CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「小さな命が呼ぶとき」 | main | 「ヒックとドラゴン」(2D字幕) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ソルト」アクションスター、アンジーの魅力
JUGEMテーマ:映画
 
「トゥームレイダー」ララ・クロフトを観たときに、アクションスターとしてとてつもない可能性を感じました。
その後、「トゥームレイダー2」「Mr.&Mrs.スミス」また記憶に新しいところでは「ウォンテッド」と、その地位を確実に築いてここに至る…という感じでしょうか。
アンジェリーナ・ジョリーの魅力だけでもたせている作品でした。

正直、ロシアのスパイ…なんて言われても今更感が漂います。
(先日、美しい女スパイが…というニュースがありましたが)
この映画でも黒幕がいったい何を求めて世界を混乱させようとしているのか全く見えず、ドラマとしては何とも物足りない100分…。
ひと昔まえのスパイものは、冷戦時代のイデオロギーの対立ということで、それぞれ信念に基づいた行動をとる(良い悪いは別として)“ヒューマンドラマ”として説得力あるキャラクターが登場していました。
イデオロギーの対立がない今、混乱に乗じて権力を握ろうとする悪役なんて、まるで「世界征服!」とか叫んでいるマンガのキャラクターにしか見えません。

とは言っても、アンジェリーナ・ジョリー演じるソルトのアクションとハラハラ、ドキドキのスリル感だけでも見応えある映画でした。
「チェンジリング」などドラマ系の作品でもしっかりとした演技で活躍している彼女ですが、やはり“本領発揮”のアクション系作品でその魅力を堪能すると、アクションスターとして撮れるうちにたくさん撮っておいてほしいと願わざるを得ません。
でもできれば「ソルト」の続編というよりは、ララ・クロフトのような、あまり現実味はなくてもキャラクターそのものに魅力がある作品に出てほしいなぁ…。





| 映画 サ行 | 22:27 | comments(7) | trackbacks(27) |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - |
コメント
こんばんは。

救うにしろ征服するにしろ、「世界」を描くのって本当に大変ですよね(私も今苦戦しています・・・)。
この手のスケールの大きな物語を辻褄を合わせてなおかつ面白く描くはかなり難しいと思います。

ソルトの正体を明かさずに彼女を魅力を伝えるのは、一人称視点をあまりやらない映画では難しいですよね(汗)。
| ゴーダイ | 2010/08/05 11:37 PM |
ゴーダイさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

救う方は、救った後、とりあえずいろんな人が力を合わせて混乱から立ち直っていく…という流れで、救った本人(あるいは本人たち)は“レジェンド”となればよいわけですが、征服は難しいと思うんですよ。
征服するってことは、その後の支配も当然ながら担うわけで、この複雑化した世界を支配…というか、とりあえず運営していかなければならないわけですから、すごく割が合わない振る舞いに見えてしまうんですよね。
よほど実現したい理想社会(その本人にとっての理想です。独裁支配にしろ「こうしたい!」という強いビジョン)が心になければやらないでしょう。
この「ソルト」で、黒幕(リーヴ・シュレイバー)の思いが全く見えないのがすごく違和感があったんですよ。「えっ、そこんとこ何にも描かないの??…あ〜、そうか〜これってアンジーのアクションを見せるためだけの映画だったのね…」と、気持ちのスイッチが“アクション・ドラマ”から、単なる“アクションもの”に切り替わったのでした。

ゴーダイさんがおっしゃるところの「世界」は、いわゆる「(セカイ系の)セカイ」とは別ものですよね?確かに、辻褄も合わせつつ面白く描くには今の世の中、複雑になりすぎていると思います。

あるいは村上春樹の「かえるくん、東京を救う」の方がリアルに感じられるほど…。
| Yukiko T. | 2010/08/06 10:52 PM |
レスありがとうございます!
はじめに長文すいません。

>ゴーダイさんがおっしゃるところの「世界」は、いわゆる「(セカイ系の)セカイ」とは別ものですよね?

100%「はい違います」とは言えないのが歯がゆいです(笑)
・・・というのは、私は少なからず観客に感情移入をさせる必要があるエンターテイメントにおいて「リアルな世界(客観的でいわゆる“社会科学的な意味”での世界です)」を描くのは本質的に不可能だと思っているからです。

それは登場人物を中心に物語を描かなければ、ドラマとして見ていて面白くないから(=感情移入しづらいから)であり、世界全体を見渡すような大きい視点には、神様の話でない限りそこに「パーソナリティ」はあり得ません。
※SFが難しいという人もここが理由になっていると思います。科学的なものの見方は殺伐としていて無機的すぎるのだと思います。

そして、一人の人間が人生の中で見たり感じたりできる「世界」と言うのは実際には「世界のごく一部」なわけですよね。
ですから登場人物が世界を救ってしまうような話は、個人と世界の間にある「社会(企業、政府、国家)」をすっとばしてしまう傾向があります。
これを極めてリアルに描くならば、『課長島耕作』のように、課長から徐々に出世していって、部長、専務、社長になり、次に国会議員に出馬し、何回か落選を経験した後にやっと当選して、その後自分の所属する党の中で幹事長などの重要なポストになんとか昇りつめ、とうとう自分の党が政権をとって総理大臣に選出され・・・と、とんでもなく長い時間を要してしまい、とても二時間の映画ではおさまらないと思います。

私は、主人公やヒロインの自己中心的な感情や振る舞いが、世界に影響を与える、その度合いが“嘘くさいほど大きい”のが「セカイ系の物語」だと解釈していて、世界をヒーローが救う話は、多かれ少なかれ全てこの「セカイ系的性質」をもっているのではないか?とも考えています。

問題はその「度合い」で、それがいくらなんでもひどすぎると、「映画のリアル」も破綻してしまいセカイ系の中のセカイ系的作品になってしまうのかな?と感じています。

それと仰る通り国家的なイデオロギーは冷戦以降消滅したかどうかはともかく、確実に“変容”はしましたよね。
正義の味方はいつの世もかっこよく普遍的な存在かもしれませんが、黒幕の行動原理だけは現代の社会情勢をふまえなければ、時代遅れで古臭い話になってしまうのかもしれませんね・・・
| ゴーダイ | 2010/08/07 12:20 AM |
ゴーダイさん、こんばんは。
力のこもったレスを、こちらこそありがとうございました。

>その度合いが“嘘くさいほど大きい”のが「セカイ系の物語」

問題は「度合い」ですね。
これは感じ方にも個人差がありますから、やはり線引きは難しいところでしょう…。

スパイもの、というカテゴリーはリアルに描こうとすると割と泥臭い感じになると思うんですよね。
近々「フェアウェル さらば哀しみのスパイ」という作品を観にいく予定なのですが、こちらは実話ベースなので恐らく自分の中で良い比較になるのではないかと思っています。

その他で言えば「アメリカを売った男」という作品(2007年ビリー・レイ監督)なんかも、リアルとエンターテイメントのバランスが上手くとれていたスパイ映画だと思います。これも実話ベースですが…。

事実は小説より奇なり、という言葉もありますが、それが実話に基づいた話だと知らなければ「そんな都合の良い(不自然な辻褄あわせをしたような)話があるわけない…」と感じる物語は結構あります。

ちょっと話がそれてきましたが、ゴーダイさんの文章を読むと、普段何となくひっかかって考え続けている事柄について、思考の補助線的なヒントをもらえるので、感謝しています。

話がそれたついでに…
結局ストーリーがリアルかどうかよりも、そこで動いている人間がリアルに描けているかどうかが一番大事だと思うんですよね。
例えば「インセプション」みたいな荒唐無稽な映画が、これだけ心に響くのは登場人物のリアルさが一因だと。
コブの心にある“罪悪感”や、それを克服しようとする過程を描いているストーリーが、あの作品の見どころだったと感じています。

この「ソルト」について言えば、リーヴ・シュレイバーだけじゃなくアンジェリーナ・ジョリー演じるソルトの人間性もあまりきちんと描かれていなかったので“アクションしか見どころがない”と感じたわけです。
| Yukiko T. | 2010/08/08 9:49 PM |
なるほど。
『ソルト』は作品の性質上、少年漫画の様に「キャラ立ち」していなければいけない映画だったのに、キャラに感情移入があまりできなかったから・・・ということでしょうか。

>結局ストーリーがリアルかどうかよりも、そこで動いている人間がリアルに描けているかどうかが一番大事だと思うんですよね。

これは私もよく思いました。
ただこの定義に当てはまらないのが、世界観をメタ的に楽しむジャンルである「SF」なのでは?と最近思いだしていて、SFで独自の世界観を描きたいなら、キャラの内面性の演出はひかえるべきという意見も『インセプション』にはあるそうです。
つまりあそこまで複雑な世界設定を理解するのに精いっぱいなのに、コブのトラウマまで詰め込まれたら頭が追い付かないよ、という意見ですw。

なんにせよ非現実的なお話作りには少なからず現実の知識が必要ってことですよね!
| ゴーダイ | 2010/08/08 10:35 PM |
ゴーダイさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

>コブのトラウマまで詰め込まれたら頭が追い付かないよ、という意見ですw

そうかもしれませんね。
でも時間がたって振り返るほど、コブの贖罪がストーリーの軸だという思いが強まっています。
「インセプション」は神の領域ですから…。

前後しますが、

>SFで独自の世界観を描きたいなら、キャラの内面性の演出はひかえるべき

こういうテクニカルなSFの面白さは、私は理解できないかも…。「物語」ではなくて「仮説」みたいな感じがします。

>なんにせよ非現実的なお話作りには少なからず現実の知識が必要ってことですよね!

全面的に同意!実体験じゃないにしても(身体がいくつあっても足りないし)実際のことに基づいた学びは尊いです。
| Yukiko T. | 2010/08/08 11:05 PM |
レスありがとうございます。

>こういうテクニカルなSFの面白さは、私は理解できないかも…。「物語」ではなくて「仮説」みたいな感じがします。

そうなんですよ。オタク評論家「岡田斗司夫氏」が言及されていますが、本来SFって現実の科学技術の仮説だったと思うんですよ!

だから現在SFってうけないのかな?っとSFがけっこう好きな私は思っています。
高度すぎてブラックボックス化している科学が当たり前になっている時代ですからね。
| ゴーダイ | 2010/08/08 11:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/595
トラックバック
『ソルト』の気が利くところは?
 本作のタイトル及び主人公の名は『ソルト』(SALT)、すなわち戦略兵器制限交渉(Strategic Arms Limitation Talks)のことである。  その名のとおり、主人...
| 映画のブログ | 2010/08/04 1:41 AM |
『ソルト』
東京国際フォーラムであったジャパンプレミアでアンジェリーナ・ジョリー主演の『ソルト』を観賞してきましたー。 きわどいスリットの入った黒のロングドレスで、エスカレーターを颯爽と降りながら登場したアンジーは、めちゃくちゃセクシーでかっこいい。 背中が大き
| Cinema + Sweets = ∞ | 2010/08/04 8:45 AM |
【ソルト】
監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー   誰が、ソルトなのか? 「CIAのエージェントのソルトは結婚記念日にロシアからの亡命者オルロフを尋問する。彼の口から出たのは訪米中のロシア
| 日々のつぶやき | 2010/08/04 10:47 AM |
[映画『ソルト』を観た]
☆私は、明るい色の髪のアンジェリーナ・ジョリーが、『グッド・シェパード』以来、大好きなので、物語後半の黒髪姿ではなく、前半の金髪写真をタイトルにしました^^  ・・・こりゃ、メチャ面白い映画であったが、同時に、解せなさ感も非常につのる作品であった。
| 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 | 2010/08/04 9:19 PM |
ソルト
多忙なので、感想を簡単に―【story】CIAのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すが―     監督 : 
| ★YUKAの気ままな有閑日記★ | 2010/08/04 11:40 PM |
ソルト
ソルト'10:米◆原題:SALT◆監督:フィリップ・ノイス「今そこにある危機」「パトリオット・ゲーム」◆出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー◆STORY◆アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソ
| C'est joli〜ここちいい毎日を〜 | 2010/08/05 11:00 AM |
ソルト アンジー姉さん ちょ〜かっちょいい〜
【{/m_0167/}=37 -11-】 高齢者の皆さん、どこに行っちゃったのでしょうか? 長寿国日本ってのは大きなまやかしやったのだろうか?老齢年金の行方は?年金の不正受給で、詐欺罪で捕まる人、大量生産の畏れも!  アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突
| 労組書記長社労士のブログ | 2010/08/05 11:19 AM |
女性版ジェイソン・ボーン誕生?!『ソルト』
二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントの物語です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2010/08/05 9:43 PM |
ソルト
アンジェリーナ・ジョリー主演の、本格スパイアクション。監督はフィリップ・ノイス、その他のキャストはリーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー他。 <あらすじ> アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われ
| Yuhiの読書日記+α | 2010/08/05 11:08 PM |
サブカルに世界は描けるか
 いや〜『借りぐらしのアリエッティ』よかったですよね〜(まだいってやがる)  なかには「スケール感がない。こじんまりとしている」とか言う批判もあるようですが、小人の話で
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/08/05 11:38 PM |
ソルト
アンジー姐さんカッコよすぎます!  
| Akira's VOICE | 2010/08/06 10:13 AM |
「フェアウェル さらば,哀しみのスパイ」と「ソルト」
8月1日映画の日、ショッピングを兼ね川崎まで足を運びアンジェリーナ・ジョリー主演「ソルト」を鑑賞。 公開2日目なのに・・・150名しか収容できない小さな劇場ってどういうこと? でも、やっぱりCMとアンジー主演は強い!満席でした。            暑
| 映画の話でコーヒーブレイク | 2010/08/07 12:06 AM |
映画のリアリティとは?
 この手の話は高校の頃descf氏と散々したし、漫画や映画の過去の記事でも多少触れたのですが、もう一度ここで論じてみようと思います。  もう言うまでもありませんが、「現実のリア
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/08/07 12:32 AM |
『ソルト』
  □作品オフィシャルサイト 「ソルト」□監督 フィリップ・ノイス □脚本 カート・ウィマー、ブライアン・ヘルゲランド□キャスト アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー■鑑賞日 8月1日(日)■劇場 チネチッタ
| 京の昼寝〜♪ | 2010/08/07 12:27 PM |
ソルト ジャパンプレミア
アンジーのすっごいアクション 公式サイト http://www.salt-movie.jp7月31日公開監督: フィリップ・ノイス 「硝子の塔」「ボーン・コレクター」アメリカCIA本部。ロシアの情報収
| 風に吹かれて | 2010/08/07 2:21 PM |
SF思考論
 わたし全然「You Tube」にどんなコンテンツがあるのか詳しくないんですけど、この前偶然に岡田斗司夫さんの対談を発見してしまい、それがすっごい面白い。  SF大好きどころか愛してい
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/08/08 11:58 PM |
ブラッディ・アンジー〜『ソルト』
 SALT  優秀なCIA分析官のイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、夫のマイ ク(アウグスト・ディール)と幸せな結婚...
| 真紅のthinkingdays | 2010/08/09 1:49 PM |
「ソルト」感想
 スパイ容疑をかけられたCIA特殊工作員イヴリン・ソルトの逃亡劇を描く、アンジェリーナ・ジョリー久々のサスペンスアクションムービー。 屈強な男達を徒手空拳でねじ伏せ、銃器や...
| 狂人ブログ 〜旅立ち〜 | 2010/08/10 9:18 PM |
ソルト
Salt(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー/リーヴ・シュレイバー/キウェテル・イジョフォー/ダニエル・オルブリフスキー/アウグスト・ディール 彼女は、何者なのか? 2007年に『エドウィン・A・ソルト』のタ
| 小部屋日記 | 2010/08/11 8:57 AM |
ソルト
『ソルト』 ---SALT--- 2010年(アメリカ) 監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー アンジェリーナ・ジョリーが二重スパイの容疑をかけられ、仲間たちから追われ
| こんな映画見ました〜 | 2010/08/12 11:49 PM |
ソルト
Salt (2010) 監督: フィリップ・ノイス 出演: アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー ロシアのスパイ嫌疑をかけられた女性CIA諜報員の逃亡と反撃を描くアクション映画。 先日、アメリカでロシアの美人スパイ逮捕とのニュー
| Movies 1-800 | 2010/08/15 1:35 AM |
『ソルト』'10・米
あらすじCIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう・・・。感想落ち目だと自覚してないトム・...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2010/08/20 9:33 PM |
ソルト(アメリカ)
アンジーかっこいいぃぃ〜〜。 ということで「ソルト」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー 上映時間:100分  イヴリン・ソルトは、
| 映画でココロの筋トレ | 2010/08/28 3:48 PM |
映画:ソルト
 アクション映画やスパイものって好きなんです。なのでとても楽しみにしていて公開してすぐにでも観に行きたかった作品なんですが、公私ともに忙しくてようやく観てきました。しかも記事にするのが結構遅くなっちゃったので、若干忘れ気味ではありますが、今回の
| よしなしごと | 2010/09/24 7:55 AM |
ソルト
 「面白い度☆ 好き度☆」  次々に明かされる(聞いてない)新設定・・・!  アンジェリーナ・ジョリー演じる「イヴリン・ソルト」っていうロシア女スパイの話なんだけど・・
| HEAVEN INSITE's Blog | 2010/11/26 4:26 AM |
ソルト (Salt)
監督 フィリップ・ノイス 主演 アンジェリーナ・ジョリー 2010年 アメリカ映画 100分 アクション 採点★★ 秘密を持ち続けるのも内緒話を聞くのも、イマイチ苦手な私。普段はお喋りな割に口は堅いんで言いふらすことはないんですが、秘密を持っちゃった事自体が
| Subterranean サブタレイニアン | 2010/11/26 4:06 PM |
『ソルト』 映画レビュー
『 ソルト 』 (2010)  監  督 :フィリップ・ノイスキャスト :アンジェリーナ・ジョリー、リーヴ・シュレイバー、ダニエル・オルブリフスキ、 キウェテル・イジョフォー、ダニエル・ピアース、アウ...
| さも観たかのような映画レビュー | 2011/06/05 1:12 AM |