CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「アイアンマン2」 | main | 午前十時の映画祭「パピヨン」「ブリット」「大脱走」スティーブ・マックイーン3連続 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「クレイジーハート」
JUGEMテーマ:映画



ジェフ・ブリッジスにオスカーを遂にもたらした本作。
さっそくシャンテに観に行ってきました。
初日、お昼過ぎの回、ほぼ満席。男性客が多い印象。

観終わってまずしみじみ振り返ったのは、ジェフ・ブリッジスとコリン・ファレルが、まるで本物のカントリー歌手に見えてしまうくらい上手かったこと。
二人ともライブのシーンは圧巻です。
特にジェフ・ブリッジス演じるバット・ブレイクは大舞台より、サンタフェのライブハウスでの2晩連続ライブのシーンが良かった!

歳をとって落ちぶれて“アルコール中毒”という問題を抱えた男の再生…という構図は昨年の「レスラー」(ミッキー・ローク)と同様で、美しくて芯の強いシングルマザーとの出会いが運命を動かす、というモチーフも一緒。
「レスラー」のマリサ・トメイも良かったのですが、本作のマギー・ギレンホールは彼女の存在が映画のクオリティをワンランク上げていたんじゃないかと感じさせるほど、素晴らしい存在感でした。
助演女優賞にノミネートされていましたが、今年は「プレシャス」のモニークという大本命の存在が大きすぎましたね…。もしモニークがいなければマギー・ギレンホールが受賞していたのではないかと思えます。
離婚のため長い間音信不通だった子供と向き合おうとする…というエピソードも「レスラー」と一緒。
格闘技か音楽かの違いだけで、構造的にはきっと今のアメリカの心に響く諸問題が織り込まれている2作品なんだと思いました。

物語の構図は酷似している2作品ですが、結末は正反対と言ってよいほど違います。
かつての弟子であるトミー・スウィート(コリン・ファレル)との関係、
何があっても自分を見捨てず励ましてくれる親友ウェイン(ロバート・デュバル)の存在、
「レスラー」より希望がもてる要素が多かったせいか、主人公のもがき苦しむ姿の痛々しさは同様でも、こちら「クレイジーハート」の方がまだ見ていられました。
(去年「レスラー」を観たときは、あまりに苦しくて感想をアップできませんでしたから…)

このバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)を支える地元ヒューストンのライブハウスの支配人ウェインを演じたロバート・デュバルは、本作のプロデューサーでもありました。
全編を脚本と同じくらいの力強さで支えるT=ボーン・バーネットの音楽、
細部にまでこだわった衣装やプロップス、
関わったスタッフの情熱が伝わってくる映画でした。

最後に蛇足ですが…。
アメリカでは13歳以下の子供を迷子にする、ということは“犯罪”というニュアンスを含んでいます。
しかも、見失ったときたとえ少量であってもアルコールを摂取していた…となれば、もう、申し開きの余地はありません。
子供を車に残してパチンコに行っても、子供が無事ならば逮捕されない日本とは少し感覚が違うので、あのマギー・ギレンホール演じる母親の反応を、やや過剰に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、彼女にとってあの出来事はそのくらいの重みがあったんじゃないか…ということを付け加えておきます。



| 映画 カ行 | 10:00 | comments(2) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - |
コメント
こんにちは。
TBをありがとうございました。

私もやはり『レスラー』を思い出しました。
『レスラー』は本当にとことん辛い作品でしたね。
映画館には、一人で観に来ている男性がたくさんいて
エンドクレジットの頃には、涙を拭いている方がたくさん
いましたから。

それに比べれば、この映画はソフトなタッチで、
彼を支える人々が優しいのが救いでした。

迷子のエピソードでのマギー・ギレンホールの反応は
共感できます。 母親は、子供が小さいうちは毎日いなく
なってしまう不安との闘いのようなものですから。。
私も、昔は、毎日神経をすり減らしていました(笑)

我家では、ラストシーンで、別の人と婚約した彼女が
バッドの小切手お受け取ったことの方が賛否両論でした。
彼の気持ちを考えれば、受け取ってあげた方が良いのかもしれませんが、
自分の気持ちとしては、申し訳ないな気もするのですが。。

| Soffy | 2010/07/11 11:04 AM |
Soffyさん、こんにちは。
こちらこそTBとコメントありがとうございます。

あの小切手…ご意見が分かれるところですよね。
最近、アメリカ映画の中で“進学費用の工面に苦労する”というエピソードを立て続けに見ていて、実際に社会問題としても深刻だということを耳にしているので、「バディが18歳になったときに」というセリフから、そのことを思い出していました。

「レスラー」もそうですが、アメリカという国の“今”を切り取ったような作品でしたね。
| Yukiko T. | 2010/07/12 10:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/577
トラックバック
クレイジー・ハート
かつて一世を風靡した“伝説のシンガーソングライター”バッド・ブレイク。 57歳の今は新曲を書けないスランプ状態で、ドサ回りのカントリー歌手として酒浸りの毎日を送っていた。 サンタフェを訪れた際、地元紙記者ジーンの取材を受け、思いがけないなりゆきで彼女と
| 象のロケット | 2010/06/19 8:51 AM |
クレイジー・ハート
アラカンオヤジも出直せる 公式サイト http://movies.foxjapan.com/crazyheart同名小説(トーマス・コップ著)の映画化アカデミー賞主演男優賞・主題歌賞受賞監督は、これが
| 風に吹かれて | 2010/06/23 7:19 PM |
『クレイジー・ハート』の子守唄
 なんともダサくて、だらしがない、ダメ親父である。  でっぷりと太い腹。  無精ひげ。  汗臭そうな、よれよれの服。  いつでも酒...
| 映画のブログ | 2010/07/02 2:40 AM |
砕けた心に〜『クレイジー・ハート』
 CRAZY HEART  元カントリー界のスターで、今はドサ回りのミュージシャン、バッド・ブレイク (ジェフ・ブリッジス)、57歳。何年も新...
| 真紅のthinkingdays | 2010/07/05 8:40 PM |
カントリー・シンガーの居場所
29日のことだが、映画「クレイジー・ハート」を鑑賞しました。 昔は人気があったが、今は落ち目でアル中のカントリー歌手 バッド・ブレイク しかし、若い記者ドーンと出会い 恋をすることでバッドも再生していき・・・ 中年男性の再生劇といった感...
| 笑う学生の生活 | 2010/07/05 11:54 PM |
クレイジー・ハート
Crazy Heart (2009年) 監督:スコット・クーパー 出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュヴァル、コリン・ファレル 落ちぶれたカントリーシンガーが、女性記者との交流を通して復活を遂げる様を描いたドラマ。 実力はあるのに、自らの抱える
| Movies 1-800 | 2010/07/06 1:47 AM |
映画:クレイジー・ハート Crazy Heart アカデミー男優賞に納得。本年度ベスト10確定!
落ちぶれたミュージシャンを、ジェフ・ブリッジズが演じる。 このミュージシャンのライブ活動をロードムービー的に追っていく。 のだが、ストーリーが進むにつれ、かなりオトナな展開があって痺れる(どこかはご覧になっていただきたい) これで、物語がぐっと!締まっ
| 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2010/07/09 8:43 PM |
クレイジーハート  (2009)
封切られて間もなく、日比谷シャンテシネにて。シンプルなストーリーながら人情を感じる良作でした。過去の栄光の残像を拠り所にして、地方巡業をしながら自堕落な生活をおくる老年のカントリーミュージシャンが、ある女性との出会いをきっかけに再生していく物語。地位
| Chocolat Noir 76 | 2010/07/10 10:36 AM |
『クレイジー・ハート』’09・米
あらすじシンガーソングライターとして一世を風靡したものの57歳になって、すっかり落ちぶれたバッド・ブレイク。自分の弟子だったトミーがアメリカのトップ歌手として人気を博す...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/10/06 12:39 AM |
「クレイジー・ハート」(CRAZY HEART)
カントリー・シンガーの日常を題材にしたジェフ・ブリッジス主演の音楽ヒューマン・ドラマ「クレイジー・ハート」(2009年、米、111分、FOX映画配給)。この映画は、落ちぶれた57歳のカントリー・シンガーの悲哀と、人生の立て直しを描く。監督は本作が長編
| シネマ・ワンダーランド | 2010/12/05 2:23 PM |
ハートの銃弾
「クレイジー・ハート」 「冷たい雨に撃て,約束の銃弾を」 
| Akira's VOICE | 2010/12/08 10:51 AM |
mini review 10510「クレイジー・ハート」★★★★★★☆☆☆☆
ジェフ・ブリッジスが破滅的な人生を送るシンガーを演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞した感動のヒューマンドラマ。かつて一世を風靡(ふうび)した伝説のシンガーソングライターの愛と再生を描く。監督は、本作...
| サーカスな日々 | 2010/12/16 12:41 AM |
クレイジー・ハート
クレイジー・ハート'09:米◆原題:CRAZY HEART◆監督:ット・クーパー◆出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル◆STORY◆かつて一世を風靡 ...
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2010/12/21 10:58 AM |
クレイジー・ハート
2009年度アカデミー賞でジェフ・ブリッジスが主演男優賞を獲得して、歌曲賞も取った。助演女優賞にはマギー・ギレンホールがノミネートされた。コロラド州・ニューメキシコ州・アリゾナ州・テキサス州と旅をする落ちぶれたミュージシャンが、シングルマザーに出会うこと
| とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver | 2011/07/28 11:33 PM |
クレイジー・ハート
かつて一世を風靡した落ちぶれたカントリー・シンガーが、再起と希望をもつというストーリー。 「カントリー・ストロング」ではグウィネスがこちらの女性版ともいえるカントリー・シンガーを演じていましたね。あちらも曲がなかなか良かったのですが、これもメイン
| いやいやえん | 2011/10/21 9:14 AM |