CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 荻上直子監督 第三作 「トイレット」 | main | 映画「食べて、祈って、恋をして」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ペルシャ猫を誰も知らない」
JUGEMテーマ:映画
 
自分たちが好きな音楽を自由に歌い、奏でたい。
ただそれだけを実現するのに、いくつもの壁をこえなければならない場所がある。
規制の厳しいイランで、それでも何とかメンバーを集め、場所を確保しライブを開きたいと奔走するミュージシャンたち。
彼らの才能に惚れ込み、何とか夢をかなえる協力をしたいと躍起になる“何でも屋”の若者。
テヘランの街を走り回る主人公たちと、メンバー探しの中で出会う様々なジャンルのミュージシャン、彼らの演奏がプロモーションビデオのように展開するエネルギッシュな映画でした。

イランというと2007年にカンヌで受賞したアニメ映画「ペルセポリス」を思い出します。
あの作品でも主人公マルジは好きな音楽を好きなように聴けずにフラストレーションをためていました。

選択の自由がない国。
「音楽をやるなら、西洋のロックではなく、自国の文化を」と強要される。
規制局側にとっては何の価値もない音楽が、このミュージシャンたちには、なくてはならない命の糧。
当局の目をかいくぐりながら練習に励み、通報、逮捕、釈放を繰り返しながらも音楽をやめないたくましい姿に、胸が熱くなりました。

“何でも屋”ナデルを演じた俳優さんのユニークなマシンガントークもあり、軽快なコメディ調の部分もありますが、現実の厳しさに打ちのめされる部分もあり…。
“自由”の重さをズシリと感じるラストでした。

実際に、ほとんどのシーンが無許可のゲリラ撮影だった本作。
監督と主演のミュージシャンたちは撮影終了4時間後にはイランを離れたそうです。

音楽の好みなんて、いつしか自然に芽生えるもので
国から規制され、強要されて育まれるものでは決してないはず。
今この手の中にある自由に感謝。





| 映画 ハ行 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:06 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック