CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「アドベンチャーランドへようこそ」 | main | 「グリーン・ゾーン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「運命のボタン」
JUGEMテーマ:映画
 
キャメロン・ディアス主演のサスペンス?
この映画のカテゴリ分けは難しいです。
不条理系心理劇、ちょっとSF…まぁ言ってしまえば「Xファイル」的。
原作は短編小説とのこと。なるほど…という感じです。
短編小説の場合、不条理な謎が、謎のまま終わるのは良くあるパターン。
原題は“The Box”

時代は1970年代後半。場所はバージニア州。
主人公ノーマ(キャメロン・ディアス)は教員。
夫アーサー(ジェームス・マースデン)はNASAの職員。
家の玄関にある朝、謎の箱が届くところから物語は始まります。
箱の中身は意味不明の「ボタン」
箱に入っていたメッセージ通り、その日の夕方スチュワード(フランク・ランジェラ)と名乗る男性がノーマを訪ねて来て謎めいた提案をします。
「このボタンを押すと、あなたの知らない誰かが死にます。そしてあなたは100万ドルを手に入れます」

出演俳優が魅力的だったので観に行きましたが、キャスティングという点で納得だったのはフランク・ランジェラぐらい。やたらと圧迫感のある謎の男を見事に演じていました。
主演の二人は、なぜこの人たち?という組み合わせです。
二人とも本来のハマリ役を離れてシリアス系のドラマの演技をしてみたかったのかなぁ…。
キャメロン・ディアスは「私の中のあなた」同様に“我が子を思う母親”の演技をたっぷりと見せてくれました。
…けれどもやっぱり、彼女の本領発揮というコメディ系の演技が見たいところ。
次回作「ナイト・アンド・デイ」(共演:トム・クルーズ)の予告編も見ましたが、こちらの期待が膨らむばかり。

この作品のスタッフはチェックしていなかったのですが、監督のリチャード・ケリーって「ドニー・ダーコ」を撮った人だったんですね!
「運命のボタン」も「ドニー・ダーコ」が面白かった、という人だったら、きっと楽しめると思います。

また、1970年代のインテリアやファッション、車など上手く揃えられていて、その点も見応えありました。
個人的には観て良かったと思っていますが、広くおすすめできる感じではありません。

「ドニー・ダーコ」的SF感がOKな人、
不条理系の舞台劇などが好きな人にもいいかも。

そういえば「ドニー・ダーコ」には続編の話があったようですが、そっちはどうなったんでしょうね…?どっちにしてもリチャード・ケリー本人が関わっていないらしいので、期待はできないと思いますが。






| 映画 ア行 | 21:47 | comments(3) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |
コメント
実は見に行きました〜それも『ある日どこかで』と原作者が同じのリチャード・マシスンというのを期待して!歩いてると不意に足を引っ掛けられた気分の作品でしたね…鼻血なんかで不気味さを強調するなよ…
| オードリー・ニーナン | 2010/06/01 10:42 PM |
オードリー・ニーナンさん、引き続きのコメントありがとうございます。

そうでしたか〜。そういえば漂う不思議さと主人公の二人が物語に巻き込まれていく不条理な感じは「ある日どこかで」に似ているような気もします。

他には何があるのかな?と調べてみて、スピルバーグ監督の「激突!」なんかもマシスン作品と知って驚きました。
| Yukiko T. | 2010/06/02 11:02 PM |
TB有難うございました。
前半はボタンを押す、押さないと
見応えがあったのですが後半はトンでもない
展開となってしまい、一瞬、
ジュリアン・ムーア出演の「フォーガットン」を
思い出しちゃいました。
自己の徳のために誰かを犠牲に出来るのか…
それが第三者なら…。第三者って家族も
含まれる可能性もありますよね。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目〜5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!
| シムウナ | 2010/11/16 9:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
運命のボタン
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサス
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2010/05/10 1:23 AM |
運命のボタン
気になっていた映画を観に行けた〜【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/05/13 7:19 PM |
「運命のボタン」感想
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人...
| 狂人ブログ 〜旅立ち〜 | 2010/05/19 10:07 PM |
「運命のボタン」  THE BOX
・ ある日突然、痩せた喪黒福造みたいなセールスマン風の男から24時間以内にボタンを押せば100万ドルが手に入るが、その代わりに見知らぬ誰かが死ぬという奇妙な箱を受け取った夫婦の運命をミステリアスに描いたリチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説を映画化
| 俺の明日はどっちだ | 2010/05/27 9:51 PM |
運命のボタン
あるテレビ番組を観ていたら、 映画評論家とか映画監督がいくつかの映画を採点していて、 これ、酷評だったんですよ。( ^ _ ^; その様子を配給会社の人たちが 陰で見ているのですが、 気の毒になってしまうくらいでした。 私もいつも言いたい放題なのでちょっ
| 映画、言いたい放題! | 2010/06/23 3:57 AM |
『運命のボタン』
数日前に、数か月ぶりにあった友達と新宿武蔵野館へ『運命のボタン』を観に行ってきました。 ちょうど自分が観たかった映画の1つで、その日の自分の移動の都合も考えて、この作品に。 ちょっと思っていた話とは違っていて驚きましたが。。。 ********************
| Cinema + Sweets = ∞ | 2010/06/24 9:56 PM |
No.225 運命のボタン
運命のボタン [Blu-ray]出演:ジェームズ・レブホーンジェネオン・ユニバーサル(2010-10-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 「ドニー・ダーコ」の鬼才リチャード・ケリーが、リチャード・マシスンによる短編小説をキャメロン・ディアス主演で映画化
| 気ままな映画生活 | 2010/11/14 1:42 AM |
運命のボタン (The Box)
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたん
| Subterranean サブタレイニアン | 2011/01/20 4:05 PM |
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しんで遊んでおります 先日の土曜日から日曜日にかけてなどは徹
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2011/02/12 12:39 PM |