CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「遠距離恋愛 彼女の決断」 | main | 「わたしの可愛い人 シェリ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「マザーウォーター」
JUGEMテーマ:映画
 
「かもめ食堂」「めがね」「プール」
一連の流れを汲む suurkiitos らしい作品でした。
良い意味でも、悪い意味でも変わってない。
シンプルでミニマム。
申し訳ない気がしますが、正直に言うと、ちょっと飽きてきました。
一番楽しみだったのは飯島奈美さんのコーディネートする食べ物のシーンだったりします。

“ここではないどこか”で生活をリセットする。
今流行の“断・捨・離”にも通じるところがありそうですが、
こういう願望って確かにあると思います。
(特に女子には…)
でも、そのリセットされた生活感のない生活風景の描写に、新たな俳優さんが加わったことによるコマーシャリズムが鼻について、ちょっと嫌な感じがしました。
そして今回の“疑似家族”にはポプラちゃんという赤ちゃんが加わっていて、その子を軸に話が展開しているのですが、このポプラちゃんがまるでペットに見えてしまってしかたありませんでした。
(見方はそれぞれで「そうは見えなかった」という人もいると思います)

良かった点ももちろんあります。
小林聡美演じるセツコさんの営む“ウイスキーしかおいていないバー”
毎回決まった手順、決まった手つきで水割りを作るセツコさんのしぐさと
音楽さえも流れていないシンプルな、まるで茶室のようなバー。
実際にああいう場所で自分だったらくつろげるか?という問題はさておき、あの空間には一種の様式美を感じました。
(タカコさんの珈琲店も同様でした)

音楽も必要最低限ですが、それがかえって印象に残ります。
必要なシーンに必要な分だけ、でもこれ以上ないくらいに適切な音が聞こえてくる。
これは長年積み上げたチームならではの仕事。

本当に静かな映画で、後ろの方の席にいた年配のご夫婦であろう観客がささやきあう声が丸聞こえ状態でした。
でも不愉快な感じではなく、なんだかこの映画のアトモスフィアの一部と化していました。
というのも、お二人のささやきがこんな感じだったからです。

ポプラちゃんの可愛い表情が映ったときに
奥さんが「あらま〜」とつぶやいたり
銭湯のシーンで旦那さんが「あすもあります」なんて読み上げたり…

極めつけは、もたいまさこの食卓のシーンで奥さんがひとこと
「しあわせよね〜…」

場内にいた多くのひとが共感したつぶやきだったのでは?

| 映画 マ行 | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/615
トラックバック