CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「ソーシャルネットワーク」
 
東京国際映画祭にて鑑賞。
正式公開は2011年1月15日より。
アメリカでの評判があまりにも良すぎて(絶賛している評論ばかりが聞こえてくる)
「フェイスブックを立ち上げた若きビリオネアのお話が、どうしてそんなに面白いんだろう?」と、不思議に感じていました。
デヴィッド・フィンチャー監督の人気の高さは承知していますが、それにしても驚くほどの高評価の嵐に興味がつのって、楽しみでしかたない作品でした。

鑑賞後、絶賛の嵐に納得しました。これはすごい。
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールドという注目している若手俳優の活躍だけでもかなり満足度が高く、それにジャスティン・ティンバーレイクを加えた三人の若者の三つ巴の駆け引きを、胸がしめつけられるような思いで見ていました。
三人とも素晴らしい役作り、そして演技でした。

ジャンルとしては“裁判もの”でもあり、フェイスブック立ち上げの経緯を客観的に見せられ、様々な人物の立場で考えさせられる作りになっています。
そして多くの部分の判断は観客に委ねられています。
いろんな方が「羅生門」を引き合いに出されているようですが、つまり答えは「薮の中」ということ…。

ジェシー・アイゼンバーグ演じるマーク・ザッカーバーグの天才の孤独、
アンドリュー・ガーフィールド演じるエドゥワルド・サベリンの秀才の哀しみ、(天才の友人について行けず、取り残されてしまう…)
価値観の違いによってすれ違って行く人間関係はどこにでもあることですが、複雑に絡んだ嫉妬や劣等感や自尊心が凶器となって友情を切り裂いていく様はとても痛々しく、そしてそこに巨額のお金がからんでくる様子を目の当たりにして、何ともやりきれない気持ちになりました。
マーク・ザッカーバーグという人の言動はかなり変わっていて、ストレートに言えば、周囲への配慮に欠けたふるまいを平気で行うひどい人です。
でもある種の純粋さを持った人でもあり、そのひどいふるまいも他の凡人にとっては思いついたとしても実際には行動できないものが、ザッカーバーグにはその才能ゆえに実行できてしまうというもので、持っている能力が人格の成長を待たずに大きく上回ってしまった早熟の天才の悲劇だと私には見えました。
この辺りは人によって受け止め方が違うと思いますが…。

観終わった時点ですぐにもう一度観たくなる作品でもありました。
ジェシー・アイゼンバーグの緻密な演技を、再確認したいシーンがたくさんあります。
年明け、1月の公開が待ち遠しいです。
ジェシー・アイゼンバーグは「イカとクジラ」「ハンティング・パーティ」「アドベンチャーランドへようこそ」「ゾンビランド」と、1作ごとに上手くなってきた感があります。
アンドリュー・ガーフィールドも「大いなる陰謀」「Boy A」以来注目していましたが、本作での活躍は期待以上のものでした。
今後もカズオ・イシグロ原作の「わたしを離さないで」でのキャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイとの共演や新スパイダーマンなど話題作が続くので、目が離せません。

私は毎年、観た映画のランキングを自分なりにつけているのですが、これは間違いなくTOP10に入る作品です。ただし、公開日を基準に年度を分けているのでこれは2011年のランキングということで。
多分、この作品の面白さを越える映画にはそう何本もお目にかかれないであろう…というほどの確かな見応えがありました。








| 映画 サ行 | 23:49 | comments(3) | trackbacks(3) |
「ナイト&デイ」 スター映画の醍醐味!
 
トム・クルーズとキャメロン・ディアス。
二人のスター、それぞれの魅力が遺憾なく発揮されたアクション&ロマンス&コメディ。
こういうスターをスターらしく撮った豪華なエンターテイメントって、やっぱり楽しい!
先行上映とロードショウ、2回観てしまいました。

トム・クルーズは「ミッション・インポッシブル」シリーズで、
キャメロン・ディアスは「チャーリーズ・エンジェル」シリーズで、
それぞれにアクションを磨いているので、見せ方が分かっているし、
キャメロン・ディアスのコメディセンスも上手く活かされていて、とにかく痛快。
思わぬ事件に巻き込まれてパニクる様子が面白くて、予告編を観た段階からとても楽しみにしていたのですが、本編は期待を上回る面白さでした。

ロケもアメリカからヨーロッパまでいろんな場所で撮られていて、観光気分も楽しめますが、特にスペインのシーンは見応えあり。
闘牛やお祭りを巻き込んでのアクションシーンは「そりゃないよ〜(笑)」の連続ですが、ここまでやってくれれば大満足!と言えるエンターテイメントに仕上がっていました。

キャスティングも良かったです。
トム・クルーズと敵対するエージェント役にピーター・サースガード。
その上司役にヴィオラ・デービス。
事件の鍵を握る天才少年にポール・ダノ。
(ポール・ダノは、やや添え物的存在でちょっともったいなかったなぁ。
もっと活躍してほしかった気がします…)

主演の二人がもうちょっと若い頃に撮られていたら…という気もしますが、まぁ、それぞれにこれまでの経験が活かされた熱演で、両者にとって“代表作”となった映画だと思います。
トム・クルーズは「MI:4」の撮影も頑張っているようですし、
キャメロン・ディアスの次回作「グリーン・ホーネット」(ミシェル・ゴンドリー監督)も楽しみ!
二人とも、これからまだまだ活躍してほしいスターです。




| 映画 ナ行 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(15) |
シネマイクスピアリ10周年イベント「おすぎが恋したミュージックシネマ」
 いつもお世話になっている“シネマイクスピアリ”でステキなイベントが始まります。

毎回とても面白いシネマトークで楽しませてくださる映画評論家のおすぎさんがセレクトしたミュージカル&音楽映画の特集です。

「おすぎが恋したミュージックシネマ」








今日(10月8日)前夜祭として「白百合クラブ 東京へ行く」が上映され、
10月9日(日)〜17日(日)までミュージカル特集。
「オペラ座の怪人」
「プロデューサーズ」
「シカゴ」

つづく10月18日(月)〜29日(金)まで音楽映画特集。
「コーラス」
「永遠のマリア・カラス」
「戦場のピアニスト」
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

素晴らしいラインナップです。
また劇場で観ることができて嬉しい!という作品が勢揃い。
しかも800円という料金。
時間が許す限り通いつめてしまいそう…♪

今日の前夜祭トークライブも面白かったです。
このイベントの解説だけでなく、最近の邦画(主に時代劇系作品)メッタ斬りトークに大笑いしながら楽しい時間をすごしました。

「おすぎのシネマトークinシネマイクスピアリ Vol.4」も12月10日(金)に決まったそうです。(詳細はこちら


シネマイクスピアリのエントランスにはイベントにちなんだ装飾が。
すべてキャストの手作りとのこと。素敵です。










またシネマイクスピアリのちょうど裏側の回廊「Bウェイ」ゾーンには、おすぎさんがこれまで手がけた映画宣伝のコピー56作品のアーカイブが展示されていて、こちらも楽しかったです。
いろいろと思い出しながら眺めていました。







| 映画雑記 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
「シングルマン」
デザイナーであるトム・フォード初監督作品。
ひとつひとつのシーンが明確に計算されている印象。
“自分の撮りたいもの”が、とてもハッキリしているのだと思います。
そこに一人ひとり、最高の役者をあてていて何もかもがパーフェクト。
コリン・ファースはこれまでにもいろいろと好きな作品があるのですが、この「シングルマン」で最高の演技を見せてくれたと思います。

コリン・ファース演じる大学教授のある一日を描いた、
文字通り、朝目覚めてから夜眠りに就くまでの映画です。
最愛の人を亡くした男をめぐる、ある種の“幽玄”な世界を感じながら、同時に命の輝きも見せてくれる…。
トム・フォード監督の手腕に魅了された100分でした。

ジュリアン・ムーアも素晴らしかった!
映画全体を貫く深い哀しみのトーンに鮮やかさを加えながらも、さらにその哀しみを深いものにする独特の存在感でした。

生徒役で登場したニコラス・ホルトにも驚きました。
トム・フォード監督、よくこんな美少年俳優を発掘したなぁ…なんて思っていたら、あの「アバウト・ア・ボーイ」でニット帽をかぶっていたマーカス少年だったんですね!
あまりにもスラリと大きくなっていて気づかなかった…。(身長は189センチだそう!)
でも後から写真を見比べたら面影はそのまま。
青い瞳が印象的。これからの活躍が楽しみです。

観客を選ぶタイプの作品ではありますが、これは残る映画。
コリン・ファースのマスターピースと言えるでしょう。
1962年のカリフォルニア。
どの場面をとってもお洒落で、最高にスタイリッシュ。
物語、役者、美術、音楽、すべてに満足。
アートの秋を味わいたい方にお勧めしたい1本。
ぜひ劇場で。







| 映画 サ行 | 15:58 | comments(5) | trackbacks(5) |
「メッセージ そして、愛が残る」
とても不思議な物語でした。
「死」についての物語なので面白かったというと語弊がありますが、よくできた脚本で、ラストは良い意味で驚かされました。
原作は有名な小説とのことですがまったく知らず、前知識は劇場予告だけだったので、不思議な展開にあれこれと想像をめぐらせながら引き込まれていきました。

主演はロマン・デュリス。
「スパニッシュ・アパートメント」「パリ」「モリエール」と、毎回違うイメージで、かなりしっかりと役づくりするタイプの役者さんという印象です。
今回も繊細な演技に魅了されました。
死期の迫った人物が分かるという不思議な能力をもった医師に出会い、戸惑いながらも運命を受け入れていく…という難しい役どころでした。
その医師役のジョン・マルコビッチも素晴らしい役者さんなので相乗効果でもあったと思います。

深刻な心臓病を抱える17歳の少年のサブストーリーも良かった…。
音楽と映像も美しくて印象に残るシーンがたくさんあります。
じわじわと心に染みてくる作品でした。

スピリチュアルというカテゴリよりはヒューマンドラマとしておすすめしたい映画です。
機会があったら原作本を読んでみたいと思っています。


 
| 映画 マ行 | 22:53 | comments(0) | trackbacks(2) |
「ジャーロ」
JUGEMテーマ:映画
 
イタリアホラーの巨匠と呼ばれるダリオ・アルジェント作品。
予告編を観る限りかなりエグイ感じで、ものすごく迷いましたが、エイドリアン・ブロディの熱演ぶりについて触れているレビューを読んで、つい観に行ってしまいました…。
ホラーではなく猟奇殺人もののサスペンス。
これはキツかった…。

でもエイドリアン・ブロディの演技は堪能できました。
シリアルキラーの猟奇的な行動を先読みすることは、それに近い感覚を持った人物でなければ難しい…。「羊たちの沈黙」的な要素です。
幼い頃に巻き込まれたある事件のトラウマを抱える、複雑な立場の警部役を熱演していました。
さらに、もうひとひねり…驚くような演技も披露。
この作品、エイドリアン・ブロディ自身がプロデューサーに名を連ねているので本人も望んでの演技だと思いますが、とても挑戦的で、気づいたときには思わず息をのみました。

ラストもハリウッド的な予定調和は一切なく、かなりシビア。
それがかえって新鮮でもあり、とてもキツい映画鑑賞でしたが満足度は高かったです。

エイドリアン・ブロディが好きで、猟奇殺人ものもとりあえずOKという方には、ぜひチェックしてほしい作品です。



| 映画 サ行 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
「終着駅 トルストイ最後の旅」
JUGEMテーマ:映画
 
世界三大悪妻というと、ソクラテスの妻クサンティッペ、モーツァルトの妻コンスタンツェ、そしてトルストイの妻ソフィアの名が挙げられるそうです。
そのソフィアにヘレン・ミレン。
トルストイにクリストファー・プラマー。
トルストイ主義の社会運動家チェルトコフにポール・ジアマッティ。
名優揃いの本作で、ひときわ輝いていたのがトルストイの秘書ワレンチンを演じたジェームス・マカヴォイです。

トルストイとソフィアの間に深い愛情があることは確かなのです。
しかし作家としてだけでなく思想家としても多くの人を惹き付けるトルストイの“思想”について、ソフィアは受け入れることができず、深い愛があるが故に二人とも苦しんでいます。

著作権を放棄しパブリックドメインとするよう遺言の書き換えを勧めるチェルトコフ。
トルストイ自身も妻の反対を押し切ってでも遺言を書き換えると心に決めていますが、妻を思う気持ちも深く罪悪感に苛まれています。
そして確かにソフィアの激情がトルストイを苦しめるのですが、彼女の存在は“悪妻”という言葉だけで片付けることはできません。
作家トルストイを深く理解し初期の作品の執筆活動を献身的に支え、13人の子どもを産み育てた女性です。
作家としてだけでなく、思想家としてだんだんと教祖のように祭り上げられていく夫の姿に戸惑いながら、深い葛藤があったに違いありません。
この複雑な人間模様を名優たちが情感豊かに演じるのですが、その中央にジェームス・マカヴォイ演じる若き純粋な秘書がいるわけです。
観客は彼の目を通してそれぞれの人物の立場や思いを知ることとなります。
とても巧みな構成だったと思います。

ジェームス・マカヴォイも着実にキャリアを積んできている俳優という部類に入ると思いますが、ヘレン・ミレンやクリストファー・プラマーらに囲まれれば、まだまだ“瑞々しい”という形容詞を使いたくなる存在です。
トルストイへの憧れと、その秘書という仕事を得た喜び、チェルトコフとソフィアの確執に板挟みになる戸惑い、コミューンで出会った女性マーシャとの恋、すべてのシーンでベテラン勢に負けない素晴らしい演技を見せてくれました。

前回のオスカーでは主演女優賞にヘレン・ミレン、助演男優賞にクリストファー・プラマーがそれぞれノミネートされていましたが、ジェームス・マカヴォイもきっと近い将来、そういった舞台に名前が挙がる俳優に成長していくと思いました。

史実をベースとしたドラマとしても見どころが多く、満足度の高い映画でした。
マカヴォイファン必見です。



| 映画 サ行 | 10:40 | comments(2) | trackbacks(7) |
映画「食べて、祈って、恋をして」
JUGEMテーマ:映画
 
インターネットでUS版の予告編を観て、面白そうだと思い原作本を読んだのが、この春。
長くて暑い夏を経て、ようやく日本公開。
芸術の秋、読書の秋、そして何よりも食欲の秋にぴったりです。

ジュリア・ロバーツ演じる主人公リズはNY在住のライター。
泥沼離婚と、若い恋人との破局…傷心のどん底で、
善き娘、善き恋人、善き妻であることに一所懸命だったこれまでの自分を振り返り、娘でも恋人でも妻でもない、一人の人間としての自分を取り戻したいという思いに駆られ旅に出る物語。

いわゆる「自分探しの旅」という、ちょっと時代遅れかな?と思えるテーマでしたが、軽やかでテンポ良く、イタリア、インド、バリの美しい風景と良い雰囲気のBGMで、予想以上に楽しめました。
(事前に聞こえてきていた評判が、賛否両論だったので、ちょっと期待値を下げて観にいったのでした)

「ノッティングヒルの恋人」から約10年。
ジュリア・ロバーツの代表作と言える作品が一つ加わった感があります。

ジュリア・ロバーツを囲む登場人物たちのキャスティングが良かったです。
特にインドのアシュラムで出会うテキサスのリチャードを演じたリチャード・ジェンキンスは温かみがあって素晴らしかったです。
原作を読んで一番気に入っているパートだったので、もう少し時間を割いて描いてほしい部分でしたが、短い登場シーンの中でも存在感があってさすがでした。

バリで出会う実業家フェリペを演じたハビエル・バルデム。
最高にかっこ良かった〜〜!
(余談ですが、ペネロペ・クルスとの間に生まれる赤ちゃんは男でも女でも美男美女、間違いないでしょう…!)

原作本が著者の体験に基づいて書かれているので、ストーリーがあるようで無いような…というところが賛否両論の“否”の方につなかっがかな?と思います。
様々な出会いの中で彼女の心を縛っていた“何か”が解き放たれるまでの物語で(万人の共感を誘う物語ではないと思いますが)これによって励まされる人は男女問わずいそうな気がします。
私もその一人。

作者エリザベス・ギルバートは、この本を書き終えた直後にTEDで講演をしています。
クリエイターの苦悩を面白可笑しく語る中にも、ちょっとした感動をもたらしてくれるステキな講演でした。時間は約20分。
プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも、創作活動をやめられない…そんな経験をお持ちの方なら、きっと共感する部分があるはず…。

TED Talks エリザベス・ギルバート「創造性をはぐくむには」

ジュリア・ロバーツとは違うタイプですが、美しい人です。


| 映画 タ行 | 15:32 | comments(0) | trackbacks(11) |
「ペルシャ猫を誰も知らない」
JUGEMテーマ:映画
 
自分たちが好きな音楽を自由に歌い、奏でたい。
ただそれだけを実現するのに、いくつもの壁をこえなければならない場所がある。
規制の厳しいイランで、それでも何とかメンバーを集め、場所を確保しライブを開きたいと奔走するミュージシャンたち。
彼らの才能に惚れ込み、何とか夢をかなえる協力をしたいと躍起になる“何でも屋”の若者。
テヘランの街を走り回る主人公たちと、メンバー探しの中で出会う様々なジャンルのミュージシャン、彼らの演奏がプロモーションビデオのように展開するエネルギッシュな映画でした。

イランというと2007年にカンヌで受賞したアニメ映画「ペルセポリス」を思い出します。
あの作品でも主人公マルジは好きな音楽を好きなように聴けずにフラストレーションをためていました。

選択の自由がない国。
「音楽をやるなら、西洋のロックではなく、自国の文化を」と強要される。
規制局側にとっては何の価値もない音楽が、このミュージシャンたちには、なくてはならない命の糧。
当局の目をかいくぐりながら練習に励み、通報、逮捕、釈放を繰り返しながらも音楽をやめないたくましい姿に、胸が熱くなりました。

“何でも屋”ナデルを演じた俳優さんのユニークなマシンガントークもあり、軽快なコメディ調の部分もありますが、現実の厳しさに打ちのめされる部分もあり…。
“自由”の重さをズシリと感じるラストでした。

実際に、ほとんどのシーンが無許可のゲリラ撮影だった本作。
監督と主演のミュージシャンたちは撮影終了4時間後にはイランを離れたそうです。

音楽の好みなんて、いつしか自然に芽生えるもので
国から規制され、強要されて育まれるものでは決してないはず。
今この手の中にある自由に感謝。





| 映画 ハ行 | 13:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
荻上直子監督 第三作 「トイレット」
JUGEMテーマ:映画
 
「かもめ食堂」(2005年)
「めがね」(2007年)に続く荻上直子監督の最新作「トイレット」を観ました。
予告編から受けていた印象とはちょっと違いましたが、面白かったです。
馴染みの俳優陣を起用して、一軒の家を中心にまったりとした世界を描く…という手法はそのまま。(と言っても今回は舞台が海外なので、もたいまさこさんだけでしたが)
小津安二郎監督のように、このまま荻上直子調を大事に撮り続けてほしいです。

俳優陣と同様に荻上直子作品に欠かせないのは食卓を彩る日々の営み。
フードスタイリストの飯島奈美さんの手腕、今回は少し地味でしたが、観終わったらすぐに“ギョーザ”が食べたくなったのは言うまでもありません。

ロボットプラモデルおたくのレイ。(次男)
引きこもりピアニストのモーリー。(長男)
勝ち気な大学生リサ。(妹)
性格が全然違う三兄弟とネコのセンセイ、そしてばーちゃん。
ポスターの雰囲気そのままに、それぞれの個性がぎこちなく、でもどこか温かく交わって荻上直子ワールドを作り出していました。

いつもバス停に腰掛けている不思議な女性に「西の魔女が死んだ」のサチ・パーカー。
レイの同僚、インド系の俳優さんもなかなかいい味出してました。

音楽もモーリーの奏でるピアノ曲が中心で心地良かったです。
リストとベートーベンだったようです。

ばーちゃんはトイレから出てくる度に、何故深いため息をつくのか…。
その謎の答えはぜひ劇場で。



| 映画 タ行 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/60PAGES | >>