場から出るとき「だからなんなの?」「いまいちじゃない?」という声があちこちから聞こえてきたこと…。
まぁ、好みの問題もあると思いますが…。
ジェイソン・ライトマン監督の作品は物語を額面通り受け取るのではなく、ちょっと深堀してその背景に含まれるもうひとつ大きい物語を汲み取ってこそ味わえる魅力があって、それを掴むのに、今回は字幕が妨げになってしまったのではないかと感じました。
映画の字幕って、スピードや文字数の制約もあり、とても大変な作業だとは分かっているのでこういうことを書くのはとても僭越な気がしますし、心が痛むのですが、この作品についてはとても残念に感じた箇所が幾つもあったのであえて書いておこうと思います。
ネタバレを含みますので、閲覧ご注意ください。




すべての例をあげるのも無理なので一つだけ具体的に書きます。
エンドロールで流れる歌の歌詞について。

この作品では劇中流れる音楽の歌詞が、物語の背景を補足していたので、歌詞の翻訳というのが重要なファクターを握っていたと思います。
当然、途中流れる音楽にも字幕がついていて、それはとても良かったと思うのですが、
エンドロールで流れるタイトルナンバーとも言える「Up In The Air」という歌。
これは実際にリストラにあった50代の男性がライトマン監督に贈った歌とのこと。
脚本を書く際にインスピレーションの源になったナンバーだと思われます。
この「Up In The Air」を終止「宙ぶらりん」と訳してしまったのはいただけません。
ジョージ・クルーニーの最後のセリフとつなげて、後半は「空の上から」ものごとを俯瞰して見る、というニュアンスをどこかしらで加えてて欲しかったです。

ラジオ番組で映画評論家の町山智浩さんが「この作品のジョージ・クルーニーは“死の天使”なんです」とおっしゃっていましたが、私も同感です。
リストラをされた人にそれを告げる「死の天使」という役割がライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)の仕事であり、その「死の痛み」をできるだけ和らげ、苦痛を取り除くことが使命なわけで…
リストラされた今この瞬間にとらわれず、人生を俯瞰して見る(さらに言えば「神の視点」ということですが…)ということの必要性を相手に合わせ、手を変え品を変え伝えていくライアンの仕事を見ながら観客はタイトルの意味する「Up In The Air」のニュアンスを掴んでいくわけです。
しかし、ただでさえ宗教的視点を汲み取るのが苦手な日本人(ステレオタイプとしてです。もちろん例外もあります)にそのニュアンスを汲み取らせるのに、字幕が肝心なところを落としてしまっているケースが目立ちました。
その上、最後の歌詞を“宙ぶらりん”と訳してしまったので、この作品のテーマである“再生”というニュアンスをすっかり見過ごさせてしまう結果につながったと思えるのです。

ライアン・ビンガムが“死の天使”という見方で眺めると、サム・エリオット演じるAAの機長が言うならば“神”であり、二人の邂逅はライアン・ビンガムが決定的な変化を迎えるための必要不可欠な通過儀礼だったと捉えることができます。
たとえ機長の口から出た言葉が“クリシェ”であったとしても…。
(この辺のシニカルさが、ジェイソン・ライトマンの面白いところ!)

ライアン・ビンガムは“バックパック・フィロソフィー”の講演を、もう二度としないであろうし、ラストシーンの空港で時刻表を見上げる場面から、まさに今度は彼自身の“再生”が始まり、そのことがあの結びのセリフにつながっていくわけです。
これを“再生”と見ずに、単なる“シニカルな結末”と受け取ってしまった観客が「だからなんなの?」とつぶやいてしまうのではないかと思いました。
とても残念です。

個人的には「サンキュー・スモーキング」「ジュノ」同様に時代を映す佳作だったと感じました。
その時代は日本でも決して無関係じゃないだけに、多くの人に見てほしい、そして物語の奥にある意味も掴んだ上で一緒に考えてほしい映画だと思いました。



| 映画 マ行 | 18:57 | comments(7) | trackbacks(26) |
スポンサーサイト
| - | 18:57 | - | - |
コメント
up in the airにはundecidedという意味があります。だから『宙ぶらりん』の訳に繋がったんだと思います。アメリカ人って家族の繋がりを大事にしていますから、ひとりで各地を点々としている彼の状態を皮肉っているのかも、って思いました。「空の上」と「決められない」の二つの意味を含んでいるのかなぁと...違うかな?
| naoko | 2010/03/25 8:39 AM |
naokoさん。こんにちは。お元気ですか?
naokoさんならではのタイムリーなコメント、感謝です!
そうですよね。二つの意味を含んでいるというところが大切なポイントだったと思います。

ライアンの暮らしは、いわゆる「地に足がつなかい」という状況で、その意味では確かに「宙ぶらりん」なのですが、あの歌の歌詞の中にも「ただ状況を嘆いて、愚痴の言い合いをしている輩の中に埋もれずにup in the airでいよう」という部分もあったので、せめて歌の後半はそのニュアンスを含ませてほしかったなぁ…と思ったんですよ。

でも、不評だったのはIKSのシネコンだけで、トラックバックを貼ってくださるブロガーの皆さんの感想は概ね良い内容が多いので、良かったなぁと思っています。


| Yukiko T. | 2010/03/25 10:40 AM |
TB有難うございました。
この映画観賞後に、思わず自分の重荷を
全て捨て去って、必要最小限の人間関係、
絆を深めたいと考えてしまいました。
現代社会に蔓延している問題を上手く物語に
反映していていました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
| シムウナ | 2010/04/04 8:00 PM |
初めまして。
先日、この作品を観てきました。その際、「up in the air」が「宙ぶらりん」と訳されていたことでかなり頭を悩ませていたのですが(それじゃあジョージ・クルーニーの役所がただの「可哀相な人」みたいじゃないの、と…)、こちらの記事を読ませて頂き、疑問が氷解しました。
どうもありがとうございました。
| kamiushi | 2010/04/09 1:53 AM |
kamiushiさん、初めまして。
コメントありがとうございました。

この記事、「ちょっと僭越なことを書き過ぎたかな…」と思っていたのですが、kamiushiさんのコメントとブログを拝見して救われました。
こちらこそ感謝します。

シアターを出るとき、後ろにいた女性客グループが「だからなんなの〜?」「これで感動しろって?無理〜」と話していて、kamiushiさんのおっしゃるとおり“ただの可哀想な人”と捉えられているのが悲しくて、ついエキサイトして語ってしまったのでした。

そうですよね。ジョージ・クルーニーはアズラエルですよね。
| Yukiko T. | 2010/04/09 7:46 AM |
はじめまして。

ジョージ・クルーニーの再生というのは、おもしろい視点です。

私はどちらかというと、シニカルな見方をしました。というのも、ジョージ・クルーニーが目標を達成して機長と話した時点で、すでに彼にとって目標は意味を失っていたからです。

私がマイレージ、マイライフに見たのは、心情の変化によって世界が違ったものに見えてしまうことです。ジョージ・クルーニーにせよ、妹の結婚相手にせよ、心情が変わることで、物の見方が変わり、自分の進むべき道のあり方も変わります。
| naotomo | 2010/05/02 1:12 AM |
naotomoさん、はじめまして、こんにちは。
コメントをありがとうございました。

心情の変化によってものの見方が変わり、進む道が変わる…という風に見た点は私も一緒です。

ジョージ・クルーニーについてシニカルな見方をする人が多いようですね。
いろんな方のブログを拝見して、受け止め方の違いを感じています。

ひとつにはAAの機長さんとの会話。
確かにライアンは大きな目標を達成してしまった後の虚脱感を味わうことになったと思います。
しかしあの会話は彼にとって大きな意味があったと、私は受け止めております。

機長の言葉は「あなたの忠誠心に感謝します」とAAのポスター通りの“決まり文句”でした。
“決まり文句”と言えばリストラ宣言をするときにライアンも「多くの偉大なことを成し遂げた人々も苦難を乗り越え…」という言葉を使っていました。
新人のアナ・ケンドリックスが全く同じ“決まり文句”を真似して言いますが、とても空々しくて、相手の心に届いていません。(結果的にそれによって一人の女性が自ら命を絶ってしまいます)
ライアンは同じ“決まり文句”でも、“誰の口からその文句が出るか”で心に届くかどうかが決まる、ということを悟ったのだと思います。
と、同時に自分の役割をも悟ったのだと…。

なので、あのラスト。
確かに寂しいシーンではありますが、自分の役割を受け入れ、地上の人々が温かい団らんを楽しむ時間に空の上にいる(Up in the Air)自分を肯定的に語ったのだと思います。
これから先、自分にも温かいコミュニケーションを交わす相手が現れるのか現れないのかは分からないけれど、その価値を知ってしまった今、もう「バックパックフィロソフィー」には戻れない、ということもわかっているので「先が思いやられる…」と感じながらも前に進み始めた…という風に捉えました。

以上、“再生”と受け取った理由を書いてみました。
文字にするのはなかなか難しいです〜。
naotomoさんのサイトを拝見して、ご自身の見方を的確にまとめていらっしゃってすごいなぁ…と思いました。
| Yukiko T. | 2010/05/02 8:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
映画「Up in the Air (マイレージ、マイライフ)」(2009年、米)
    ★★★★☆   リストラ請負会社に勤めるRyan Bingham( George Clooney )は、 アメリカ国内を飛び回り、首を宣告して回っている。 ドライでクールな彼の唯一の楽しみは 航空会社のマイレージを貯めること。 ある空港で同じように仕事で全国を回っている 女性A
| 富久亭日乗 | 2010/03/22 7:29 AM |
マイレージ、マイライフ
『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督がジョージ・クルーニーを 主演に迎えて、同名小説を映画化した人間ドラマ。 リストラ宣告人として全米中を飛び回り、気ままな人生を送ってきた主人公 が、ある女性と出会ったことがきっかけで、今までの生きざまがかわ
| だらだら無気力ブログ | 2010/03/23 12:56 AM |
マイレージ、マイライフ
Up in the Air (2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー/ヴェラ・ファーミガ/アナ・ケンドリック/ジェイソン・ベイトマン あなたの“人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか? 「JUNO/ジュノ」「サンキ
| 小部屋日記 | 2010/03/23 11:05 PM |
映画『マイレージ、マイライフ』劇場鑑賞
 久しぶりに映画館へ行って来ました。観て来たのはジョージ・クルーニー主演の『マイレージ、マイライフ(英題:UP IN THE AIR)』です。  本...
| 続・蛇足帳〜blogばん〜 | 2010/03/24 11:34 PM |
『マイレージ、マイライフ』の宙ぶらりん人生
 退職を勧告するのは命がけである。  クビになる従業員が、勧告を冷静に受け止めるとは限らない。  米国在住歴の長い吉田耕作氏は語る...
| 映画のブログ | 2010/03/25 6:44 AM |
マイレージ、マイライフ
人生のバックパックにあなたは何を入れますか? [E:airplane]公式サイト http://www.mile-life.jp 同名小説(ウォルター・カーン著)の映画化監督: ジェイソン・ライトマン
| 風に吹かれて | 2010/03/25 2:35 PM |
マイレージ、マイライフ
 『あなたの”人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか?』  コチラの「マイレージ、マイライフ」は、年間322日も出張で飛び回るマイレージ依存症のリストラ宣告人ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)が、人とのつながりを求めずに生きて来た人生
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/03/27 9:13 PM |
マイレージ、マイライフ
うってつけのジョージ・クルーニー 【Story】 仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージ...
| Memoirs_of_dai | 2010/03/27 9:39 PM |
マイレージ、マイライフ [映画]
【UP IN THE AIR】 2010/03/20公開 アメリカ 109分監督:ジェイソン・ライトマン出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、ダニー・マクブライド、メラニー・リンスキー、エイミー・モートン、サム・エリオット
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2010/03/27 10:39 PM |
マイレージ、マイライフ(2009)
 原題:UP IN THE AIR 原題の意味は、飛行機での旅と「何かが宙ぶらりんで決まっていない」という意味を兼ねているそうです(Keri先生のフォトシネマエッセイから抜粋) 東宝シネマズ二条にて鑑賞。「サンキュー・スモ―キング」、「JUNO/ジュノ」でお馴染のジェイソ
| 銅版画制作の日々 | 2010/03/29 1:02 AM |
『マイレージ、マイライフ』
  □作品オフィシャルサイト 「マイレージ、マイライフ」□監督・脚本 ジェイソン・ライトマン □脚本 シェルダン・ターナー □原作 ウォルター・キルン □キャスト ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリッ
| 京の昼寝〜♪ | 2010/03/29 8:43 AM |
それでも人生は続く・・・。『マイレージ、マイライフ』
企業からの依頼でリストラ宣告をする為にアメリカ中を飛び回るひとりの独身男性の物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2010/03/29 10:40 AM |
マイレージ、マイライフ   (2009)
身近にある様々な問題を上手に織り上げたジェイソン・ライトマン監督の作品。とても見応えがありました。予告編のイメージから、軽快でシニカルなコメディのように思っていましたが、いろんな人間関係が織り込まれた人間ドラマでした。それでも、表現はウェットな感じで
| Chocolat Noir 76 | 2010/03/31 12:17 PM |
[映画『マイレージ、マイライフ』を観た]
☆近所の<MOVIX昭島>や<ワーナーマイカル日の出>・<ワーナーマイカル武蔵野ミュー>で公開されている作品は軒並み観てしまったか、その他のは、あまりにも下らなさそうなので、<立川シネマシティ>まで、面白そうなのを観に行った。    ◇  ・・・ジョ
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2010/04/03 1:03 AM |
No.212 マイレージ、マイライフ
自分の人生を振りかえってしまうほどの作品でした。 慌ただしい生活の中で、足を止めて詰め込んだ荷物、 ”重荷”を全て捨て去り、身を軽くしてしまい、 自由になりた〜いと観賞後は考えてしまった。
| 気ままな映画生活 | 2010/04/03 4:25 PM |
マイレージ、マイライフ
Up in the Air (2009年) 監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック 解雇通告請負人としてアメリカ中を旅している男の物語。 アメリカ人が最も尊ぶ家庭というものに全く興味を示さず、1年のうち300日以上は出
| Movies 1-800 | 2010/04/05 9:41 PM |
■映画『マイレージ、マイライフ』
『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン監督の新作は、独身主義者のリストラ宣告人中年男性を主人公にした映画『マイレージ、マイライフ』。 リストラ宣告人が主役なんて、世の中本当に不況ですなぁ。。。 こういう不況時、帰るべきところって、…結局そこなの
| Viva La Vida! | 2010/04/05 10:55 PM |
映画<マイレージ、マイライフ>
彼の名前は、 ライアン・ビンガム。 1年で322日出張し、 その飛行距離は月よりも遠い35万マイル。 みんなが嫌がる出張生活も、 彼にとっては寛げる我が家のようなもの。   この文句に惹かれて、見に行った映画でした。 旅行好きのみゅうみゅうは
| 美味−BIMI− | 2010/04/09 11:37 AM |
宙ぶらりんの僕の人生〜『マイレージ、マイライフ』
 UP IN THE AIR  リストラ宣告人のビンガム(ジョージ・クルーニー)は年間322日も出張し、 1000万マイル貯めることだけを目標に生きる独身...
| 真紅のthinkingdays | 2010/04/23 9:13 PM |
マイレージ、マイライフ
 『マイレージ、マイライフ』を渋谷のヒューマントラストシネマで見ました。  この映画がゴールデングローブ賞(脚本賞)を受け、アカデミー賞の作品賞などにノミネートされたこともあって、見に行ってきました。 (1)JAL問題が世間を大きく騒がせているときに、“マ
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2010/04/25 6:52 AM |
「マイレージ、マイライフ」   up in the air
・ 実際にそんな仕事があるのかわからないけれど「敏腕リストラ宣告人」として全米を飛び回り、家族や煩わしい人間関係を避け自由気ままに人生を謳歌していた主人公が、対照的な二人の女性との出会いをきっかけに、それまでの自分の生き方や人との係わり合いを見つめ直
| 俺の明日はどっちだ | 2010/05/10 8:41 AM |
『マイレージ、マイライフ』’09・米
あらすじライアン・ビンガム。職業・凄腕リストラ請負人。企業に雇われて余剰人員に引導を渡すため全米を駆け巡り、年間出張322日。飛行機とホテルが愛する我が家だったが・・・...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/05/22 11:10 PM |
マイレージ、マイライフ
『マイレージ、マイライフ』 ---UP IN THE AIR--- 2009年(アメリカ) 監督:ジェイソン・ライトマン 出演: ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、サム・エリオット 企業のリストラ対象者に解雇を通告する“リストラ宣告人”の仕事で
| こんな映画見ました〜 | 2010/05/24 11:13 PM |
マイレージ、マイライフ
マイレージ、マイライフ’09:米◆原題:UP IN THE AIR◆監督:ジェイソン・ライトマン「JUNO/ジュノ」「サンキュー・スモーキング」◆出演:ジョージ・クルーニー、ジェイソン・ベイトマン、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ダニー・マクブライド◆STORY
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2010/06/02 1:20 PM |
マイレージ、マイライフ
ジョージ・クルーニーがあまり好きではないので この映画に興味がわかなかったのですが、 別の映画を観に行った時に隣でやっていて 人が結構入ってたので気になってました。 ジョージ・クルーニーはアカデミー主演男優賞でノミネートされてました。 一応、観ておき
| 映画、言いたい放題! | 2010/08/11 4:07 PM |
マイレージ、マイライフ/Up in the Air(映画/DVD)
[マイレージ、マイライフ] ブログ村キーワードマイレージ、マイライフ(原題:Up in the Air)キャッチコピー:あなたの“人生のスーツケース” 詰め込みすぎていませんか? 製作国:...
| 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評 | 2010/09/13 2:13 PM |