CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「月に囚われた男」 | main | 「オーケストラ!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
午前十時の映画祭「雨に唄えば」
JUGEMテーマ:映画



ジーン・ケリーが大好きなので、
何度観たかわからないくらい観ています。
劇場で上映されることも過去に何度かあって、
大きなスクリーンで観るのも初めてではありませんでした。
でも、これまでの中で一番感動しました。

画質も音も今まで鑑賞した中で一番良かったです。
何度も何度も観たはずの名場面も、何だかとても新鮮で、
雨でずぶ濡れのジーン・ケリーの幸せそうな笑顔に胸がいっぱいになりました。

ジーン・ケリー&ドナルド・オコナーの息の合ったダンス、
デビー・レイノルズの初々しさ、
すべてがキラキラと輝いて見えて至福のときを味わいました。

この映画祭には本当に心から感謝しています。

全くの余談になりますが、観終わってふと考えたことがあります。

新しい技術の黎明期、
(この映画で言うと、サイレントからトーキーへ)
はなからバカにする批評家たち、
勝手が違うことに戸惑うクリエイターたち、
熱狂的に受け入れる一般大衆、
この構図って、何かに似ている…

そうか…今、個人的にとても注目している“電子書籍”の今後だ…。
批評家たちがどんなに冷たくあしらおうと、
大衆がそれを望めば、新たな時代はきっと来る。
ちょっと希望を感じました。

| 映画 ア行 | 23:10 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
コメント
こんにちは。

私もこの『雨に歌えば』、大好きです!
自分のブログにも、去年の梅雨かな?このシーンの動画を
UPしたくらいです(笑)
どんな気分の時でも、あのシーンを観ると、いつのまにか
幸せな気持ちでいっぱいになるんですよね。。。

隙のない完璧さでありながら、観るものに窮屈な感じを
与えない流れるように優美な動きと表情。
先日『ロシュフォールの恋人』を観ましたが、やはり
ジーン・ケリーの美しい身のこなしは際立っていました。

観る人をポジティブな気持ちにしてくれる、そういう作品
を作ってくれる人たちに心から感謝しています。
| Soffy | 2010/04/15 4:08 PM |
Soffyさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
Soffyさんも、この映画、そしてジーン・ケリーがお好きなんですね。
『ロシュフォール』もステキですよね〜…

今回、本当に今までで一番感動したんです。
画質がとてもきれいになっていて、衣装の質感の見え方までもが違ったせいか、動きがなめらかに感じました。
Soffyさんのおっしゃるとおり、

>隙のない完璧さでありながら、観るものに窮屈な感じを与えない流れるように優美な動きと表情。

そのものでした。
| Yukiko T. | 2010/04/15 9:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
雨に唄えば
 コチラの「雨に唄えば」は、言わずと知れた名作ミュージカル映画なのですが、実を言うとこの「雨に唄えば」も初めての鑑賞なんです〜(^-^;  もちろんあのどしゃ降りの雨の中タイトル曲「雨に唄えば」をドン・ロックウッド(ジーン・ケリー)が歌い、傘をくるくると
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/04/14 6:05 AM |