CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 午前十時の映画祭「パピヨン」「ブリット」「大脱走」スティーブ・マックイーン3連続 | main | 「ザ・ウォーカー」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ザ・コーヴ」を観て感じたこと
JUGEMテーマ:映画
 
今年のアカデミーで長編ドキュメンタリー賞を受賞した本作。
公開を予定していた都内のシアター2館が中止を決めたという報道を聞き、大変残念に思っていました。
内容に賛否両論があるのは確かだと思いますが、それは本作に限った話ではなく、なぜこの作品だけがそのような扱いを受けるのか…それも観てみなければ何とも言えません。
観る機会が奪われてしまうのは残念としか言いようがないです。

(でも、脅されて、上映を決行すると近隣に迷惑がかかり、身辺に危険が…と思えば、それでも上映しよう、と決断するのはとても難しいことだと思います)

個人的には、観たい映画は劇場で観ることをモットーとしているので、ネット試写というのは初めての体験でしたが、本日ニコニコ動画の試写を視聴しました。
貴重な機会を提供してくださったひろゆきさんと運営スタッフのみなさんに感謝です。

さて、感想は…というと、
ドキュメンタリー映画としてのクオリティの高さはあまり感じませんでした。
ここ数年のオスカー受賞作のクオリティと比較すると
(例えば昨年の「マン・オン・ワイヤー」や三年前の「不都合な真実」などと比較すると)
あまり良い出来ではなかった気がします。
なのではっきり言えば、今年はドキュメンタリーが不作の年だったのかもしれません。
そこでこのインパクトの強い作品に票が集まった可能性があると思います。

しかし「観る価値なし」とは思いませんでした。
そこには日本人の私ですら知らなかった漁の実態が生々しく映し出されていて、
これを知らないままでいるよりは知った方が良かったと思えるからです。
伝統的な漁法なのかもしれませんが、できれば今の世代で終わって欲しい…と感じました。
地域の食文化というものもあると思うので、全てを止めてしまう、というのも乱暴だと思いますが、可能な限り減らして欲しい、必要最低限にとどめて欲しい…と思いました。

私自身は菜食主義ではないので、肉も魚も卵も食べます。
同じことじゃないか、とも思います。
なぜイルカやクジラだけが特別?という疑問も、もっともだと思います。
しかし少なくとも今の自分の食習慣のなかで「イルカやクジラは欠かせないもの」ではありません。日本の多くの地域で同様だと思います。必要としている一部の人を除いて、これ以上キャンペーンなどせず、できれば自然縮小、自然消滅してくれたらいいなぁ…と思うのです。

この辺は観る人によって感じ方は様々でしょうし、それによってどう考えるかは、住んでいる地域や文化によっていろいろあって当然だと思います。
上に書いたのは、私個人の感想です。

映画としての本作を「あまり良い出来ではなかった気がする」と書きましたが、
その理由についても何点か根拠をあげると…
国際捕鯨委員会(IWC)、水族館などで飼育されるイルカの解放運動、イルカ肉に含まれる水銀、はては水俣病まで…と、話があちこちに飛んで、それぞれが深刻な問題なのに散漫な印象を受けたこと。
イルカの解放運動に関わる活動家オバリー氏の狂信的な雰囲気が観ていて不快だったこと。
太地町の人々(主に漁師さんたち)が画面に映るのをもっと減らしても良かったのではないか?と感じたこと。
(顔にぼかしが入っているとは言え、あれは不快だと思います。もっとカットを減らしても映画のストーリーや主張を損ねることなく編集できたのではないかと感じました)

逆にインパクトが強いと感じたのは、その入り江(コーヴ)で行われている“秘密”に迫るために、各方面のスペシャリストが集まり、知恵をしぼり、頑なに撮影を拒否するその場所へ、あの手この手で侵入を試みる「スパイ大作戦」さながらのミッションの様子です。

ラスト10分の残酷な描写はインパクトは強かったですが、イルカは漁の対象としては大型だと思うので、こういう漁法が手っ取り早いのかなぁ…と考えながら観ていました。
「イルカが可哀想…」と涙するほどナイーブではないので。
残酷さとしては、たとえば精肉場、屠殺場と同じレベル。
これを否定するならベジタリアンになるしかないのでは?と思うから…。

いろんな文化が廃れて行く今。
これもまた廃れて欲しい、伝統、文化。
個人的な感想を一言でまとめると、そんな感じです。



| 映画 カ行 | 23:42 | comments(6) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:42 | - | - |
コメント
こんばんは。
これ、ニコニコ動画で全部見れるんですか!
別に劇場公開しても良かったと思いますよね。逆に話題になってみんな見に行ったかも知れないのに・・・

世界には近代文明の私たちが「えええ?」って思うほどの文化がまだありますよね。
例えば、人を食べちゃったり・・・このような文明を野蛮と決めつけ排除してしまうのも文化の多様性の保持からいって、いいのか悪いのか・・・

自然消滅・・・つまりは進化でいう淘汰ですよね。yukiko T.さんが廃れてほしいとまで思った残酷なイルカ漁・・・気になります。今度見てみたいと思います。

※進化論のページの「四枚カード問題」の記述がメチャクチャに間違っていてw書き直しました!すいません。
| ゴーダイ | 2010/06/19 6:30 PM |
ゴーダイさん、こんばんは。
ニコニコ動画で6月18日の20時から限定上映(2000名)という生放送試写会でした。
ちなみに、20日(月)の夜に討論番組も予定されているようです。

今のところ私が知る限り7月3日から横浜、京都、大阪で上映が始まるようです。
横浜まで観に行こうかと思っていたのですが、ニコニコ生放送のニュースを知って、まずはこちらで視聴したわけです。

文化の多様性も確かに大事だと思うので、イルカの解放運動を行っている活動家の方のように「今すぐやめろ!」とは言えないです。
漁を続けるのも太地町の漁師の方々の自由であり、上映の自由を妨げてはいけないのと同じように、漁師のみなさんの自由も大切だと思うのです。

でも「できるだけ必要最低限に…そして段々縮小されたら嬉しいなぁ…。いつか自然に止めたくなったらぜひ、止めてくださいな」とは言いたいです。

捕れたての魚が船(ボート)の上でピチピチしている…という漁の様子は見慣れていますが、イルカほどの大きさになるとそれは無理ですよね…危険ですから、殺してから引き上げたい、というのは当然のことだと思います。
小さな入り江に追い込んで、その後一体どんな漁が行われているのか…。
真っ赤に染まった入り江(コーヴ)の映像のインパクトはかなり強い印象が残ると感じました。
多くのアカデミー会員が票を投じたのも、このインパクトが要因だったかもしれません。

「おくりびと」(去年、外国語作品賞受賞)で、亡くなった人をあれだけ丁寧に“おくる”文化をもった人々が、その反面、動物にはこんなことをするんだな…と思った会員もいたのではないかと…。


進化論のページ、興味深く&楽しく読ませていただきました!
そういえば、ポール・ベタニーがチャールズ・ダーウィンを、ジェニファー・コネリーがその妻を演じた映画「Creation」(2009)は日本では公開されるのでしょうか…。DVDスルーだとしてもぜひ観てみたいです。
| Yukiko T. | 2010/06/20 12:17 AM |
ありがとうございます。進化論のページ、書いたかいがありました!

なんとダーウィンの映画があるんですか!
進化論のページでダーウィンの自伝を参考にしたので、ちょっと興味があります。
かなりのマイペースですよね。ダーウィンって・・・いやあ、気になります!
| ゴーダイ | 2010/06/20 5:37 AM |
ダーウィンの映画は信仰と科学の間でゆれる葛藤も描かれているらしく、とても興味があるのですが、アメリカでも公開時に反対運動が起こるなど(地域によって、ですが)物議をよんだ作品だそうです。
ポール・ベタニーとジェニファー・コネリー、実生活でもご夫婦の二人がダーウィン夫妻を演じるなど、見どころ満載なのですが、日本公開の話がまったく聞こえてきません…(涙)
| Yukiko T. | 2010/06/21 1:05 PM |
捕鯨問題で立ち位置がかなり中途半端な私の記事(汗)をTBしていただきありがとうございます。
正直、この問題って科学の問題ではないような気がしますよね。政治的な問題から微妙にスライドさせているような・・・
| ゴーダイ | 2010/07/09 12:34 PM |
こちらこそ、TBありがとうございます。とても興味深く読ませていただいています。考えさせられる内容です。
「ザ・コーヴ」も観て数週間経って印象に残っているのは国際捕鯨委員会(IWC)のロビー活動のエピソードです。焦点はどこ?というくらい多岐に渡った取材をとりとめもなく並べているタイプのドキュメンタリーでしたが、IWCが印象が強いということは、やはりこの問題は政治的な問題の要素が強いんだろうな…と思っています。
| Yukiko T. | 2010/07/11 1:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
不確定性原理と調査捕鯨
 今日とうとう海で活動する環境保護団体シーシェパードに、オーストラリアの現地警察の捜査が入り、パソコンなどが押収されたそうです。しかしシーシェパードの代表は、「今回の反捕
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/07/09 12:59 AM |
やっぱり資本主義が勝つ
 大西洋のクロマグロが絶滅の危機にあるとして、モナコやEUが大西洋のクロマグロの取引の全面禁止をワシントン条約の締約国会議でもちかけました。  パンダやトラ、シロナガスクジ
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/07/09 1:00 AM |