CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ザ・コーヴ」を観て感じたこと | main | 「イエロー・ハンカチーフ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ザ・ウォーカー」
JUGEMテーマ:映画
 
デンゼル・ワシントン主演。
廃墟となったアメリカの荒野を西に向かって歩きつづける男の話。
ちょっと苦手なアクション&バイオレンス要素も多分にあったのですが、
ストーリーのユニークさ、テーマの興味深さ、凝った撮影と構図…等々、見どころが多く満足度の高い映画でした。

原題は“The Book of Eli”
イーライ(Eli)が運んでいるThe Book。
「空が光った(最終戦争を意味する)後、生き延びた人々は、この本を焼き払った。戦争の原因をつくったものとして…」
ということで、その本がNo.1ベストセラーの“あの本”であることはすぐに分かります。
イーライの前に立ちはだかる街の支配者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が、人心を支配するための“言葉”欲しさに奪おうとするのですが、その“本”に隠された秘密が明らかになった瞬間は衝撃でした。
人々が焚書としたはずの本なのに、なぜこの1冊だけがその難を逃れたのか…
「そうだったのか!!」と思い返すと結構たくさん伏線がひかれていたことに気づきました。

オープニングからずっとグレー、あるいはセピア調の陰影が強調されたモノクロに近い色調の画面が続きます。
荒野や廃墟のシーンはシンプルながら凝った構図の連続で、ある種の劇画を思わせる雰囲気でした。
イーライが最後にたどり着く場所でやっとカラーの色調となり、それだけで何だか感動してしまいました。(ネタバレになってしまうので、その場所の名前と様子が書けません。もどかしい…!)

監督のヒューズ兄弟と脚本家のゲイリー・ウィッタは2013年公開予定の実写版「AKIRA」のスタッフとして名前が挙がっています。
この作品のトーンを見る限り、かなり期待できそうな気がします。

バイオレンス描写がちょっとドギツイのですが、近未来、最終戦争後の世界、SF、宗教といったキーワードに関心がある方なら一見の価値あり、だと思います。



| 映画 ア行 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | 22:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
ザ・ウォーカー
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/06/23 7:52 AM |
ザ・ウォーカー
30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した
| 風に吹かれて | 2010/06/23 7:17 PM |
ザ・ウォーカー
The Book of Eli (2010年) 監督:アレン・ヒューズ&アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス 戦争により文明が崩壊したアメリカを、ある本を携え、西へ向かって歩き続ける男の物語。 その本が聖書であることは早い段
| Movies 1-800 | 2010/06/27 11:39 PM |
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の
| 労組書記長社労士のブログ | 2010/06/28 11:50 AM |
映画「ザ・ウォーカー」
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
| FREE TIME | 2010/07/01 10:41 PM |
西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
| 真紅のthinkingdays | 2010/07/12 6:39 PM |
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー 」を、金曜日の夕方に鑑賞。 「UCとしまえん 」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー 」は、大きめの
| いい加減社長の日記 | 2010/07/19 11:18 PM |
ザ・ウォーカー (The Book of Eli)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も
| Subterranean サブタレイニアン | 2010/11/13 4:47 PM |
映画を観るなら ザ・ウォーカー
未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないですね。もう分かってたよって思っちゃうけど、それが映.
| 映画を観るなら | 2010/12/19 10:13 AM |
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから?
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です
| ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 | 2011/03/16 3:52 AM |