CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「タイタンの戦い」 | main | 福岡ハカセの「ルリボシカミキリの青」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ファンボーイズ」
---
ビデオメーカー
¥ 3,044
(2010-05-12)

JUGEMテーマ:映画
 
こんな面白い作品が、一週間限定上映というのはもったいない…。
ミニシアター系で普通に公開できるレベルの出来だったと思います。
スターウォーズのファンが楽しめるのはもちろんですが、それ以外の人でも、この二つに当てはまる人にはおすすめできます。

1. ロードムービーが好きな人
2. 対象は何であれ、トリビアまで知り尽くすほど何かにハマった経験がある人

1998年のハロウィーンから始まる物語。
翌年に「エピソード1 / ファントム・メナス」の公開がひかえている…という時期です。
末期がんで余命宣告を受けた仲間の「死ぬ前に『エピソード1』を観たい」という願いを叶えるため、スターウォーズファンの男の子4人組が、オハイオ州からカリフォルニア州、ジョージ・ルーカスのスカイウィーカーランチ目指して旅立ちます。
巻き起こる様々な困難を乗り越えて、彼らは夢を叶えることができるのか!?

スターウォーズへの想いがこもったストーリー運びで、旅立ちから、登場人物たちの成長、父と子の対決、導いてくれる賢者…など定石通りの展開にニヤリ。
スターウォーズにおける“帝国軍 vs 反乱軍”の構図が“スターウォーズファン vs スタートレックファン”という軸に上手く置き換えられていたのが楽しかったです。
おまけにカーク船長を演じたウイリアム・シャトナー本人が重要な役どころで出演しています。

本人の出演といえば、一番驚くのはキャリー・フィッシャー!
レイア姫の面影は正直言って跡形もありませんが(ごめんなさい!)
しっかりパロディ化されているセリフが上手く使われていて、笑いつつも感動しました。

ラストも良かったです。途中のハチャメチャぶりに「どうやってオチをつけるんだろう…?」と思っていましたが、ちょぴりウルっとさせられるステキな締めくくりでジョージ・ルーカスが“神”に見えました。(本人は登場しませんが)

とても楽しいロードムービーでした。
DVDでももちろん楽しめる作品だと思いますが、
渋谷のシアターTSUTAYAに足を運ぶチャンスがありそうだという方はぜひ劇場で!



余談ですが、U.S.版のこのポスターを見たときに、この作品がよくできたパロディ・コメディであろうことがピンときました。
同様の方もいらっしゃるのでは?
このポスターの元ネタの映画が好きな人ももちろん楽しめるコメディでした。


| 映画 ハ行 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 09:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ファンボーイズ
 『フォース、あります。』  コチラの「ファンボーイズ」は、「スター・ウォーズ」シリーズの熱狂的なファンが、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」の公開を半年後に控えた1998年に、余命2〜3ヶ月っつ〜末期ガンの友達のために、公開前のエピ1を観
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/05/19 8:23 PM |