CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「ナイト&デイ」 スター映画の醍醐味! | main | 「遠距離恋愛 彼女の決断」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ソーシャルネットワーク」
 
東京国際映画祭にて鑑賞。
正式公開は2011年1月15日より。
アメリカでの評判があまりにも良すぎて(絶賛している評論ばかりが聞こえてくる)
「フェイスブックを立ち上げた若きビリオネアのお話が、どうしてそんなに面白いんだろう?」と、不思議に感じていました。
デヴィッド・フィンチャー監督の人気の高さは承知していますが、それにしても驚くほどの高評価の嵐に興味がつのって、楽しみでしかたない作品でした。

鑑賞後、絶賛の嵐に納得しました。これはすごい。
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールドという注目している若手俳優の活躍だけでもかなり満足度が高く、それにジャスティン・ティンバーレイクを加えた三人の若者の三つ巴の駆け引きを、胸がしめつけられるような思いで見ていました。
三人とも素晴らしい役作り、そして演技でした。

ジャンルとしては“裁判もの”でもあり、フェイスブック立ち上げの経緯を客観的に見せられ、様々な人物の立場で考えさせられる作りになっています。
そして多くの部分の判断は観客に委ねられています。
いろんな方が「羅生門」を引き合いに出されているようですが、つまり答えは「薮の中」ということ…。

ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグの天才の孤独、
アンドリュー・ガーフィールド演じるエドゥワルド・サベリンの秀才の哀しみ、(天才の友人について行けず、取り残されてしまう…)
価値観の違いによってすれ違って行く人間関係はどこにでもあることですが、複雑に絡んだ嫉妬や劣等感や自尊心が凶器となって友情を切り裂いていく様はとても痛々しく、そしてそこに巨額のお金がからんでくる様子を目の当たりにして、何ともやりきれない気持ちになりました。
マーク・ザッカーバーグという人の言動はかなり変わっていて、ストレートに言えば、周囲への配慮に欠けたふるまいを平気で行うひどい人です。
でもある種の純粋さを持った人でもあり、そのひどいふるまいも他の凡人にとっては思いついたとしても実際には行動できないものが、ザッカーバーグにはその才能ゆえに実行できてしまうというもので、持っている能力が人格の成長を待たずに大きく上回ってしまった早熟の天才の悲劇だと私には見えました。
この辺りは人によって受け止め方が違うと思いますが…。

観終わった時点ですぐにもう一度観たくなる作品でもありました。
ジェシー・アイゼンバーグの緻密な演技を、再確認したいシーンがたくさんあります。
年明け、1月の公開が待ち遠しいです。
ジェシー・アイゼンバーグは「イカとクジラ」「ハンティング・パーティ」「アドベンチャーランドへようこそ」「ゾンビランド」と、1作ごとに上手くなってきた感があります。
アンドリュー・ガーフィールドも「大いなる陰謀」「Boy A」以来注目していましたが、本作での活躍は期待以上のものでした。
今後もカズオ・イシグロ原作の「わたしを離さないで」でのキャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイとの共演や新スパイダーマンなど話題作が続くので、目が離せません。

私は毎年、観た映画のランキングを自分なりにつけているのですが、これは間違いなくTOP10に入る作品です。ただし、公開日を基準に年度を分けているのでこれは2011年のランキングということで。
多分、この作品の面白さを越える映画にはそう何本もお目にかかれないであろう…というほどの確かな見応えがありました。








| 映画 サ行 | 23:49 | comments(3) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |
コメント
この映画は話題沸騰ですよね。私も先週見に行こうと思ったんですけど、都合がつきませんでした。
普通の人の出来ないことができる人が天才ならば、ちょっと犯罪者と紙一重ですよね。だから裁判起こされちゃったんでしょうけど・・・

やりきれない気持ちになるっぽいので今週見ようかどうか迷ってます。
| ゴーダイ | 2011/01/17 11:15 PM |
ゴーダイさん、こんばんは。
今ゴーダイさんのブログにコメントしたところでしたw

ホントにすごい評判ですね〜。ゴールデングローブの受賞など話題には事欠かないので、しばらくは上映が続くと思います。
もちろんおすすめしたい作品なのですが、ちょっと毒気の強い映画でもあるので、コンディションの良いときに観る方がいいような気がします。

私は土曜日に念願の二度目の鑑賞を果たしましたが、本当にスゴい作品だとしみじみ味わいました。
脚本、演出、音楽、俳優の演技、どれを取っても素晴らしいクオリティでした。
もう一回観たいくらい!

公開直後なので良い感想を持った方の熱い意見が目立ちますが、もちろん賛否両論あると思います。
今後の評価も楽しみです。
| Yukiko T. | 2011/01/18 12:58 AM |
観てきました!
そこまで毒は感じませんでしたよ!
私はそこまでこの映画のすごさが分からなかったのですが、マークの気持ちは結構分かりました。あの人は大人になりきれない子どもじみた人だったのかもしれません。
エドゥアルドさんと仲直りしていたらいいですよね。
| ゴーダイ | 2011/01/23 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/613
トラックバック
ソーシャル・ネットワーク
 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆」  あなたはサイテーじゃないけれど、そう見える生き方をしている。  ソーシャルネットワーキングサービス「Facebook」を考え、立ち上げ、儲け、
| HEAVEN INSITE's Blog | 2011/01/23 9:54 PM |
『フェイスブック 若き天才の野望』 トークセッション@丸の内オアゾ
『ソーシャル・ネットワーク』関連でもう一つ。ただし、この記事は映画を先に観てから読んで頂いた方がいいかもしれません。『ソーシャル・ネットワーク』の原作とは別に、マーク・ザッカ―バーグについて書かれた『ソーシャル・ネットワーク 若き天才の野望』。こちら
| Chocolat Noir 76 | 2011/02/09 10:21 PM |
ソーシャル・ネットワーク
 『天才 裏切者 危ない奴 億万長者』  コチラの「ソーシャルネットワーク」は、いよいよ2日後に迫ったアカデミー賞では、作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、録音 ...
| ☆彡映画鑑賞日記☆彡 | 2011/02/27 5:09 PM |