CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「太陽がいっぱい」&「リプリー」 | main | 「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ローラーガールズ・ダイアリー」
JUGEMテーマ:映画
 
ドリュー・バリモア初監督作品。
主演は「ジュノ」のエレン・ペイジ。
爽やかな青春映画で好感がもてました。

ドリュー・バリモアが自らの製作会社で、まずはこの作品の原作の版権を買って、監督は別の誰かに依頼し自分は製作サイドに…と思っていたところ、関わって行くうちに思い入れが強くなり、自分でメガホンをとることになった、という経緯だそうです。
思いのこもった作品だと思いました。

家族、友情、恋愛、チームメイトたち…17歳の女の子の成長物語としては、ありとあらゆる要素が詰まっていました。
悪人がいっさい出てこない、ご都合主義的な面も否めませんが、戦う女の子を応援するドリュー・バリモアの思いが感じられる演出に引き込まれていきました。

主人公ブリス(エレン・ペイジ)はテキサスの田舎町の女子高生。
母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)は娘を地元のミスコンで優勝させることに夢中。
ミスコンのステージでスピーチをする自分に違和感を覚えるブリス。
「自分がやりたいことはこれじゃない…」という思いを抱える彼女は、ある日、隣町のオースティン(都会)にショッピングに出かけたとき偶然手にしたローラーゲームのチラシを見て興味をひかれ、親友のパシュを誘って試合を見にいくことに。

ミニスカートに網タイツにヘルメット、アイアン・メイビンとかマギー・メイヘム(メイヘム=悪人)といった過激(笑)なローラーネームを名乗る負けん気の強そうな彼女らの、格闘技さながらの激しいゲームにすっかり魅了されたブリスは年齢を偽って入団テストを受け(17歳だと親の同意が必要)そのスピードを買われて見事合格。家族には内緒で練習に励む日々を送り始めます。

エレン・ペイジは、こういう“迷いながらも成長していく女の子”を演じさせたらピカいちです。
母親役のマーシャ・ゲイ・ハーデンもすごい迫力で“狂信的なミスコンママ”を演じていました。(この人はこういう狂信的な役がピッタリです。「ミスト」のときもそうでした)
かつて自分が優勝できなかったミスコンへの思い。母親が協力的では無かったから優勝できなかった…という悔恨から、娘に願いを託し母親となった自分がそれを全力で支援し、それが正しいことだと信じて疑わない女性を熱演していました。

どんなにすれ違っても家族は家族。
どんなに絡まってこじれても友情は友情。
ドリューのポジティブな心意気が伝わってくるドラマです。

ドリュー自身もローラーチームの一員として出演。スマッシュリー・シンプソンという“当たり屋”を文字通り体当たりの演技で頑張っていました。(鼻血顔に笑っちゃいました。彼女自身も楽しんでいる様子でした)

コーチ役のアンドリュー・ウィルソンも、いい味出してました。(ルーク&オーウェンのお兄さんです)
ボーイフレンドのオリヴァー役ランドン・ピッグは本業はミュージシャンで、俳優としてはこれが初めての仕事とのこと。なかなかかっこ良かったです。作品中でもバンドマンの役で演奏シーンもあり。サントラにも彼の曲が含まれていました。

原題の“Whip it”
Whipはローラーゲームで使われる技の名前でした。ゲームのシーンも面白かったです。
女優さんたちは全部吹き替えなしで、演じていたそうです。
みんな運動神経いいなぁ…!

一体何曲使われていたんだろう…というほどあらゆるシーンに挿入歌が。
サントラも秀逸。これはドリュー・バリモアのセンスですね♪
Original Soundtrack
Rhino
¥ 1,034
(2009-12-01)

| 映画 ラ行 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:29 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/572
トラックバック