CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 映画「食べて、祈って、恋をして」 | main | 「ジャーロ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「終着駅 トルストイ最後の旅」
JUGEMテーマ:映画
 
世界三大悪妻というと、ソクラテスの妻クサンティッペ、モーツァルトの妻コンスタンツェ、そしてトルストイの妻ソフィアの名が挙げられるそうです。
そのソフィアにヘレン・ミレン。
トルストイにクリストファー・プラマー。
トルストイ主義の社会運動家チェルトコフにポール・ジアマッティ。
名優揃いの本作で、ひときわ輝いていたのがトルストイの秘書ワレンチンを演じたジェームス・マカヴォイです。

トルストイとソフィアの間に深い愛情があることは確かなのです。
しかし作家としてだけでなく思想家としても多くの人を惹き付けるトルストイの“思想”について、ソフィアは受け入れることができず、深い愛があるが故に二人とも苦しんでいます。

著作権を放棄しパブリックドメインとするよう遺言の書き換えを勧めるチェルトコフ。
トルストイ自身も妻の反対を押し切ってでも遺言を書き換えると心に決めていますが、妻を思う気持ちも深く罪悪感に苛まれています。
そして確かにソフィアの激情がトルストイを苦しめるのですが、彼女の存在は“悪妻”という言葉だけで片付けることはできません。
作家トルストイを深く理解し初期の作品の執筆活動を献身的に支え、13人の子どもを産み育てた女性です。
作家としてだけでなく、思想家としてだんだんと教祖のように祭り上げられていく夫の姿に戸惑いながら、深い葛藤があったに違いありません。
この複雑な人間模様を名優たちが情感豊かに演じるのですが、その中央にジェームス・マカヴォイ演じる若き純粋な秘書がいるわけです。
観客は彼の目を通してそれぞれの人物の立場や思いを知ることとなります。
とても巧みな構成だったと思います。

ジェームス・マカヴォイも着実にキャリアを積んできている俳優という部類に入ると思いますが、ヘレン・ミレンやクリストファー・プラマーらに囲まれれば、まだまだ“瑞々しい”という形容詞を使いたくなる存在です。
トルストイへの憧れと、その秘書という仕事を得た喜び、チェルトコフとソフィアの確執に板挟みになる戸惑い、コミューンで出会った女性マーシャとの恋、すべてのシーンでベテラン勢に負けない素晴らしい演技を見せてくれました。

前回のオスカーでは主演女優賞にヘレン・ミレン、助演男優賞にクリストファー・プラマーがそれぞれノミネートされていましたが、ジェームス・マカヴォイもきっと近い将来、そういった舞台に名前が挙がる俳優に成長していくと思いました。

史実をベースとしたドラマとしても見どころが多く、満足度の高い映画でした。
マカヴォイファン必見です。



| 映画 サ行 | 10:40 | comments(2) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | 10:40 | - | - |
コメント
恥ずかしながらトルストイに思想家としての側面があることを知りませんでした。

しかしソフィアさんは世界三大悪妻なんですか・・・汗
まだ無名だったころの作家の才能を信じて献身的に支えてくれるなんて、作家の奥さんとしてはとっても素晴らしいと思うんですけどね。

作家が売れてから「つきあってください」とか「結婚してください」っていう女性は本当にその作家自身や作品を愛してくれているのか、ちょっと腹もちならないですもんね・・・
| ゴーダイ | 2010/09/24 2:24 AM |
ゴーダイさん、こんにちは。コメントありがとうございました。
そうですよねトルストイは“文豪”としてあまりにも有名ですから、そちらのイメージが強いですよね。
伯爵家に生まれた大地主でしたが農地を解放し農奴の人々の生活改善を試みるなど(あまり上手くいかなかったそうですが)社会運動家としても影響が強かったようです。
日本の作家にも影響を受けた人が多いです。武者小路実篤や有島武郎(美しき村や農地解放運動は、トルストイ思想に近いようです)宮沢賢治など。

でも、ソフィアさんにしてみれば、豊かな地主伯爵と結婚したはずなのに、どんどん財産を手放していく夫に不安を覚えたとしても仕方ないですよね。
子どもも13人もいるわけだし…。
農民解放そのものに反対していたわけではなく、家族の財産を守りたい気持ちの方が強かった、という印象です。

トルストイが創作活動を始めたのは結婚後で、悪筆の夫に代わってソフィアさんがアシスタントをやっていたそうです。「戦争と平和」なんて登場人物が500人近い小説ですから、いろいろと意見を言ったりしていたみたい。(映画の脚本ではそういうセリフがありました)
夫人にしてみれば共同作業のように思えるでしょうから、その著作権を放棄することは余計に耐え難いものだったと思います。
| Yukiko T. | 2010/09/24 10:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/607
トラックバック
終着駅-トルストイ最後の旅-
愛は複雑とりわけ夫婦の事は夫婦にしかわからない 公式サイト http://www.saigo-tabi.jp同名小説(ジェイ・パリーニ著)の映画化ワレンチン・ブルガコフ(ジェームズ・マカヴォイ)は、崇
| 風に吹かれて | 2010/09/20 8:51 PM |
「終着駅−トルストイ最後の旅−」終焉の時、あなたは…。
[トルストイ] ブログ村キーワード  ロシア文学界の巨匠、レフ・トルストイ。トルストイと、“世界三大悪妻”の1人とされる彼の妻・ソフィヤ。「終着駅−トルストイ最後の旅−」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。本作は、大作家とその妻の晩年に於ける
| シネマ親父の“日々是妄言” | 2010/09/21 7:09 PM |
終着駅 トルストイ最後の旅
『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などのロシアの文豪トルストイの 晩年を映画化した伝記ドラマ。トルストイの一番弟子と妻ソフィアが彼の 著作権の行方を巡って対立する様を中心に、晩年にトルストイの秘書として 派遣されてきた青年の視点から描く。 出演はト
| だらだら無気力ブログ | 2010/09/25 12:06 AM |
終着駅 トルストイ最後の旅
終着駅 トルストイ最後の旅 英題:THE LAST STATION 監督: マイケル・ホフマン キャスト:ヘレン・ミレン、クリストファー・プラマー、ジェームズ・マカヴォイ 2009ドイツ/ロシア オフィシャルサイト ほんとに久しぶりに《トルストイ》の名前を聞く
| Art-Millー2 | 2010/10/03 11:20 PM |
終着駅
 こうした伝記物はあまり好みではないとはいえ、タイトルに惹かれたこともあって、少し前のことになりますが、『終着駅―トルストイ最後の旅』を見に日比谷のTOHOシネマズシャンテに行ってきました...
| 映画的・絵画的・音楽的 | 2010/10/23 11:21 AM |
■映画『終着駅−トルストイ最後の旅−』
悪妻との生活に疲れ、82歳にして家出を決行、そしてその家出の途中で亡くなった、ロシアの文豪、レフ・トルストイ。 この映画『終着駅−トルストイ最後の旅−』では、“世界三大悪妻”と言われたトルストイの妻・ソフィヤとトルストイの晩年の生活を、弟子の目を通し
| Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ> | 2011/03/26 6:47 AM |
トルストイと花々
「終着駅 トルストイ最後の旅」 「FLOWERS -フラワーズ-」 
| Akira's VOICE | 2011/04/08 10:44 AM |