CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「マザーウォーター」 | main | 「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「わたしの可愛い人 シェリ」
JUGEMテーマ:映画
 
ヘレン・ミレンの「クィーン」
ジュディ・ディンチの「ヘンダーソン夫人の贈り物」
スティーブン・フリアーズ監督は熟年女優を品よく、そして艶っぽく描き出すのが上手いです。

今回はミシェル・ファイファー。
40代後半の高級娼婦レア。
物語の舞台はベル・エポックのパリ。豪華絢爛。
衣装やインテリアの美しさには見とれるばかり…。
レアの衣装を眺めているだけでも、かなり満足してしまうほどでした。

ロマンスの相手は19歳のシェリ(愛称)
演じるのはルパート・フレンド。
昨年「ビクトリア 世紀の愛」でエリザベス女王の理想的な夫アルバート公を演じていたのが記憶に新しい俳優さんですが、本作では高級娼婦の母にスポイルされて育った放蕩息子を見事に熱演。
その母親役がキャシー・ベイツと、これまたものすごいキャスティング…。

このミシェル・ファイファーとキャシー・ベイツのやりとりは凄まじいものがありました。
当時の高級娼婦は地位も名声もあり、お金もありあまるほどですが、一般社会の人との交流はなく、同業者同士だけがライバルでもあり数少ない友人でもある…という狭い社会を築いていたそうです。
この二人も心底お互いを嫌っていながら無視はできず、表面上は取り繕いつつ内面では火花を散らして弱みを握られまいとする…そんな複雑な関係をベテラン女優ならではの演技で見せてくれました。
原作は「ジジ」で有名なコレットによる小説「シェリー」です。

ヨーロッパが第一次世界大戦に突入する前の、最後の華やかな時代。
親子ほど歳の離れた二人の、ひととき輝いて散っていく花火のような儚いラヴストーリーでした。



| 映画 ワ行 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/616
トラックバック
わたしの可愛い人−シェリ
本当の愛だった公式サイト http://www.cetera.co.jp/cheri原作: 「シェリ」 (コレット著)監督: スティーヴン・フリアーズ 「ハイ・フィデリティ」「 ヘンダーソン夫人の贈り
| 風に吹かれて | 2010/11/13 12:01 PM |