CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「アリス・イン・ワンダーランド」3D字幕 | main | 「モリエール 恋こそ悲劇」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「17歳の肖像」

JUGEMテーマ:映画
 
みずみずしくて、危なかしくて、痛々しくも輝いている17歳。
アカデミーで主演女優部門にノミネートされていたキャリー・マリガンの圧倒的な存在感に打ちのめされました。

時代は1961年から62年にかけて。
16歳から17歳へ。主人公ジェニーの青春が始まる瞬間のお話です。
私たちが今、「60年代」と聞いて連想する解放された自由奔放な若者像は63年以降の姿らしいのです。
1963年…ビートルズの人気が上昇しはじめ、ローリング・ストーンズも現れ、「チャタレイ夫人の恋人」がベストセラーになった時代。
その直前の62年に、彼女は何を学び、大人への一歩を踏み出したのか…。

第二次大戦の影響が色濃く残る、階級社会の中で、
娘にはせめて学歴という切符を手にして社会に出てほしいと願う両親。
フランスに憧れ、実存主義にかぶれ、人生を模索するティーンエイジャー。
実在のジャーナリストの自伝的手記をもとに、人気作家ニック・ホーンビィが脚本を書いただけあって、隅々までリアルで、登場人物全員の思いがひしひしと伝わってくるドラマでした。

「あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない」

このコピーが胸にしみるクライマックス、
主人公ジェニーの決断に拍手を送りたい気持ちになりました。

原作者リン・バーバーは、その辛辣な文章から“デーモン・バーバー”と恐れられるほどの敏腕ジャーナリスト。
鋭いインタビュー記事に定評があるそうですが、自分自身のことも同様に鋭く切り取ることができた…ということでしょう。

『私は決して彼に質問をしなかった。
今思えば、何もそこまで…とあきれてしまうけれど。
悪いのはカミュね…。
私たち女子学生が実践していた実存主義のルールに
決して質問しない、ということがあったの。
質問をするのは世間知らずかブルジョア、
教養人とフランス人は質問をしない。
私はどうしても教養人になりたかったの』
                   (An Educationより)


もう一つ特筆すべきはサウンドトラック!
衣装や美術とともに、映画を引き立てていたのは選曲の素晴らしさ。
挿入曲もスコアもとてもステキで、アルバムとして通して聞けるCDです。
私のiPodではヘヴィー・ローテーション中。



サントラ,パーシー・フェイス・オーケストラ,ヴィンス・ガラルディ・トリオ,フロイド・クレーマー,ザ・ハンターズ
ユニバーサル ミュージック クラシック
¥ 2,138
(2010-04-07)

| 映画 サ行 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 00:07 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
17歳の肖像
素敵な課外授業の代償公式サイト http://www.17-sai.jp原作: 「An Education」 リン・バーバー脚本・製作総指揮: ニック・ホーンビィ 「アバウト・ア・ボーイ」1961年、
| 風に吹かれて | 2010/04/22 10:41 PM |
『17歳の肖像』 もしや日本にないタイプ?
 前回は、アメリカの貧しい少女が直面した選択肢と、その決断について触れた(「『プレシャス』 貧乏人と金持ちを分けるもの」参照)。  ...
| 映画のブログ | 2010/05/07 12:18 AM |
「17歳の肖像」 AN EDUCATION
・ 舞台はビートルズもまだデビューしていない1961年、ロンドン郊外の町トゥイッケナム。 聡明で美貌にも恵まれ、保守的な両親の元オックスフォード大を目指す16歳の少女がふとしたことから35歳の男と知り合いやがて恋に落ちることで知ることとなる「大人」の世界。 普
| 俺の明日はどっちだ | 2010/05/08 9:15 AM |
■映画『17歳の肖像』
16歳の少女が、ある年上の男性と出会い、恋をしながら大人になって行く姿を描く映画『17歳の肖像』。 17歳まではバージンを守ると決めていた彼女、17歳になって以降は本格的な“大人の恋”に突き進みます。 でも、大人の恋に潜むリスクを見ぬけるほど、17歳はオ
| Viva La Vida! | 2010/05/12 3:45 AM |
17歳の肖像
女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、60年代初頭 のロンドンで暮らす16歳の少女の恋と挫折と成長を描いた青春映画。 多感で好奇心旺盛でパリにあこがれる16歳の少女がひょんなことから出会った 30代の男性と恋に落ち、進学するための勉強しかしてこな
| だらだら無気力ブログ | 2010/05/22 11:37 PM |
ある教育〜『17歳の肖像』
 AN EDUCATION  1961年、ビートルズ登場以前の英国、ロンドン郊外。女子高生ジェニー(キャ リー・マリガン)は、オックスフォード大を目...
| 真紅のthinkingdays | 2010/05/26 7:49 PM |
17歳の肖像
原題は『An Education』、教育とういうことで、誰でもが何時かは通る道というように解釈していいのでしょうか。邦題「17歳の肖像」というには、ちょっとシリアス展開であり、後味もなかなかビターな味わいです。イギリスらしく階層性の厳しい社会事情も
| Art-Mill | 2010/05/29 7:42 AM |
「17歳の肖像」(AN EDUCATION)
デンマーク出身の女性監督で、「幸せになるためのイタリア語講座」で知られるロネ・シェルフィグがメガホンを執った青春ラブ・ロマンス「17歳の肖像」(09年、英、100分、BBCフィルム)。この映画は、英国女性ジャーナリストの回顧録を基にしており、60年代
| シネマ・ワンダーランド | 2010/11/03 2:03 PM |
『17歳の肖像』 映画レビュー
『 17歳の肖像 』 (2009)  監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ...
| さも観たかのような映画レビュー | 2011/03/10 2:39 PM |