CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
<< 「デイブレイカー」 | main | 【年間ランキング】2010年 心に残った映画 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「エクスペリメント」オスカー俳優競演の“囚人&看守実験”
JUGEMテーマ:映画
 
エイドリアン・ブロディ主演だと、どんなにグロテスクな映画でも観に行ってしまう私…。
でも、これは本当にしんどかったなぁ。
物語のモチーフは1971年にスタンフォード大で行われた行動心理の実験。
新聞広告で高収入のアルバイト(1日$1000で2週間)募集をおこない、
集められた約20名の一般男性を疑似刑務所で囚人役と看守役に分け
人間が“与えられた役”に、どのように適応していくか…という調査をおこなうもの。
結局6日目に強制終了となったこの実験の結果はいろいろなところで引用されるので知ってはいましたが、それでも鬼気迫るものがあり恐ろしかったです。

それも二人のオスカー俳優によるガチンコのなせる技。
看守役に振り分けられた“一見善人”フォレスト・ウィテガー。
胸の内に怒りを秘めた若者エイドリアン・ブロディ。
二人とも本当に上手いです。
特にフォレスト・ウィテガーが病的に権力欲にはまっていく様は怖かったなぁ…。
キリスト教原理主義者sv無神論者という描写も興味深いものがありました。
それぞれのキャラクターの表面的な行動だけでなく、信念の部分さえも表現できる実力のある俳優さんを起用したことが活かされていたと思います。

同様にこの実験をモチーフに撮られたドイツ映画「es(エス)」は未見ですが、かなり怖い展開らしいですね。
この「エクスペリメント」は、ハリウッド風に最悪のエンディングは避けられていましたが、それでも後味は決していいとは言えない…。
考えさせられることはたくさんある映画ですが、人間の弱さや醜さを「これでもか!」というほど見せつけられる作品なので、コンディションの良いときに鑑賞したほうが良いかもしれません。



| 映画 ア行 | 08:24 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:24 | - | - |
コメント
突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。
| 日本インターネット映画大賞 | 2010/12/24 12:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happinessway.jugem.jp/trackback/621
トラックバック