CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ザ・ウォーカー」 | main | 祝!劇場公開「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「イエロー・ハンカチーフ」
JUGEMテーマ:映画
 
この映画のことを耳にしたのは2年前。
山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」のアメリカ版リメイク。
高倉健が演じた主人公を名優ウイリアム・ハートが演じる、という情報で、とても興味をひかれたのですが、その後、公開の話もDVDリリースの話もまったく聞こえてこなかったので、いったいどうなってしまったんだろう?と思っていました。
ようやく劇場公開のニュースを見つけましたが、松竹系の東劇をはじめとする全国でもたったの5館。(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)
よほど集客が難しいレベルの仕上がりなのだろうと覚悟して見に行きました。

個人的な感想は「そこそこ楽しめた」という感じです。
理由は多分「ロードムービー好き」であること。
そして出演俳優が良かったこと。この2つです。
(なので、裏をかえすと「ロードムービー好き」でなくて、出演している俳優に好きな人がいない、という場合には、かなり退屈な映画鑑賞になることでしょう)

主演のウイリアム・ハートはさすがの貫禄で、朴訥で不器用な、でも心優しい主人公を演じていました。
オリジナルで倍賞千恵子が演じていたヒロインはマリア・ベロ。
思い通りにいかない人生に傷つきながらも懸命に生きる女性を誠実に演じていました。

そしてこの作品最大の見どころだと私が感じたのは若手二人の存在です。


オリジナルで武田鉄矢が演じた若いドライバー役はエディ・レッドメイン(美しすぎる母、グッド・シェパード、etc…)
桃井かおりが演じた若い女性役にはクリステン・スチュワート(トワイライトサーガ)
これからメキメキと頭角を現してくる若手スターたちのブレイク直前の輝きに魅せられました。
二人の初々しく瑞々しい演技がウイリアム・ハートという守り手のもと存分に発揮されていたのが、この映画の一番のポイントだったと感じています。

ちなみに桃井かおりがモーテルの女主人役で出演していたのも日本人観客にとっては楽しみなサプライズです。

ストーリーは驚くほどオリジナルに沿って作られています。
もともとはアメリカの小説「幸せの黄色いリボン」から作られている物語。
アメリカにとっては逆輸入という形だと思いますが、孤独で不器用な、でも懸命に生きる男女をつなぐ温かい絆は国は違っても共感を呼ぶテーマなのでしょう。

アメリカ南部、ニューオーリンズが舞台です。
出演俳優のファンの方、ロードムービー好きの方にぜひ。
DVDでも十分楽しめるかと思います。



| 映画 ア行 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:28 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/581
トラックバック