CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
The Quotable Walt Disney
The Quotable Walt Disney (JUGEMレビュー »)
Dave Smith,Walt Disney
英語版です。私はオーランドで買ってきました。
RECOMMEND
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉
ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 (JUGEMレビュー »)
ウォルト・ディズニー
こちらもオススメ!
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
今週のBOXOffice デビット・フィンチャー「ゾディアック」


デビット・フィンチャー監督の新作「ゾディアック」がアメリカでは今週公開でした。

BOXオフィスチャートが気になるところでしたが、2位と好調なスタートだったようです。

全編デジタル撮影だそうですが、テクニカルな面よりも俳優陣の評価が高いようで、楽しみです。
ジェイク・ギレンホールだけでなく、ロバート・ダウニー・Jr.も素晴らしい演技を見せてくれているようです。

現在も未解決のままの伝説的連続殺人事件が題材ということで、日本では夏頃公開ということですが、きっと注目が集まることでしょう。



ジェイク・ギレンホールは「ジャーヘッド」「ブロークバックマウンテン」と評価が高い作品への出演が続いています。この作品もまた、彼の“代表作”的な仕上がりになっていそうで、期待が高まります!

〈追記〉
6月に公開され、観て来ました。感想はこちら。
| 映画雑記 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(6) |
おめでとう!スコセッシ監督 「ディパーテッド」79thアカデミー賞


79thアカデミー賞授賞式を生中継で観ました。
今年も面白かったです。

“映画を作る人たちの祭典”という雰囲気が例年より強調されていたように思います。
オープニングアクトからして奇をてらわず“人”にスポットを当てた演出で「おや?」と思いましたが、全体の流れも落ち着いていて良かったです。

毎年楽しみなのはプレゼンターの顔ぶれです。
今年も工夫が凝らされていて面白かったです。

短編アニメーションプレゼンターのアビゲイル・ブレスリン(リトル・ミス・サンシャイン)&ジェイデン・スミス(ウィル・スミスご長男)の子役スターコンビは可愛らしかったです。

レオナルド・ディカプリオとアル・ゴアのコンビも良かった。
そしてゴアの「不都合な真実」は長編ドキュメンタリーで受賞!快挙です!

エミリー・ブラントとアン・ハサウェイとが衣装デザインプレゼンターというのも面白かったです。またノミネート紹介が例年のように、画面上にデザイン画と映画のシーンが流れるだけでなく、舞台上でモデルがパフォーマンスしながらショーケースを作り上げていく演出も良かったです。

これから公開となる作品のプロモーションも兼ねたカップルもありました。

トビー・マグワイア&キルスティン・ダンストの「スパイダーマン」コンビは脚本賞のプレゼンターでした。
また、その賞を受賞したのが「リトル・ミス・サンシャイン」だったのも嬉しかったです!大作が並ぶ中、良い脚本を良いキャスティングで撮れば、必ず評価されるということを証明してくれました。

クイーン・ラティファとジョン・トラボルタの「ヘアスプレー」コンビは歌曲賞のプレゼンターとして登場。
ドリームガールズが3曲もノミネートされていたのに、結局受賞したのは「不都合な真実」の主題歌でした。(確かに素晴らしい曲です!)

昨年亡くなった映画人の追悼“メモリアル・トリビュート”はジョディ・フォスターが紹介しましたが、彼女も美しい歳の重ね方をしているなぁ…。濃いグレーのドレスがとてもシックでステキでした。

プレゼンターで一番印象に残ったのは何と言っても監督賞です。
これはオスカーの歴史にも残る名場面になるのでは!?
コッポラ、ルーカス、スピルバーグの3氏が揃って登場、そしてオスカーを手渡した相手がスコセッシ!!
すごいショットを見ました…。

そして作品賞までも持って行くとは驚きでした。
例年、監督賞と作品賞はセットというイメージが強かったのが、ここ数年はそうじゃないことが続いていたし、「ディパーテッド」はリメイク作品だし、オスカーは他の作品に行くと思っていました。まぁとにかく個人的には好きな作品なので嬉しかったです。

女優陣のファッションはいつも話題の的ですが、今年のベストドレッサーを選ぶとしたら、私はヘレン・ミレンに一票!
彼女はいつもそうですが、良い具合に力の抜けた自然なファッションで、しかも洗練されている。
ステキでした!

| 映画雑記 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(2) |
今週のBoxOffice 「ラブソングができるまで」


今週アメリカはプレジデント・デイの連休で、新作の公開がいつもより多かったです。

中でも楽しみにしていたのはヒュー・グラントとドリュー・バリモアの
ラブコメディ「ラブソングができるまで」です。
初登場4位はラブコメとしては健闘した方でしょう。

スタッフは「トゥ・ウイーク・ノーティス」のチームということで、
(同じくヒュー・グラント主演のラブコメ。相手役はサンドラ・ブロックでした)
きっとヒュー・グラントのダメ男ぶりを巧く描いていることと思います。

ドリュー・バリモアは、この作品を最後にラブコメは卒業したいというようなコメントをしたとか…。
ここのところ、ますますキュートな彼女が、なんてもったいない!
と思ってしまうのは私だけではないはず。

この作品での二人の役どころは、80年代はポップスター、今は忘れられたシンガー(ヒュー・グランド)と失恋したばかりの観用植物世話係の女の子(ドリュー)。
今をときめく女性アイドルから作曲の依頼を受けたヒュー・グラントがドリューの協力を受けて曲を仕上げるまでのストーリーらしいです。

日本公開は4月。公式サイトもオープンしています。
この春、「ホリデイ」(キャメロン・ディアス、ケイト・ウインスレット、ジュウド・ロウ、ジャック・ブラック)に続く楽しみなラブストーリーです。


ちなみに、今週の1位はニコラス・ケイジの「ゴーストライダー」でした。
「ナショナル・トレジャー」以来、“ヒーロー役もたまにはいいかな?”という気分になったのか…がんばっていますね。


| 映画雑記 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(2) |
クライブ・オーウェン 私立探偵フィリップ・マーロウ役に
清水 俊二,レイモンド・チャンドラー
早川書房
¥ 882
クライブ・オーウェンがフィリップ・マーロウを演じることに…。
というニュースを見ました。

クライブ・オーウェンは昨年「インサイドマン」や「トゥモローワールド」など、質の高い作品への出演が続いており、これからの活躍を期待している俳優の一人です。

チャンドラーのどの作品を映画にするのか、まだ決まっていないそうですが、個人的にはこの「長いお別れ」になると嬉しいな…と。

マーロウと言えば名セリフがたくさんありますが

“タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない”

は「プレイバック」だったかな?

“To say Good-bye, I die a little.”
(さよならをいうのは、少し死ぬこと)

こちらが「長いお別れ」ですね。

いずれにしても、よいキャスティングだと思います。
続報が楽しみなニュースです。

| 映画雑記 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(2) |
第79回アカデミー賞ノミネート発表


ついに発表されました!
これから約1ヶ月、ドキドキワクワクの日々が始まります。
オスカーナイトは現地時間の2月25日(日)!!
(日本時間は翌月曜日の朝)

CNNの生中継を見たところです。
日本では公開されていない作品も含まれているので
分かる範囲で書いておきます。

《作品賞》
バベル
ディパーテッド
硫黄島からの手紙
リトル・ミス・サンシャイン
クイーン

《監督賞》
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(バベル)
マーティン・スコセッシ(ディパーテッド)
クリント・イーストウッド(硫黄島からの手紙)
スーティーブン・フリアーズ(クイーン)
ポール・グリーングラス(ユナイテッド93)

《長編アニメーション》
カーズ
ハッピー・フィート
モンスター・ハウス

他は、トピックとして抜粋します。

◆ 菊地凛子(バベル)助演女優賞ノミネート!
  助演女優部門は他に…
  リトル・ミス・サンシャインの天才子役アビゲイル・ブレスリン
  ドリームガールズからジェニファー・ハドソン(本命か?)

◆ 助演男優賞
  アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャインのおじいちゃん)
  マーク・ウォールバーグ(ディパーテッド)
  エディ・マーフィー(ドリームガールズ)など

◆ レオナルド・ディカプリオ主演男優賞ノミネート!
  ただし、作品は「ディパーテッド」ではなく「ブラッド・ダイヤモンド」
  主演男優部門は他には…
  ウィル・スミス(幸せのちから)
  フォレスト・ウィテカー(ザ・ラスト・キング・オブ・スコットランド)など

◆ 主演女優賞は誰を応援してよいのやら…
  全員好きな女優さんです。個人的には一番注目の部門となりそう。
  ペネロペ・クルス(ボルベール)
  ジュディ・デンチ(Notes on a Scandal)
  ヘレン・ミレン(クィーン)
  メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)
  ケイト・ウィンスレット(Little Children)

「リトル・ミス・サンシャイン」が思いのほかたくさんノミネートされていて嬉しいです。もちろん脚本賞もノミネートされていました。

「硫黄島からの手紙」は評価が高いのですね…。
個人的には「父親達の星条旗」が好きだったので、ちょっと意外でした。
ちなみに「硫黄島…」も脚本賞にもノミネートされています。

長編ドキュメンタリー部門に「不都合な真実」がノミネート!

今日はこのへんで。
また、詳細をみて、いつか続きを…。


| 映画雑記 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(5) |
<< | 3/6PAGES | >>